中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

優先権の判断の一般原則及び方法

2017年2月10日 10:08 AM カテゴリー: 法令及び制度, 特許

「投影光学系、露光装置、および露光方法」発明特許無効審判事件の評価分析
優先権の原則は、各国の特許制度において重要な地位を占めており、各国の特許制度が互いに独立している場合には、出願人が世界各国でその発明について特許による保護を受けることができるように保障する重要なものである。したがって、優先権の確認及び判断は慎重、客観的でなければならず、その原則は発明創造の奨励と技術革新の促進のために機能させなければならない。

世界的な光学大手が中国で特許紛争を起こす

2017年1月23日 9:53 AM カテゴリー: 特許, 訴訟

集積回路は数年の間に技術革新を経て、最初はチップ1枚につき素子が数個しかなかったのが、今ではチップ1枚につき約10億もの素子が含まれるようになった。これはフォトリソグラフィ技術の貢献によるものである。目下、世界で最先端のフォトリソグラフィ装置1台の販売価格は1億ドルを超える。このため、グローバル企業が中国でフォトリソグラフィ技術特許を占有して、巨大な中国市場を奪うために特許紛争を起こしている。

商品の小分け包装が商標侵害に該当するかをどのように判定するか

9:42 AM カテゴリー: 商標, 訴訟

商品はメーカーが製造を終えてから消費者が購入して使用するまでの間に、複雑で変化に富んだ流通経路を経てくる。より便利に小売又は転売するために、おそらく販売業者は規格の大きい製品やバルク製品を様々な形態で小分け包装する。しかし、再包装すると、必然的に商品の元の包装又は形態が変わり、商品に付された商標の再使用にも関わるので、商標侵害紛争を誘発するおそれがある。目下、国内外の司法実務におけるこのような紛争に対する認定は様々である。したがって、それぞれの商品の小分け包装行為により起こり得る法的結果とそれに伴う理論的根拠を理解して、商品の小分け包装行為の限度を明確に規範化する必要がある。

知的財産権分野では便乗を拒否

9:36 AM カテゴリー: 商標, 訴訟

米国の有名なバスケットボールのスター選手であったマイケル・ジョーダンが中国喬丹体育股份有限公司(喬丹=ジョーダン)を訴えた事件について、2016年12月8日、最高人民法院(裁判所)が最終判決を出した。最高人民法院は、中国喬丹体育股份有限公司の商標3件が「商標法」に違反しているとして、国家工商行政管理総局商標評審委員会(審判部)に審判のやり直しを求める判決を下した。これは中国の商標法改正後に最高人民法院により出された重大な判決である。

Page 1 of 18712345102030...Last »