中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

特許情報の活用による3Dプリンティング技術の発展の牽引

先日、「先進的な製造と3Dプリンティング」という特別講座が国務院で開かれた。これは今期の政府の「中国製造2025」(Made in China 2025)後、更に先進的な製造が国レベルに引き上げられたことを意味する。なお、3Dプリンティング技術は先進的な製造技術を代表するものである。それでは、先進的な製造業に対する国の高い関心は3Dプリンティング技術の発展にどのような好材料をもたらすのだろうか?また、中国の3Dプリンティング技術はどのように技術革新を進めるべきなのだろうか?
実際に、中国共産党第18会全国代表大会でイノベーション駆動型発展戦略が打ち出されてから、中国は3Dプリンティング技術の発展を重視しており、複数の官庁が共同で「国家付加製造産業発展推進計画(2015~2016年)」を推進している。ここで国レベルで重視されて、中国の3Dプリンティング産業は発展の黄金時代が始まった。3Dプリンティング産業に対する政策という好材料の奨励作用は特許出願件数の急増に表れている。2013年~2014年中国のこの分野の特許出願件数は1000件を超えており、これは過去20年間の特許出願件数合計よりも多い。特許文献の検索からわかったのは、2015年4月現在の3Dプリンティング技術分野における中国特許出願は2000件程度であり、特許出願の世界全体の件数の30%近くを占めており、この比率は2013年よりも21%増加している。現在、3Dプリンティング技術のパテントポートフォリオの点では、中国はすでに独国を抜き、米国と日本に次ぐ第3の国になっている。
このような成果が3Dプリンティング分野で中国が世界の強国になったことを証明し得るかというと、楽観を許さない状況だと思われる。まず、現在の特許出願状況から見ると、3Dプリンティング技術の主な開発国は米国であり、米国の2014年の特許出願件数は世界全体の特許出願件数の55%程度に達している。また、3Dプリンティング技術分野の最大手2社が米国にあり、コア特許を多数保有している。研究開発者の人数も他の国より遥かに多い。これらのことから、この分野における米国の技術革新レベルが他の国より遥かに高いことがわかる。その上、2014年の米国、日本及び独国の特許出願件数の世界全体に占める割合は2013年よりもそれぞれ13%、10%及び5%増加している。各国がいずれも3Dプリンティング技術のイノベーション及び保護を重視し、依然として先進国が3Dプリンティング技術の発展を牽引していることがわかる。一方、中国の3Dプリンティング技術分野では、特許出願件数が比較的多いのはほぼ大学と科学研究機関であり、産業化のレベルが低く、3Dプリンティング技術の発展はまだ着手段階にある。
中国の3Dプリンティング技術はどのように技術革新を進めるべきかというと、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」を実行すべきと思われる。中国が3Dプリンティング産業の発展を加速化し、先進国に追いつき追いこしたいのであれば、特許情報が重要な役割を演じる。特許情報は現代の情報システムの重要な構成部分であり、技術情報、法的情報、経済情報が豊富に含まれている。専門的な特許分析によって、個々の、見たところ関連がなさそうな単独の情報を系統的で完全な情報にすることができる。例えば、企業は出願人分析によって、主要ライバルの研究開発動向を理解し、更には自社の技術の業界全体における位置を評価することができ、その分野のコア特許の状況の研究によって技術の進展方向を探ることができ、「パテントマップ」を描くことによって、侵害のリスクを防ぐことができる。
3Dプリンティング産業の特許分析によってわかったことは、1997年から現在までの間に外国企業が、3Dプリンティング技術の或る重要な技術の一部である熱溶解積層法(FDM)の技術分野において、装置システム(押出システム、材料供給システム、FDMシステム)、方法プロセス(データ処理、サポート分解方法、成型方法、温度制御、流量又は流速制御等)、及びサポート材の消費のパテントポートフォリオを形成していることである。中国企業にとっては、研究開発の際にこれらの従来技術から離れて、特許の技術と法的情報を1件ずつ分析することによって突破口を見つける必要がある。
中国の3Dプリンティング産業の技術革新には、例えば、技術と産業との連携ができていないこと、業界の技術標準の不備、特許情報の活用不足、産官学の連携不足、技術の産業化の難しさ等、多くの困難があると思われる。3Dプリンティング産業において中国が打ち出した一連の政策は産業の発展を推進する作用があるが、中国企業は産業発展における特許情報の役割も重視して、特許情報を利用して技術の研究開発を方向付け、それによって、3Dプリンティング産業の発展を加速化すべきである。(知識産権報 張亜東)

2015-09-02

专利信息引领3D打印技术发展

近日,国务院举办了专题讲座——先进制造与3D打印,这是本届政府在“中国制造2025”后,再次将发展先进制造业提升到国家层面,而3D打印技术则是先进制造技术的代表。那么,国家对先进制造业的高度关注,将对3D打印技术的发展带来哪些利好,我国3D打印技术又该如何加快技术创新步伐?
事实上,从党的十八大提出创新驱动发展战略以来,我国就非常重视3D打印技术的发展,多个部门联合推出了《国家增材制造产业发展推进计划(2015-2016年)》。正是有了国家层面的重视,我国3D打印产业开始迎来发展的黄金时代。政策利好对于3D打印产业的激励作用表现在专利申请量的迅速增长。2013年至2014年,我国在该领域的专利申请量超过了1000件,比过去20年的专利申请总量还多。笔者经过专利文献检索发现,截至2015年4月,我国在3D打印技术领域的专利申请已达2000件左右,占全球专利申请总量的近30%,这一比例比2013年提高了21%。目前,在3D打印技术专利布局方面,我国已经超越德国,成为仅次于美国和日本的第三大国。
这样的成绩,是否能证明我国在3D打印领域已经跻身世界强国?笔者认为情况不容乐观,首先,从目前专利申请情况来看,3D打印技术的主要原创国是美国,其在2014年的专利申请量已经达到全球专利申请总量的55%左右,并且拥有3D打印技术领域的两大企业巨头和诸多核心专利,研发人员数量也远超其他国家,由此可见,美国在该领域的技术创新水平远高于其他国家。此外,2014年,在全球范围内,美国、日本和德国的专利申请量所占比例比2013年分别提高了13%、10%和5%,可见各国都非常重视3D打印技术的创新和保护,发达国家依然引领着3D打印技术的发展。而在我国3D打印技术领域,拥有专利申请量较多的大都是高校和科研机构,产业化水平较低,3D打印技术的发展仍处于起步阶段。
我国3D打印技术应如何加快技术创新步伐?笔者认为,“知己知彼,百战不殆”。我国若想加快3D打印产业的发展步伐,赶超发达国家,专利信息将在其中扮演重要角色。专利信息是现代信息系统的重要组成部分,包括丰富的技术、法律和经济信息。通过专业的专利分析能够把单个、彼此看起来不相关的孤立信息转化成系统的、完整的情报。比如企业可以通过对申请人的分析,了解主要竞争对手的研发动向,进而评估自身技术在整个行业中的位置;通过研究该领域核心专利的情况寻找技术突破方向;通过绘制专利“地图”,防范侵权风险。
笔者对3D打印产业进行专利分析后发现,从1997年至今,国外企业已经在3D打印技术的一个重要技术分支——熔融沉积成型技术领域完成了从装置系统(挤出系统、供料系统、FDM系统)、方法工艺(数据处理、支撑拆分的方法、成型方法、温度控制、流量或流速控制等)和消耗支撑材料的专利布局。对于中国企业而言,在进行技术研发时需要绕开这些已有技术,并通过分析每一件专利的技术和法律信息寻找突破口。
笔者认为,我国3D打印产业的技术创新还面临诸多困难,比如没有形成完整的创新产业链、行业技术标准缺失、专利信息利用不足、产学研结合程度有待提高、技术转化难等。尽管我国在3D打印产业推出的一系列政策,将对产业发展起到推动作用,但我国企业还应注重专利信息在产业发展中的作用,利用专利情报为技术研发指引方向,以加快3D打印产业的快速发展。(知识产权报 作者 张亚东)

2015-09-02

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知的財産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。