中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国情報技術特許出願の急成長 年平均増加率23.67%

国知網総合情報によれば、8月27日に、第9回情報技術分野特許情勢公表会が上海で行われた。公表会において、情報産業部が「2007年情報技術分野特許情勢分析報告」を公表した。
「報告」は、情報技術分野の関連する特許出願、集積回路パターン設計及びソフトウェア著作権の登記データについての統計、分析を通じ、近年の情報産業分野の知的財産権の発展情勢を詳細に述べている。「報告」は、2000年以降、情報技術特許出願は急成長の情勢を維持し続け、年平均増加率が23.67%に達し、18.11%の国内特許平均増加率を上回ることを示している。情報技術特許出願は、中国の発明及び実用新案特許の総数の32.24%を占め、そのうち発明特許出願の比率が42%を超える。情報産業の知識財産の急成長の情勢は、近年の情報産業の技術革新の活発さ及び技術的実力の増強を反映し、同時に、知的財産権制度が情報産業の技術革新、産業構造モデル転換、及び健全な発展がますます重要な刺激作用を発揮することも表している。

2007-08-30

中国信息技术专利申请高速增长 年均增率23.67%

国知网综合消息 8月27日,第九届信息技术领域专利态势发布会在上海举行。会上,信息产业部发布了《2007年信息技术领域专利态势分析报告》。《报告》显示,2000年以来,信息技术专利申请保持着持续高速增长的态势,年平均增长率达到 23.67%,高于国内专利18.11%的平均增长率。
《报告》通过对信息技术领域相关专利申请、集成电路布图设计和软件著作权登记数据的统计、分析,详细阐述了信息产业领域近年来知识产权的发展态势。《报告》显示,2000年以来,信息技术专利申请保持着持续高速增长的态势,年平均增长率达到 23.67%,高于国内专利18.11%的平均增长率。信息技术专利申请占中国发明和实用新型专利总量的32.24%,其中发明专利申请比例超过42%。信息产业知识产权高速增长的态势,反映了信息产业近几年的技术创新活跃程度和技术实力的增长,同时也表明知识产权制度对信息产业的技术创新、产业结构转型和健康发展发挥着越来越重要的激励作用。

2007-08-30

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知的財産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。