中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

4G分野のファーウェイ特許のシェアが25%になる

先日、IFIクレームズ・パテント・サービシズが発表したデータによると、2014年に米国特許商標庁で登録された特許数は計300678件であり、このうち約92%が特許であり、IBMが22年連続首位であるという。中国のファーウェイが755件の特許で2014年の米国特許取得数ランキングトップ50の48位になったことは注目に値する。
4G世代に入ってから常に、「コア」競争力の欠如が中国携帯電話メーカーを困らせる大きな問題であった。しかし、技術の蓄積に伴い、この制限要素が大きく打開されつつある。先日の取材で、全世界の4G分野の特許のうちファーウェイの保有件数が25%になったとファーウェイの孟晚舟CFOが明らかにした。
近年、ファーウェイを代表とする中国のハイテク企業が自社努力と技術革新によって国際市場において揺るぎなく存在している。中でもファーウェイはイノベーションを重視しており、特許の質で勝つイノベーションモデルが科学技術分野で好成績を収めている。これに対し、ファーウェイが毎年国内外で取得する特許数は増加を続け、特に4G分野では一定の競争力を有しているにもかかわらず、ファーウェイと世界的な大手企業とを比べるとまだ差があるということにも同時に目を配らなければならない、と業界関係者はいう。注目される分野で中国企業が大きく進展しようとするのであれば、多くの資金を投入する必要があるだけでなく、よくよく心してよりたくさんのコア技術を開発し、製品の品質を引き上げ続ける必要があると業界有識者はコメントした。

イノベーションを重視して質で勝つ
先日ファーウェイが発表した2014年の会社業績予想によると、2014年の全世界の売上高が2870億元(約5兆4374億円)から2890億元(約5兆4753億円)であり、同期比で約20%増となることが示された。また、2014年のファーウェイの営業利益が339億元(約6423億円)から343億元(約6498億円)、営業利益率が約12%であり、2013年と基本的に同じであると予想される。取材で、2014年は2011年以降でファーウェイの売上高の増加幅が最も大きかった年であることに気づいた。
急成長するスマートフォンの販売量に比べて、ファーウェイの中核である電信設備製造部門--キャリアビジネスグループの成長は比較的緩やかであるが、それでも15%増である。この方面の拡張は3G及び4Gネットワークに対する全世界での投資によるものであり、特に中国の前会計年度の4Gネットワーク支出は全世界の投資全体の半分を占めている、と業界関係者は指摘した。キャリアネットワークビジネスの大幅な収入増加と、ファーウェイが2014年に4G市場を広く展開し開拓したこととは深いつながりがある。ファーウェイ関係者によると、現在、世界全体で300あるLTEネットワークのうち、154を超える4Gネットワークをファーウェイが建設しており、ネットワーク建設数は世界一であり、世界の46%の市場シェアを有しているという。
実際に、業界トップを維持するため、「ファーウェイは過去10年間で累計1880億元(約3兆5618億円)を超える研究開発投資を行っている。」と孟晚舟CFOは述べた。巨額の資金投入によって、ファーウェイは中国の特許取得数の企業トップを占めるだけでなく、2014年の米国特許取得数ランキングトップ50では上位50位内に、欧州の特許取得数ランキングでは上位15位内に入った。近年ファーウェイが出願した4G規格の特許は546件であり、業界内のシェアが25%になった。「これはファーウェイのイノベーション力の強化と知的財産権意識の高まりがある程度反映されている。」と北京力量特許代理事務所の担当者である宋林清氏が述べた。ファーウェイの4G分野における特許の蓄積は、中国国内であるか外国であるかにかかわらず、非常に強い競争力がある。

核心を掴んで重囲を突破する
これまでファーウェイは多くの資金を投入して技術開発をしてきただけでなく、重要かつ最新の分野において絶えずイノベーションを行ってきた。現在ファーウェイは4G技術分野で開発に力を入れているほか、さらに、2018年までに、5G技術の開発に少なくとも6億ドルを投資する可能性があることが取材でわかった。
ファーウェイの内部者は次のように述べた。ファーウェイは2G世代と3G世代では他人に特許料を払っていたかもしれないが、LTE世代ではもうそんなことはなくなった。ここ数年、ファーウェイは特許取得の方面において数億ドルの収入を得るようになった。2014年、ファーウェイは十分な4G特許の蓄積により、中国の三大キャリアの約3分の1の契約を一挙に手に入れて、2014年に約60万個の4G/LTE基地局を建設した。
「市場の反応から考えて、ファーウェイは、中国キャリアの4Gネットワークグレードアッププロジェクトに益するところがある。」イノベーションを重視して質で勝つが何年もの間ファーウェイの経営理念であり、それによって、ファーウェイが4G分野で多くのコア技術を蓄積し、さらには、激しい市場競争において主導的に活動するようになった、と知的財産権分野を長期的に研究する専門家が述べた。(知識産権報 王康 陳景秋)

2015-01-21

4G领域华为专利占比已达25%

日前,美国商业专利数据库公布的信息显示,2014年美国专利商标局授权专利数量共计30.0678万件,其中约92%为发明专利,IBM连续22年占据榜首。值得注意的是,中国的华为公司凭借755件发明专利位居2014年美国专利授权TOP50企业排行榜第48位。
进入4G时代以来,“核芯”竞争力缺乏一直是困扰国产手机厂商的大问题。然而,随着技术的积累,这块短板正迎来重大突破。日前,华为公司首席财务官孟晚舟在接受媒体采访时表示,在全球范围4G领域专利中,华为公司拥有专利数量占比已达25%。
近年来,以华为公司为代表的中国科技企业依靠自身努力和技术创新,逐渐在国际市场站稳脚跟。尤其是华为公司注重创新,以专利质量取胜的创新模式在科技领域不断取得好成绩。对此,业内人士表示,尽管华为公司每年在国内外获得的授权专利数量不断增长,尤其是在4G领域具备一定的竞争优势,但同时也要看到,华为公司与国际巨头相比还存在一定差距。业内专家建议,国内企业要想在所关注的领域取得重大突破,不仅需要有大量的资金投入,还需要企业潜下心来研发更多的核心技术,不断提高产品品质。

注重创新 以质取胜
近日,华为公司公布的2014年公司业绩预期数据显示,该公司2014年全球销售收入为2870亿元至2890亿元,同比增长约20%;预计2014年华为公司主营业务利润为339亿元至343亿元,主营业务利润率约为12%,与2013年基本持平。记者在采访中注意到,2014年是华为公司自2011年以来销售收入增幅最大的一年。
与高速增长的智能手机销量相比,华为公司核心的电信设备制造部门——运营商事业群增长比较温和,但也贡献了15%的增长。业内人士指出,这方面的扩张得益于全球对3G和4G网络的投资,尤其是中国上一个财年的4G网络支出约占全球总投资的一半。运营商网络业务收入大幅增长与华为公司2014年广泛布局和开拓4G市场密不可分。据华为公司相关人士介绍,目前,在全球范围300多张LTE网络中,华为公司建设了超过154张4G网络,所建网络数量位居世界第一位,占全球46%的市场份额。
事实上,为了保持行业领先,“在过去的10年间,华为公司在研发方面的投入已累计超过1880亿元。”孟晚舟表示,依靠巨额资金的投入,华为公司不仅占据中国企业发明专利授权量第一的位置,还闯入2014年美国专利授权TOP50企业排行榜前50位,欧洲专利授权量排行榜前15位。近年来,华为公司共提交546件4G标准专利申请,在行业内占比达25%。“这在一定程度上反映出华为公司的创新能力不断加强以及知识产权意识逐渐增强。”北京力量专利代理事务所负责人宋林清在接受中国知识产权报记者采访时表示,华为公司在4G领域的专利积累,不管是在国内还是国外,都具有非常强的竞争优势。

抓住核心 突出重围
一直以来,华为公司不仅持续投入大量资金进行技术研发,还在关键和最新的领域持续创新。记者在采访中了解到,目前,华为公司除了在4G技术领域加大研发力度外,还可能在2018年前至少投资6亿美元,用于5G技术的研发。
据华为公司内部人士表示,也许华为公司在2G和3G时代都是付专利费用给别人,但是LTE时代华为公司就不再如此了。因为近几年,华为公司已经开始在专利授权方面获得数亿美元的收入。业内人士表示,2014年,华为公司依靠充足的4G专利储备一举拿下中国三大电信运营商约1/3的合同,并在2014年建设了约60万座4G/LTE基站。
“从市场反应来看,华为公司是受益于国内运营商的4G网络升级工程。”一位长期研究知识产权领域的专家表示,注重创新,以质取胜是华为公司多年来的经营理念,这使得华为公司在4G领域积累了许多核心技术,进而在激烈的市场竞争中占据主动。(知识产权报 记者 王康 实习记者 陈景秋)

2015-01-21

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知的財産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。