中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

モノのインターネット特許、誰が秀でているか?

モノのインターネット分野の特許件数が多も多いのはどの企業か?グーグルでもアップルでもなく、インテルやIBMでもない。なんと或る中国企業である。先日、英国知的財産庁が2004年~2013年の世界のモノのインターネット特許数万件について分析をし、特許分析報告を発表した。報告によると、モノのインターネット技術の研究は、中国の中興通訊(ZTE)が1位であるという。ランキング2位と3位はそれぞれ韓国のLGエレクトロニクスとサムスン電子であり、中国のファーウェイが10位に入っている。アップルのモノのインターネット特許件数は世界で27位であり、グーグルは84位にすぎない。PCとモバイルインターネットの時代、米国のシリコンバレーがイノベーションのパイオニアの役割を務めていたことは周知の通りである。しかし、この特許ランキングが示しているのは、モノのインターネットの研究開発ではZTEを代表とした中国企業が優位になっているということである。
科学技術の多くの専門家の予測によると、人々の生活スタイルに対するモノのインターネットの変革的影響はインターネットに引けをとらない。したがって、米国、EU等は巨資を投じてモノのインターネットを研究している。モバイルインターネットの時代には、グーグル、アップルが巨資を投じてスマートフォンのオペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアを開発した。目下、グーグル、アップルのような技術の大手がモノのインターネット分野に触角を伸ばしており、自社の技術開発の優位性と豊富な資本でモノのインターネット分野を勇ましく占拠しようとする決心が見えてもいる。
実際に、グーグルとアップルのモノのインターネットの特許件数は多くはないものの、この2社は既にモノのインターネットの生態系の中心的な創造者となっている。2014年から、グーグルとアップルは申し合わせたかのように携帯電話のオペレーティングシステムをモノのインターネット分野に合わせて拡張しており、これにはスマートホーム、スマートカー、モバイルヘルス、ウェアラブルデバイス等が含まれる。技術の大手がモノのインターネット分野においてしきりに力を注いでいることで、世界的にモノのインターネットの技術開発の波がひっきりなしに起こるようになり、また、モノのインターネットがポストスマートフォン時代の次なる技術革新の角逐の場にもなると言わざるを得ない。
実のところ、中国はモノのインターネット分野においてインターネット技術よりも展望が良く、布石が早く、スピードが速く、技術の蓄積と人材の準備ができており、技術レベルにおいて欧米に少しも遜色していない。中国は、中国企業がモノのインターネットのパテントポートフォリオを形成する確固たる基礎となる、モノのインターネット基本標準化ワークグループ(原文「国家物聯網基礎標準工作組」)と、いくつかのモノのインターネット応用標準化ワークグループ(原文「物聯網応用標準工作組」)とを成立させており、モノのインターネットの規格制定において主導権を握り、他の国をリードしている。モノのインターネット分野で少しでも地位を得たければ、中国のモノのインターネット産業はパテントポートフォリオを積極的に形成すると同時に、さらに、産業チェーンの上下流の企業を十分に同調させ、資源を共有し、優位性を互いに補って、中国企業のコア競争力を全体的に引き上げるべきである。(知識産権報 空桑)

2015-07-03

物联网专利,谁领风骚?

物联网领域专利数量最多的企业是谁?不是谷歌、苹果,也不是英特尔、IBM,而是一家中国企业。近日,英国知识产权局对2004年至2013年间全球数万件物联网专利进行了分析,并发布了专利分析报告。报告显示,在物联网技术研究上,中国中兴通讯名列第1。排名第2和第3的分别是韩国LG电子和三星电子,中国的华为公司名列第10名。苹果的物联网专利数在全球名列27位,谷歌仅排名第84位。众所周知,在PC和移动互联网时代,美国硅谷都充当了创新先锋的角色。然而,这份专利排行榜却表明,以中兴通讯为代表的中国企业在物联网研发上已占据优势。
根据许多技术专家的预测,物联网对人们生活方式产生的变革性影响将不逊于互联网。因此,美国、欧盟等都在投入巨资深入研究物联网。在移动互联网时代,谷歌、苹果投入了巨大的资源研发智能手机操作系统和应用软件。现如今,谷歌、苹果这些科技巨头把触角伸及了物联网科技研发领域,也凸显了这些科技巨头依靠自身的科技研发优势和雄厚的资本企图雄踞物联网领域的决心。
事实上,谷歌和苹果的物联网专利数量虽然不多,但是两家公司已经成为物联网生态系统的主导营造者。从2014年开始,谷歌和苹果不约而同将手机操作系统面向物联网领域延伸,其中包括智能家居、智能汽车、移动健康、穿戴设备等。不得不说,科技巨头在物联网领域的频频发力,使得全球物联网技术研发的浪潮此起彼伏,也使得物联网成为后智能手机时代的下一个科技创新的角逐之地。
其实,与互联网技术相比,我国在物联网领域前瞻性强,布局早,速度快,形成了较强的技术积淀和人才储备,在技术层面上毫不逊色于西方国家;我国成立了国家物联网基础标准工作组和多个物联网应用标准工作组,在物联网标准的制定上已占得先机,领先其他国家,这些都是我国企业推进物联网专利布局的坚实基础。笔者认为,欲想在物联网领域占有一席之地,我国物联网产业在积极进行专利布局的同时,还应充分整合产业链上下游企业、共享资源、互补优势,整体提高中国企业的核心竞争力。(知识产权报 作者 空桑)

2015-07-03

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知的財産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。