中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

国家知的財産権局が全国特許調査データ報告を初めて発表する

先日、国家知的財産権局が「2015年中国特許調査データ報告」を発表した。全国特許調査結果の発表は今回が初めてである。

調査データ報告によると、中国の有効特許(発明)の実施率は5割である。なお、企業は特許利用水準が比較的高く、大学は依然としてライセンス、譲渡による実施が主であり、産業化の難易度が高い。中国の特許権者の多くは、現在の特許保護レベルに満足しておらず、特許の保護力を引き上げる必要があると考えている。近年、特許権者が侵害に巻き込まれる割合は著しい減少傾向にあるが、特許権者は、特許管理機関が自主的に侵害行為を取り締まることを期待している。

国家知的財産権局は2008年から毎年、全国特許調査を実施しており、8年間継続されている。調査内容は特許の創作、利用、保護、管理及びサービス等の方面にわたっており、膨大な量の一次資料が得られる。調査結果を十分に活用するために、国家知的財産権局は今後、年度毎に特許調査データを対外的に公開し、政府の政策決定及び政策研究のためにより良いデータサービスを提供していく予定である。(知的財産権報 通信員 郭剣 劉磊)

2016-07-27

国家知识产权局首次发布全国专利调查数据报告

近日,国家知识产权局发布了《2015年中国专利调查数据报告》。此次全国专利调查成果的发布尚属首次。
调查数据报告显示,我国有效发明专利实施率达到5成,其中,企业专利运用水平较高,高校专利实施仍以许可转让为主要方式,产业化难度较大。我国大多数专利权人不满当前专利保护水平,认为需要提升专利保护强度。近年来专利权人遭遇侵权比例呈现出显著下降趋势,而专利权人更希望专利管理机关主动查处侵权行为。
自2008年以来,国家知识产权局已连续8年组织开展年度全国专利调查工作。调查内容涵盖专利创造、运用、保护、管理和服务等方面,获取了大量的第一手数据。为充分利用调查成果,国家知识产权局计划今后按年度将专利调查数据对外公开,为政府决策和政策研究提供更好的数据服务。(知识产权报 通讯员 郭剑 刘磊)

2016-07-27

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知的財産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。