中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

「特許審査基準」の改正に関する決定(2017)(第74号)  国家知識産権局令第74号

「『特許審査基準』の改正に関する国家知識産権局の決定」が局務会の審議により採択され、ここに公布し、2017年4月1日から施行する。
局長 申長雨
2017年2月28日

「特許審査基準」の改正に関する国家知識産権局の決定
国家知識産権局は「特許審査基準」を次のように改正することにつき、決定をする。
1、第2部分第1章第4.2節の改正
「特許審査基準」第2部分第1章第4.2節第(2)号の後に段落を加え、内容は次の通りとする。
【例】
ビジネスモデルに関する請求項は、ビジネスのルール及び方法の内容を含み、技術的特徴も含む場合には、特許法第25条に基づいて特許権の取得の可能性を排除すべきでない。
この節の他の内容は従前通りとする。

2、第2部分第9章第2節の改正
「特許審査基準」第2部分第9章第2節第(1)号第1段落中の「媒体(例えば、磁気テープ、磁気ディスク、光ディスク、光磁気ディスク、ROM、PROM、VCD、DVDその他のコンピュータ可読媒体)に記録されたにすぎないコンピュータプログラム」を「媒体(例えば、磁気テープ、磁気ディスク、光ディスク、光磁気ディスク、ROM、PROM、VCD、DVDその他のコンピュータ可読媒体)に記録されたにすぎないコンピュータプログラム自体」に改める。
「特許審査基準」第2部分第9章第2節第(1)号第3段落第1センテンス中の「記録されたプログラムのみにより限定されるコンピュータ可読記憶媒体」を「記録されたプログラム自体のみにより限定されるコンピュータ可読記憶媒体」に改める。
この節の他の内容は従前通りとする。

3、第2部分第9章第3節の改正
「特許審査基準」第2部分第9章第3節第(3)号中の例9を削除する。

4、第2部分第9章第5.2節の改正
「特許審査基準」第2部分第9章第5.2節第1段落第1センテンス中の「すなわち当該方法を実現する装置」を「例えば当該方法を実現する装置」に改める。
「特許審査基準」第2部分第9章第5.2節第1段落第3センテンス中の「当該コンピュータプログラムの各種機能がいずれの構成部分によって達成される、及びこれらの機能がどのように達成されるかを詳細に叙述する」を「上記構成部分にはハードウェアのみならず、プログラムが含まれてもよい」に改める。
「特許審査基準」第2部分第9章第5.2節第2段落中の全ての「機能モジュール」を「プログラムモジュール」に改める。
この節の他の内容は従前通りとする。

5、第2部分第10章第3節の改正
「特許審査基準」第2部分第10章第3節に第3.5節を加え、第3.4節第(2)号を第3.5節に移すと共にこれを改め、第3.5節の内容は次の通りとする。
3.5 追加で提出する実験データに関して
明細書が十分に開示しているか否かの判断は、原初の明細書及び特許請求の範囲に記載の内容を基準とする。
出願日の後に追加で提出された実施データについて、審査官はこれを審査しなければならない。追加で提出された実験データにより証明される技術的効果は、当業者が特許出願で開示された内容から取得することができるものでなければならない。
この節の他の内容は従前通りとする。

6、第4部分第3章第4.2節の改正
「特許審査基準」第4部分第3章第4.2節第(2)号(i)を次の通り改める。
(i) 特許権者が削除以外の方法により訂正した請求項について、専利復審委員会の指定期間内に訂正内容について無効審判理由を追加し、追加された無効審判理由について当該期間内に具体的に説明するとき。
この節の他の内容は従前通りとする。

7、第4部分第3章第4.3.1節の改正
「特許審査基準」第4部分第3章第4.3.1節第(2)号(i)中の「統合により訂正した請求項、又は」を削除する。
この節の他の内容は従前通りとする。

8、第4部分第3章第4.6.2節の改正
「特許審査基準」第4部分第3章第4.6.2節第1段落を次の通り改める。
上記の訂正の原則を満たすことを前提として、特許請求の範囲を訂正する具体的な方法は、一般に請求項の削除、技術的解決手段の削除、請求項の更なる限定、明らかな誤記の訂正に限られる。
「特許審査基準」第4部分第3章第4.6.2節第3段落を削り、第4段落を第3段落とすると共に、段落を加えて第4段落とし、内容は次の通りとする。
請求項の更なる限定とは、請求項に、他の請求項に記載された1つ又は複数の技術的特徴を追加して、技術的範囲を限縮することをいう。
この節の他の内容は従前通りとする。

9、第4部分第3章第4.6.3節の改正
「特許審査基準」第4部分第3章第4.6.3節第2段落中の「統合により請求項を訂正する」を「削除以外の方法により特許請求の範囲を訂正する」に改める。
この節の他の内容は従前通りとする。

10、第5部分第4章第5.2節の改正
「特許審査基準」第5部分第4章第5.2節第(2)号を次の通り改める。
(2)公開されているが特許権の付与が公告されていない発明特許出願の包袋については、当該特許出願包袋中の関係する内容を照会及び複製することができ、これには、出願書類、出願と直接に関係する手続書類、公開書類、方式審査手続において出願人に発行した通知書及び決定書、通知書に対する出願人の応答書の本文、並びに実体審査手続において出願人に発行した通知書、調査報告及び決定書が含まれる。
「特許審査基準」第5部分第4章第5.2節第(3)号を次の通り改める。
(3)特許権の付与が公告された特許出願の包袋について、照会及び複製することができる内容には、出願書類、優先権書類、出願に直接に関係する手続書類、発明特許出願の単行本、発明特許、実用新案及び意匠の単行本、特許登録原簿、特許権評価報告、並びに審査が終了した各審査手続(方式審査、実体審査、拒絶査定不服審判及び無効審判等が含まれる)において特許局、特許複審委員会が出願人又は関係当事者に発行した通知書、調査報告及び決定書、通知書に対する出願人又は関係当事者の応答書が含まれる。
「特許審査基準」第5部分第4章第5.2節第(5)号を削除する。
この節の他の内容は従前通りとする。

11、第5部分第7章第7.4.2節の改正
「特許審査基準」第5部分第7章第7.4.2節を次の通り改める。
7.4.2 財産保全の執行協力による中断の期間
人民法院が財産保全の執行協力を専利局に要請することによって中断手続を執行するものについて、民事裁定書及び執行協力通知書に記載された財産保全期間に従って関係手続きを中断する。
人民法院は財産保全措置の継続を要請する場合には、中断期間満了前に、保全を継続する執行協力通知書を専利局に送達し、照合をして本章第7.3.2.1節の規定に適合するときは、中断期間が延長される。

12、第5部分第7章第7.4.3節の改正
「特許審査基準」第5部分第7章第7.4.3節中の「又は財産保全執行協力の人民法院の要請に基づく中断」を削除する。
この節の他の内容は従前通りとする。

13、第5部分第7章第7.5.2節の改正
「特許審査基準」第5部分第7章第7.5.2節中の「中断期間は6ヵ月とする」を「中断期間は民事裁定書及び執行協力通知書に記載された財産保全期間とする」に改める。
この節の他の内容は従前通りとする。
この決定は2017年4月1日から施行する。

2017-03-02

关于修改〈专利审查指南〉的决定(2017)(第74号)
国家知识产权局令第七十四号

《国家知识产权局关于修改〈专利审查指南〉的决定》已经局务会审议通过,现予公布,自2017年4月1日起施行。
局 长 申长雨
2017年2月28日

国家知识产权局关于修改《专利审查指南》的决定
国家知识产权局决定对《专利审查指南》作如下修改:
一、第二部分第一章第4.2节的修改
在《专利审查指南》第二部分第一章第4.2节第(2)项之后新增一段,内容如下:
【例如】
涉及商业模式的权利要求,如果既包含商业规则和方法的内容,又包含技术特征,则不应当依据专利法第二十五条排除其获得专利权的可能性。
本节其他内容无修改。

二、第二部分第九章第2节的修改
将《专利审查指南》第二部分第九章第2节第(1)项第一段中的“仅仅记录在载体(例如磁带、磁盘、光盘、磁光盘、ROM、PROM、VCD、DVD 或者其他的计算机可读介质)上的计算机程序”修改为“仅仅记录在载体(例如磁带、磁盘、光盘、磁光盘、ROM、PROM、VCD、DVD 或者其他的计算机可读介质)上的计算机程序本身”。
将《专利审查指南》第二部分第九章第2节第(1)项第三段第一句中的“仅由所记录的程序限定的计算机可读存储介质”修改为“仅由所记录的程序本身限定的计算机可读存储介质”。
本节其他内容无修改。

三、第二部分第九章第3节的修改
删除《专利审查指南》第二部分第九章第3节第(3)项中的例9。

四、第二部分第九章第5.2节的修改
将《专利审查指南》第二部分第九章第5.2节第1段第1句中的“即实现该方法的装置” 修改为“例如实现该方法的装置”。
将《专利审查指南》第二部分第九章第5.2节第1段第3句中的“并详细描述该计算机程序的各项功能是由哪些组成部分完成以及如何完成这些功能”修改为“所述组成部分不仅可以包括硬件,还可以包括程序”。
将《专利审查指南》第二部分第九章第5.2节第2段中所有的“功能模块”修改为“程序模块”。
本节其他内容无修改。

五、第二部分第十章第3节的修改
在《专利审查指南》第二部分第十章第3节中新增第3.5节,将第3.4节第(2)项移至第3.5节并作修改,第3.5节的内容如下:
3.5 关于补交的实验数据
判断说明书是否充分公开,以原说明书和权利要求书记载的内容为准。
对于申请日之后补交的实验数据,审查员应当予以审查。补交实验数据所证明的技术效果应当是所属技术领域的技术人员能够从专利申请公开的内容中得到的。
本节其他内容无修改。

六、第四部分第三章第4.2节的修改
将《专利审查指南》第四部分第三章第4.2节第(2)项(i)修改为:
(i) 针对专利权人以删除以外的方式修改的权利要求,在专利复审委员会指定期限内针对修改内容增加无效宣告理由,并在该期限内对所增加的无效宣告理由具体说明的;
本节其他内容无修改。

七、第四部分第三章第4.3.1节的修改
删除《专利审查指南》第四部分第三章第4.3.1节第(2)项(i)中的“以合并方式修改的权利要求或者”。
本节其他内容无修改。

八、第四部分第三章第4.6.2节的修改
将《专利审查指南》第四部分第三章第4.6.2节第1段修改为:
在满足上述修改原则的前提下,修改权利要求书的具体方式一般限于权利要求的删除、技术方案的删除、权利要求的进一步限定、明显错误的修正。
删除《专利审查指南》第四部分第三章第4.6.2节第3段,将第4段作为第3段,并新增1段作为第4段,内容如下:
权利要求的进一步限定是指在权利要求中补入其他权利要求中记载的一个或者多个技术特征,以缩小保护范围。
本节其他内容无修改。

九、第四部分第三章第4.6.3节的修改
将《专利审查指南》第四部分第三章第4.6.3节第2段中的“以合并的方式修改权利要求书”修改为“以删除以外的方式修改权利要求书”。
本节其他内容无修改。

十、第五部分第四章第5.2节的修改
将《专利审查指南》第五部分第四章第5.2节第(2)项修改为:
(2)对于已经公布但尚未公告授予专利权的发明专利申请案卷,可以查阅和复制该专利申请案卷中的有关内容,包括:申请文件,与申请直接有关的手续文件,公布文件,在初步审查程序中向申请人发出的通知书和决定书、申请人对通知书的答复意见正文,以及在实质审查程序中向申请人发出的通知书、检索报告和决定书。
将《专利审查指南》第五部分第四章第5.2节第(3)项修改为:
(3)对于已经公告授予专利权的专利申请案卷,可以查阅和复制的内容包括:申请文件,优先权文件,与申请直接有关的手续文件,发明专利申请单行本,发明专利、实用新型专利和外观设计专利单行本,专利登记簿,专利权评价报告,以及在各已审结的审查程序(包括初步审查、实质审查、复审和无效宣告等)中专利局、专利复审委员会向申请人或者有关当事人发出的通知书、检索报告和决定书、申请人或者有关当事人对通知书的答复意见。
删除《专利审查指南》第五部分第四章第5.2节第(5)项。
本节其他内容无修改。

十一、第五部分第七章第7.4.2节的修改
将《专利审查指南》第五部分第七章第7.4.2节修改为:
7.4.2因协助执行财产保全而中止的期限
对于人民法院要求专利局协助执行财产保全而执行中止程序的,按照民事裁定书及协助执行通知书写明的财产保全期限中止有关程序。
人民法院要求继续采取财产保全措施的,应当在中止期限届满前将继续保全的协助执行通知书送达专利局,经审核符合本章第7.3.2.1节规定的,中止期限予以续展。

十二、第五部分第七章第7.4.3节的修改
删除《专利审查指南》第五部分第七章第7.4.3节中的“或者应人民法院要求协助执行财产保全的中止”。
本节其他内容无修改。

十三、第五部分第七章第7.5.2节的修改
将《专利审查指南》第五部分第七章第7.5.2节中的“中止期限为六个月”修改为“中止期限为民事裁定书及协助执行通知书写明的财产保全期限”。
本节其他内容无修改。
本决定自2017年4月1日起施行。

2017-03-02

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知的財産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。