中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

二次元炭素:特許でグラフェン応用市場を開拓

2012年に携帯電話用のグラフェンの静電容量式タッチパネルが発表され、2013年に年産3万平方メートルのグラフェン薄膜の生産ラインが完成し、2014年にグラフェン薄膜の生産力が20万平方メートルになり、2015年にグラフェン感圧タッチセンサーが発表された。2011年末の設立以来、常州二維炭素科技股份有限公司(二維炭素=二次元炭素)(以下、「二維炭素」という)はグラフェンの応用分野で一連の成果を上げており、業界で注目されている。

「技術開発能力が二維炭素のコア競争力であり、特許が会社のイノベーション成果を保護する有力な武器となっている。」二維炭素の総裁(社長)である金虎氏は次のように述べた。会社の技術開発の理念はグラフェンの応用による製品開発であり、その結果、二維炭素はグラフェン応用分野で中国企業の先端を行くことになった。グラフェンは新しい素材であり、二維炭素は特許の蓄積を大変重視しており、今後は更に市場競争に参入して基礎を固めていくつもりである。

応用による方向付け 市場の苦境を打開

2010年、グラフェンの研究者であるAndre GeimとKonstantin Novoselovがノーベル物理学賞に輝いて、新素材グラフェンの発展を勢い付け、その後、勢いは衰えていない。集積回路業界に10年余り身をおいた金虎氏は電子デバイス分野におけるグラフェンの発展の見込みを見出し、ためらうことなくグラフェン業界に身を投じ、高レベルの技術者を集め、2011年末に、グラフェン薄膜の研究開発、製造、材料応用技術、設備の研究開発及び産業化に特化した二維炭素を設立した。

成立後まもなくして、二維炭素は携帯電話用のグラフェンの静電容量式タッチパネルを開発し、業界で広く注目された。実は、この製品の研究は順風満帆というわけではなかった。「二維炭素の技術者たちはグラフェンの電気特性に詳しく、グラフェンは静電容量式タッチパネルにおいて大いに可能性があると考え、そこで、この分野で入念に準備を初めた。」金虎氏は次のように説明した。二維炭素は、最初は研究開発の重点をグラフェン素材の製造に置き、その後、グラフェン素材をタッチパネルメーカーに渡してタッチパネルの開発を行った。意外なことに、そのメーカーがグラフェン素材をテストすると全く導電しないことがわかった。

「グラフェンは今のところ電気伝導特性、熱伝導特性が最も優れた素材であり、我々が開発した素材の品質が良くなかったとしても、伝導しないことはあり得ない。」金虎氏によると、このメーカーとコミュニケーションを深めることで、二維炭素の作業者がこのメーカーのテスト方法が従来の導電テスト方法のままであり、グラフェン素材には全く適さなかったことに気付いたという。この出来事があってから、グラフェンという新しい業界では多くの下流企業や下請け企業の技術レベルがまだ追いついておらず、グラフェン製品を現実化するには、自社で新製品を開発してグラフェンの応用分野を開拓するしかないと二維炭素は認識した。

「それからは、素材の製造に注力している多くのグラフェン企業とは異なり、二維炭素は応用製品を方向付けとした技術開発路線を独自に切り開いて、実際の状況に応じてグラフェン製品を開発している。」金虎氏によると、この手法は、主に顧客のニーズに応じ、製品の備えるべき特性、技術指標等に基づき、グラフェンの特性を考え合わせて開発の価値があるかを判断してから、開発に投資するものであるという。

目下、二維炭素はグラフェンの応用分野を広げるために、研究開発力を強化しながら、高レベルの開発者を40人以上集めたほか、研究開発の土台確立において方策を巡らせている。金虎氏によると、二維炭素は研究開発の土台を3つの部に分けており、第1の部は主に基礎的技術と先端技術の研究開発と探求に従事し、第2の部は第1の部の研究開発項目から10個中1つを選択する確率で顧客のニーズに応じて産業化し、第3の部はグラフェン素材の製造技術と製造プロセスの研究に注力しているという。「この3つの部では必要に応じて該当する研究者を配属しており、それぞれの分野の研究開発に注力し、最終的に力を合わせて会社の研究開発力を向上させている。」金虎氏によると、目下、二維炭素はグラフェンセンサー、タッチパネル、温度制御の製品等の市場の反応の良いシリーズ製品を開発しており、2015年9月には新三板(店頭市場)に上場したという。

特許を重視しイノベーション成果を保護する

「実際は、全ての製品に応用可能な『完璧なグラフェン』は存在せず、各種応用製品の素材特性に対するニーズは全て異なっている。一般的に、誰の方がグラフェンの技術が良いと言うのであれば、それは製造技術がどれほど優れているかを言っているのではなく、その企業が応用製品の指標に基づいて高品質の素材を提供することができるということを言っている。」金虎氏によると、グラフェン分野で更に武芸を披露するために、二維炭素は多くの技術革新を行っており、それらのイノベーション成果を保護するために、特許の蓄積を特に重視している。現在、二維炭素は140件余りの特許(特許、実用新案、意匠を含む)出願をしており、このうち、発明特許出願が60件余りであり、PCT国際出願が3件であり、90件余りが権利を取得しているという。

「集積回路業界の10年余りで特許の価値と威力を痛切に感じた。知的財産権問題は常に中国の集積回路業界の発展の難題であったと言える。そこで、グラフェンという新しい技術分野ではこれを戒めとして知的財産権の意識を高め、特許の保護に力を入れなければならない。」金虎氏は次のように述べた。目下、世界中でグラフェンの開発ブームが起きており、参入者の多くが小企業である中国とは異なり、外国は多くがサムスンやIBMのような大手企業が参入している。グラフェン業界が或る段階まで発展すると、中国企業は集積回路業界と同じような特許問題にぶつかるかもしれないことが予想される。そのため、二維炭素は会社の成立当初から特許の蓄積を特に重視している。

この数年、二維炭素は主に内部と外部の両方から特許関連業務を行っている。内部では、二維炭素は知的財産権専門チームを設けており、特に技術者の知的財産権意識と総合力の養成を重視している。会社はインセンティブシステムで技術者の特許出願を奨励しており、取得の有無、特許の種類(特許、実用新案、意匠)等に応じてそれぞれ褒賞を設けている。外部では、二維炭素が製品開発の過程で提携先と共に特許調査、分析等の関連業務を行っており、複数の戦略で特許の保護を強化している。なお、二維炭素は近年積極的にパテントプールの形成を計画し、グラフェン業界の知的財産権連盟の創設を呼びかけており、中国のグラフェン業界の特許力を向上させようとしている。

コメント

近年、中国のグラフェン業界は発展の勢いが盛んであるものの、特許は多いが劣っているという問題があり、二維炭素はそれを深く憂慮している。今のところ、この会社は技術開発力でリードしていることと、太平の世にも戦乱の時を忘れず準備を怠らないという意識とによって市場で或る地位を占めている。今後、二維炭素が特許の質向上において更に努力し、他の企業の見本となることを期待する。(作者:劉葉婷)

2017-03-23

二维碳素:专利打开石墨烯应用新市场
2012年发布手机用石墨烯电容式触摸屏,2013年建成年产3万平方米石墨烯薄膜的生产线,2014年石墨烯薄膜的生产能力达到20万平方米,2015年发布石墨烯压力触控传感器……自2011年底成立以来,常州二维碳素科技股份有限公司(下称二维碳素)在石墨烯应用方面取得了一连串创新成果,备受业界瞩目。
“技术研发能力是二维碳素的核心竞争力,专利就是保护公司创新成果的有力武器。”二维碳素总裁金虎表示,以应用为导向开发石墨烯产品是公司的技术研发理念,以此为指引,二维碳素已在石墨烯应用领域走在了国内企业前列。石墨烯属于新兴行业,二维碳素高度重视专利储备,力图为今后更好地参与市场竞争打好基础。

应用导向 突破市场困境
2010年,石墨烯的制备者安德烈·海姆和康斯坦丁·诺沃肖洛夫荣获诺贝尔物理学奖,将“新材料之王”石墨烯的发展推向了高潮,此后,其火爆程度一直不减。已在集成电路行业深耕十余年的金虎看到了石墨烯在电子元器件领域的发展前景,毅然投身石墨烯行业,组建了一支高水平的技术团队,于2011年底创立了二维碳素,专注从事石墨烯薄膜研发、制备,以及材料应用技术、设备的研发与产业化。
成立不久,二维碳素就研发出了手机用石墨烯电容式触摸屏,引起了业内的广泛关注。事实上,该产品的研发并不是一帆风顺的。“二维碳素的技术团队对石墨烯的电性能很熟悉,认为石墨烯在电容式触摸屏上大有可为,于是开始在该领域深耕细作。”金虎介绍,二维碳素起初将研发重点放在了石墨烯材料的制备上,然后将石墨烯材料交由触控厂商进行触摸屏的开发。出人意料的是,该厂商在测试了石墨烯材料后却认为其完全不导电。
“石墨烯是目前导电导热性能最好的材料,即使我们开发出的材料制备质量再不好,也不可能不导电。”金虎表示,在与该厂商进行深入沟通后,二维碳素工作人员发现此触控厂商的测试方法还是传统的导电测试方法,对石墨烯材料完全不适用。经过此次事件,二维碳素认识到,在石墨烯这个新兴行业,许多下游企业或者配套企业的技术水平还比较欠缺,唯有自己开发新产品,扩展石墨烯应用领域,才能让石墨烯产品走进现实。
“自此,与众多石墨烯企业专注材料制备不同,二维碳素独辟蹊径地确立了以应用产品为导向的技术研发路线,以‘量体裁衣’的模式开发石墨烯产品。”金虎介绍,该模式是以客户的需求为主,根据产品需具备的性质、技术指标等,结合石墨烯的特性来判断是否具有开发价值,然后再投入开发。
目前,二维碳素为了拓宽石墨烯应用领域,也在不断加强研发实力,除了建立一支40多人的高水平技术研发团队外,公司还在研发平台建设上大做文章。金虎介绍,二维碳素将研发平台分为3个部分,其中,研发一部主要从事基础性、前沿性的技术研发与探索;研发二部从一部的研发项目中以十中取一的概率,根据客户的需求进行产业化开发;研发三部专注于石墨烯材料制备技术和工艺的研究。“这3个部门会按需配置相应的研发人员,专注不同领域的技术研发,最终形成合力,提升公司的研发能力。”金虎表示,目前,二维碳素已研发出了石墨烯传感器、触摸屏、温控产品等市场反应良好的系列产品,并于2015年9月成功登陆新三板。

注重专利 保护创新成果
“其实,不存在可以应用于所有产品的‘完美石墨烯’,每一种应用产品对材料性能的需求都不同。一般而言,要说谁的石墨烯技术更好,并不是指制备技术多么高超,而是指企业能根据应用产品的指标来提供高品质材料。”金虎表示,为了在石墨烯领域更好地施展拳脚,二维碳素开展了大量技术创新工作,为了保护这些创新成果,公司格外重视专利储备。目前,二维碳素已提交专利申请140余件,其中发明专利申请60余件,PCT国际专利申请3件,90余件专利申请已获得授权。
“在集成电路行业工作的10余年间,我深切感受到了专利的价值和威力。可以说,知识产权问题一直是中国集成电路行业发展的一大难题。而在石墨烯这个新兴技术领域,企业更应该以此为鉴,提高知识产权意识,加强专利保护。”金虎表示,目前全球已掀起了石墨烯的研发热潮,与国内多是小企业为参与主体不同,国外多是诸如三星、IBM等巨头企业在参与。可以预见,在石墨烯行业发展到一定阶段后,国内企业很有可能将遭遇与集成电路行业类似的专利问题。因此,二维碳素在公司成立初期就高度重视专利储备。
近几年来,二维碳素主要从内部和外部两个方面开展专利工作。在公司内部,二维碳素组建了专门的知识产权团队,尤其重视技术人员知识产权意识和综合能力的培养。在激励机制上,公司鼓励技术人员提交专利申请,并根据授权与否、专利类型等设置不同等级的奖励。在公司外部,二维碳素在产品开发过程中会与合作伙伴共同开展专利检索、分析等相关工作,并采用多种策略加强专利保护。值得一提的是,二维碳素近年来还在积极谋划构建专利池,号召建立石墨烯行业知识产权联盟,以此来提升国内石墨烯行业的专利实力。

点评
近年来,我国石墨烯行业迎来蓬勃发展的势头,但专利多而不优的问题为行业发展埋下了隐患,二维碳素深知其背后的隐忧。目前,凭借领先的技术研发能力和居安思危的意识,该公司已在市场上占领一席之地。未来,期待二维碳素能在专利质量提升上再加把劲,为其他企业作出表率。(作者:刘叶婷)

2017-03-23

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。