中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

請求項の保護範囲の確定に対する発明の概念の影響 「ミシン」の発明特許無効事件の分析

請求項の保護範囲は特許権者と大衆との利益衡量に関係している。権利確定の段階であろうと、侵害の段階であろうと、請求項の保護範囲に対する解釈はできるだけ一致するようにすべきであるので、権利確定の段階における請求項の保護範囲に対する確定は侵害判定に対して非常に影響が大きい。
請求項の保護範囲の確定では文字の意味の解釈が優先であるが、権利確定の段階では、特許出願が既に権利を取得しており、補正の仕方に厳しい制限があるので、特許請求の範囲に記載された文字の内容は相対的に固定された状態にある。しかし、言葉、文字自体の限界性と特許出願の記載の瑕疵等の原因により、文字の意味の解釈だけでは請求項の保護範囲の正確な限定を確保することは難しいものであり、請求項の解釈が必要になってくる。請求項を解釈する主体は当業者であるので、請求項の保護範囲を確定する際には、当業者が自身の知識と能力を合わせて特許出願書類を全体的に把握し、技術的視点で分析し、特許の技術の本質と従来技術に対する貢献とを正しく把握するように努めるべきである。
発明の概念は、出願書類自体に記載された背景技術と、客観的に成される発明の概要と基づいて確認される技術改良の構想であり、出願書類自体の記載に基づいて確認可能な、従来技術に対して貢献がある内容であり、1件の発明創造の技術の本質と技術的貢献とを把握することが決め手となり、したがって、発明の概念の理解は請求項の保護範囲の確定に対して非常に大きな役割と果たす。1件の発明創造について、技術的課題は発明創造の原因であり、技術的効果は発明創造の結果であり、技術的手段は技術的課題を解決して技術的効果を実現する具体的な過程である。したがって、従来技術に存在する技術的課題と、その技術的課題の解決のために講じる技術的手段と、その技術的手段により実現される技術的効果との3つの内容を十分客観的に理解してこそ、客観的、全体的且つ全面的に発明創造の一部始終を理解し、発明創造の技術の本質と技術的貢献とを正確に把握することができる。その上で、当業者は特許請求の範囲で限定された実質的な保護範囲を正確に把握することができる。
以下、発明の概念が請求項の保護範囲をどのように確定するかについて、具体的な事例を挙げて分析、検討する。
係争特許は、名称が「ミシン」であり、係争特許を侵害したとして特許権者JUKIが浙江中縫重工ミシン有限公司(CHNKI Precision Sewing Machine Co., Ltd.)を訴えたものである。被疑侵害品が係争特許の請求項の保護範囲に入るか否かを判断するポイントは、請求項1の「空走区間」という技術用語の理解にある。この用語について、特許権者の理解によると被疑侵害品は当該特許の請求項の保護範囲に入り、侵害が成立し、被疑侵害者の理解によると被疑侵害品の製造及び販売行為は侵害が成立しないことになる。当該発明特許について、浙江中縫重工ミシン有限公司は直ちに国家知識産権局専利復審委員会(審判部)(以下、「専利復審委員会」という)に無効審判を請求した。その理由として、請求項1における「空走区間」という用語に対する限定が請求項1を不明瞭にしており、特許法実施細則第20条第1項及び特許法第26条第4項の規定を満たしていないことを挙げた。専利復審委員会は、明細書及び図面を参照して上述の技術用語の意味を確定する第20220号審決を出して、係争特許の有効を維持した。
この事件は、「空走区間」という技術用語の意味をどのように理解するかが焦点となった。請求項1における「空走区間」という用語に対する限定は、「前記駆動カム部材と糸切り連結部材と押え上げ連結部材は、糸切り機構により糸切りを終了した後連続して押え上げ機構により押えを上昇させる場合に、糸切り終了時から押えの上昇の開始までの間、駆動モータにより駆動カム部材が作動しても前記糸切り機構と押え上げ機構とのいずれに対しても駆動モータの駆動力を伝達しない空走区間を設ける」というものである。請求人の主張によると、上述の特徴における「前記駆動カム部材」、「糸切り連結部材」、「押え上げ連結部材」は「設ける」の3つの並列した主語であるので、「前記駆動カム部材」、「糸切り連結部材」、「押え上げ連結部材」にはいずれも空走区間があるという3つの並列した技術的解決手段が請求項1で限定されているが、係争特許の明細書にはカム機構に空走区間があることが記載されているだけなので、請求項1は明細書を根拠としていない。また、上述の特徴における「糸切り機構により糸切りを終了した後連続して押え上げ機構により押えを上昇させる場合」と「糸切り終了時から押えの上昇の開始までの間」とは「空走区間」に対する並列の限定条件であり、前者の限定では糸切り終了後連続して押えを上げるので空走区間がないことが説明されているが、後者の限定では空走区間があることが説明されており、空走区間は糸切り終了から押えが上昇するまでの間に設けられ、したがって、両者の制限により「空走区間」の概念の説明が不明瞭になり、明細書のサポートも得られない。
まず、「空走区間」という用語は当該分野の一般の技術用語ではなく、当該分野の通常の意味があるわけではないので、文章の意味の解釈だけでは「空走区間」の正確な意味を確定することができない。次に、明細書でもこの用語を専門的に解釈又は定義しておらず、この場合、「空走区間」という用語の意味を正確に把握して請求項の保護範囲を正確に確定するには、明細書の全体的な内容によって理解する必要がある。そこで、明細書に開示の内容を正確に理解するには、発明の概念の把握が欠かせない。
係争特許の背景技術には次のように記載されている。従来、縫製後に糸を切断するための糸切り機構と、布押えを上昇させる押え上げ機構と、これら両機構をそれぞれ駆動する駆動モータとを備え、それぞれの駆動モータを制御することによって糸切り機構と押え上げ機構とをそれぞれ制御するミシンが知られている。実際の作業では、糸切りと押え上げとの2つの連続した動作を実施する際、確実に糸切りを終了した後に布押えを上昇させるために、糸切り機構の停止後、押え上げ機構の動作開始までの間に十分なタイムラグが必要となるが、このようなタイムラグを実現するために、従来技術は、この2つの機構を駆動する駆動モータの加減速をそれぞれ制御することによって実現するものであるが、加減速の過程で駆動モータに負荷がかかってしまい、これが駆動モータの容量に対する要求を引き上げることになるので、ミシンのコストが高くなる。
従来技術におけるこのような技術的課題を解決するため、係争特許には、モータにより駆動される駆動カム部材が設けられ、駆動カム部材には、糸切り機構の糸切りリンクに嵌合する糸切りカム部と、押え上げリンクに嵌合する押えカム部とがそれぞれ設けられており、両駆動カム部材のカム曲線によって糸切り機構及び押え上げ機構の運動をそれぞれ制御して、糸切り終了後であって押え上げ前の或る期間において、糸切りリンク及び押え上げリンクのカムに接触する制御端がいずれも、それぞれのカム曲線の円弧の区間に位置するようになっており、その際にモータが回転しても、その動力が糸切り機構と押え上げ機構とに伝達されず、それによって、タイムラグが生じるようになっている。
明細書には、上述の技術的手段が、「糸切り終了時から押えの上昇の開始までの間、モータは動作しているがいずれの機構にも駆動力が伝達しない空走区間により、糸切りが確実に終了してから押え上げの動作に移ることができ、且つ、この間モータの回転速度を落とさないで押え上げを開始することができ、モータの駆動力が十分に大きい状態のまま布押えを上げ、この点でもサイクルタイムを短縮することができる。」という技術的効果を実現していることが記載されている。
このため、係争特許の発明の概念が、モータの加減速の制御により十分なタイムラグを実現する制御方式に代えて、駆動カム部材の構造の設計によって糸切り終了から押え上げ開始までの間の「空走区間」を形成し、それによって、サイクルタイムを短縮するという目的にあることが理解される。
明細書の内容を参照して上述の発明の概念を理解すると、係争特許の解决しようとする技術的課題から、当業者は、従来技術に対する当該特許の貢献が駆動カム部材による「空走区間」の形成にあり、すなわち、請求項1における「空走区間」に対する上述の限定は、当該特許の技術的解決手段の技術的課題の解決に必要不可欠な技術的特徴であると確定することができる。したがって、いわゆる「空走区間」とは、「糸切り終了時から押え上昇開始までの間」の或る運転状態をいい、この運転状態では、糸切り終了後であって押え上げ前に十分なタイムラグが得られるように、駆動モータにより駆動されて駆動カム部材が作動しても糸切り機構と押え上げ機構とに動力が伝達されないことが、係争特許により解決される技術的課題から確定される。当業者は、当該特許の明細書及び図面を参照して、「空走区間」について唯一の合理的な解釈をすることができるので、請求項1の保護範囲は明確であり、明細書のサポートを得ることができる。
要するに、「ミシン」の事例により、請求項の或る技術用語が請求項の字面による限定からだけではその正確な意味を確定することが難しい場合には、当業者が明細書の内容を参照して発明の概念を把握し、解决しようとする技術的課題から技術的特徴の意味を全体的に判断して、請求項の保護範囲について唯一の合理的な確定をするという過程が示されただけでなく、権利確定段階の請求項の保護範囲の確定がその後の侵害判定に対して大きく影響することも十分に示された。これにより、「ミシン」の事例における請求項の保護範囲に対する理解は参考になる。(国家知識産権局専利復審委員会 李卉)

2017-09-27

发明构思对于界定权利要求保护范围的影响——评析“缝纫机”发明专利无效案

权利要求保护范围关系着专利权人与社会公众之间的利益平衡。无论在确权阶段还是侵权阶段,对于权利要求保护范围的解读应当尽可能地趋于一致,因此确权阶段对权利要求保护范围的界定对于侵权判定有着十分重要的影响。本文作者结合一个具体案例,对发明构思如何界定权利要求保护范围进行了分析和探讨。
权利要求保护范围关系着专利权人与社会公众之间的利益平衡。无论在确权阶段还是侵权阶段,对于权利要求保护范围的解读应当尽可能地趋于一致,因此确权阶段对权利要求保护范围的界定对于侵权判定有着十分重要的影响。
对于权利要求保护范围的界定来说,文义解释是优先适用的,然而在确权阶段,专利申请已经获得授权,且在确权阶段,其对修改方式有着严格的限制,因此权利要求书所记载的文字内容已经处于一种相对固定的状态,但由于语言文字本身的局限性以及专利申请撰写的瑕疵等原因,往往仅依靠文义解释很难保证能够准确地限定权利要求保护范围,这就需要对权利要求进行解读。由于对权利要求解读的主体是本领域的普通技术人员,因此在界定权利要求保护范围时应当由本领域普通技术人员结合自身的知识和能力,以及专利申请文件进行整体把握,从技术的角度加以分析,力求真实把握专利的技术实质及其对现有技术的贡献。
发明构思是基于申请文件本身所记载的背景技术、客观完成的发明内容所确认的技术改进思路,是依据申请文件本身的记载能够确认的,对现有技术有所贡献的内容,是把握一项发明创造的技术实质和技术贡献的关键所在,因此理解发明构思对权利要求保护范围的界定有着十分重要的作用。对于一项发明创造而言,技术问题是发明创造的起因,技术效果是发明创造的结果,技术手段是解决技术问题实现技术效果的具体过程。因此,只有在充分客观地了解现有技术中存在的技术问题、为解决该技术问题所采取的技术手段,以及采用上述技术手段达到的技术效果这三方面的内容后,才能客观、整体、全面地了解发明创造的前因后果,真实把握发明创造的技术实质和技术贡献。在此基础上,本领域技术人员才能准确把握权利要求书所限定出的实质保护范围。
下面笔者结合一个具体案例来对发明构思如何界定权利要求保护范围进行分析和探讨。
涉案专利名称为“缝纫机”,专利权人重机公司诉浙江中缝重工缝纫机有限公司侵犯涉案专利权,而判断被控侵权产品是否落入涉案专利权利要求保护范围的关键在于权利要求1中“空车区间”这一技术用语的理解,如果依据专利权人对该用语的理解,那么被控侵权产品即落入该专利的权利要求保护范围,侵权成立;如果依据被疑侵害者对该用语的理解,那么其对被控侵权产品的制造和销售的行为就不构成侵权。针对该发明专利,浙江中缝重工有限公司随即向国家知识产权局专利复审委员会(下称专利复审委员会)提出无效宣告请求,其理由即为权利要求1中对“空车区间”这一用语的限定导致权利要求1不清楚,不符合专利法实施细则第二十条第一款和专利法第二十六条第四款的规定。随后专利复审委员会作出第20220号审查决定,结合说明书和附图,对上述术语的含义进行了界定,从而维持涉案专利权有效。
该案的焦点在于如何理解“空车区间”这一技术用语的含义。权利要求1中对于“空车区间”这一用语的限定为“所述驱动凸轮部件和切线连接部件及压脚抬起连接部件,设有在用切线机构结束了切线以后连续地由压脚抬起机构使压脚上升时、在从切线结束时到压脚开始上升期间、即使凸轮机构因驱动马达而动作也不向所述切线机构和压脚抬起机构的任何一个传递驱动马达驱动力的空车区间”。请求人主张,上述特征中“所述驱动凸轮部件”“切线连接部件”“压脚抬起连接部件”为“设有”的3个并列主语,因此权利要求1限定了“所述驱动凸轮部件”“切线连接部件”“压脚抬起连接部件”均具有空车区间的3个并列的技术方案,而涉案专利说明书中仅记载了凸轮机构具有空车区间,因此权利要求1没有以说明书为依据;上述特征中“设有在用切线机构结束了切线以后连续地由压脚抬起机构使压脚上升时”和“在从切线结束时到压脚开始上升期间”是对“空车区间”的并列限制条件,前一限定说明切线结束后连续抬起压脚因而不具备空车区间,而后一限定说明具备空车区间,且空车区间设置在切线结束到压脚上升之间,故二者的限制导致“空车区间”的概念表述不清楚,也得不到说明书的支持。
首先,“空车区间”这一用语并非本领域的通用技术术语,其并不具备本领域的通用含义,因此仅通过文义解释并不能确定“空车区间”的准确含义;其次,说明书也未对该用语进行专门的解释或定义,此时要想准确把握“空车区间”这一用语的含义,从而准确界定权利要求保护范围,就需要借助于说明书的整体内容进行理解。那么要正确理解说明书公开的内容,离不开对发明构思的把握。
涉案专利背景技术记载,现有技术中,缝纫机具有用于缝制后切断缝线的切线机构和使压脚上升的压脚抬起机构,以及分别驱动这两个机构的驱动马达,通过控制各自的驱动马达来分别控制切线机构和压脚抬起机构,在实际工作中,在实施切线和压脚抬起这两个连续动作时,为了确保在切线结束后再抬起压脚,需要在切线机构停止后到抬起机构动作开始之前的期间充分延时,为实现这样的延时,现有技术是通过分别控制驱动这两个机构的驱动马达加减速来实现的,然而在加减速的过程中会对驱动马达产生负荷,这提高了对驱动马达的容量要求,因此提高了缝纫机的成本。
为解决现有技术中的这一技术问题,涉案专利设置了一个由马达驱动的驱动凸轮部件,驱动凸轮部件上分别设有与切线机构的切线连杆相配合的切线凸轮部和与压脚抬起连杆相配合的压脚凸轮部,利用两个驱动凸轮部上的凸轮曲线分别对切线结构和压脚抬起机构的运动进行控制,使得在切线结束之后和压脚抬起之前的一段时间内,切线连杆和压脚抬起连杆与凸轮接触的控制端均位于各自凸轮曲线的圆弧阶段,此时即使马达转动,其动力也不会传递到切线机构和压脚抬起机构,从而形成该延时。
说明书记载了上述技术手段达到了“在从切线结束时到压脚开始上升期间,由于是马达动作但不对任何机构传递驱动力的空车区间,所以可以在可靠地结束切线以后移到压脚抬起的动作,并可以不降低此期间的马达转速就开始压脚抬起,在原封不动地保持马达的驱动力充分大的状态下抬起压脚,这一点也可以缩短循环周期”的技术效果。
由此,可以了解涉案专利的发明构思就在于利用驱动凸轮部件的结构设计形成在切线结束以后到压脚开始抬起之间的“空车区间”来替代由控制马达加减速来实现充分延时的控制方式,从而达到缩短循环周期的目的。
在结合说明书的内容了解上述发明构思后,本领域技术人员从涉案专利要解决的技术问题出发,可以确定本专利对于现有技术的贡献就在于利用驱动凸轮部件来形成“空车区间”,即权利要求1中对于“空车区间”的上述限定为解决本专利技术方案的技术问题必不可少的技术特征。因此,从涉案专利所解决的技术问题出发可以确定,所谓的“空车区间”就是指“在从切线结束时到压脚开始上升期间”的一种运行状态,在该运行状态驱动凸轮部件即使被驱动马达驱动而动作,也不会向切线机构和压脚抬起机构传递动力,以便在切线结束和压脚抬起之前取得充分的延时。本领域技术人员可以结合本专利的说明书和附图对“空车区间”作出唯一、合理的解释,因此,权利要求1的保护范围清楚,能够得到说明书的支持。
综上,“缝纫机”案不仅体现了当权利要求中的某一技术用语仅从权利要求对其字面限定难以确定其真实含义时,本领域技术人员结合说明书的内容把握发明构思,从专利要解决的技术问题出发,整体判断技术特征含义,从而对权利要求保护范围进行唯一、合理界定的过程;而且,该案例充分体现了确权阶段权利要求保护范围界定对后续侵权判定的重要影响。因此,“缝纫机”案对于权利要求保护范围的理解有着借鉴意义。(国家知识产权局专利复审委员会 李卉)来源:中国知识产权报

2017-09-27

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。