中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

「中国人工知能発展報告2018」発表 世界で最も人工知能の特許ポートフォリオの多い国となった中国

先日、清華大学中国科技政策研究中心(科技=科学技術、中心=センター)により「中国人工知能発展報告2018」(以下、「報告」という)が発表され、中国は件数が米国と日本とをやや上回って既に世界で最も人工知能の特許ポートフォリオの多い国となり、この3カ国で世界全体の公開特許件数の74%を占めていることが、「報告」により明らかになった。
2017年、中国の人工知能の市場規模は237億元(約3893億円、前年比67%増)に達しており、人工知能関連企業の数は、米国の2028社に次いで2位の1011社に達していることが「報告」により示された。特許出願では、中国は件数が米国と日本とをやや上回って既に世界で最も人工知能の特許ポートフォリオの多い国となり、日米中の3カ国で世界全体の公開特許件数の74%を占めている。主な出願人から見ると、IBM社、マイクロソフト社及びサムスン社が人工知能分野の特許出願件数で世界の上位3位であり、中国国家電網公司(State Grid Corporation of China)がこの5年間人工知能関連技術において急速な発展を遂げており、出願件数が世界4位である。また、人工知能の特許保有件数が中国のトップ30に入った機構のうち、科学研究機関と、大学及び企業とはほぼ匹敵しており、それぞれ52%と48%の割合を占めている。これと同時に、海外のリーディングカンパニーと比べると、特許出願において中国企業は国内の高等教育機関と科学研究機関に後れており、百度(バイドゥ)社、阿里巴巴(アリババ)社、騰訊(テンセント)社等のIT大手でも、人工知能分野に関する特許及び論文において、IBM社、マイクロソフト社、サムスン社、グーグル社等の海外企業に後れていることが「報告」により指摘された。論文の点では、中国はオリジナリティ、進展性及び象徴性を確実に持つ研究成果が欠けており、特に基礎研究の成果が欠けている。
「報告」によると、国際比較では、人工知能技術の発展及び応用市場において中国は既に世界のトップグループに入り、米中「両雄並び立つ」という競争構造となっている。発展の質では、中国の得意分野は主に応用面に反映されているが、人工知能のコア技術分野、例えばハードディスク及びアルゴリズムに関するコア技術分野においてはまだ弱い。
企業がイノベーションの主力となって人工知能のグローバルガバナンスメカニズムの構築に積極的に参加するよう、中国は人工知能分野の基礎研究を強化し、科学研究の環境を整え、一流の人材を育成すると共にそのような人材を引き付け、産学研(産業、学校、科学研究機関)の連携を奨励すべきであることが「報告」により提案された。(知識産権報 劉斌)

国家知識産権局

2018-07-25

《中国人工智能发展报告2018》发布 中国成为全球人工智能专利布局最多的国家

日前,清华大学中国科技政策研究中心发布《中国人工智能发展报告2018》(下称《报告》),《报告》显示,中国已经成为全球人工智能专利布局最多的国家,数量略微领先美国和日本,三国占全球专利公开数量的74%。
《报告》指出,2017年,中国人工智能市场规模达到237亿元,同比增长67%,人工智能企业数量达到1011家,仅次于美国的2028家。在专利申请方面,中国已经成为全球人工智能专利布局最多的国家,数量略微领先美国和日本,中、美、日三国占全球专利公开数量的74%。从主要申请人来看,IBM、微软和三星在人工智能领域专利申请数量排名全球前三名,中国国家电网公司近五年来在人工智能相关技术发展迅速,申请量在全球排名第四。此外,中国人工智能专利持有数量前30名的机构中,科研院所、大学和企业的表现相当,分别占比52%和48%。《报告》同时指出,相比国外领先企业,我国企业在专利申请上落后于国内高校和科研院所,即使是百度、阿里巴巴、腾讯等IT巨头在人工智能领域的专利和论文都落后于IBM、微软、三星、谷歌等国外企业。在论文方面,我国缺乏真正有原创性、突破性、标志性的研究成果,特别是基础研究成果。
《报告》认为,从国际比较来看,中国在人工智能技术发展与应用市场已经步入国际领先集团,呈现中美“双雄并立”的竞争格局;从发展质量来看,中国的优势领域主要体现在应用方面,而在人工智能核心技术领域,如硬件和算法上,还比较薄弱。
《报告》建议,我国应加强人工智能领域基础研究,优化科研环境,培养和吸引顶尖人才,大力鼓励产学研合作,让企业成为创新的主导力量,积极参与人工智能全球治理机制的构建。(知识产权报 通讯员 刘斌)

国家知识产权局

2018-07-25

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知識産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。