中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国上半期の特許出願件数発表:スマホメーカーが半分を占める

知的財産権が日増しに重要視されていく現在、企業の総合的な実力は実際にはその企業のイノベーション力と特許保有件数次第で決まる。以前、中国企業の製品が更に海外市場に進出できなかったのは主に独自の知的財産権が乏しいからであり、そのため、たくさんの特許を出願し、たくさんの独自の研究開発を行うことが既に中国国内企業の現在の共通認識となった。
先日、中国国家知識産権局(知識産権=知的財産権)が2018年上半期の発明特許付与件数のランキング(香港、マカオ及び台湾の企業は含まれていない)を発表し、上位10位のメーカーのほとんどはお馴染みの国産スマホメーカーである。
そのうち、華為(ファーウェイ)社が1位で、特許を合計で1775件取得し、OPPO(オッポ)社が3位で、特許を合計で1520件取得し、中興通訊(ZTE)社が発明特許付与件数1028件で5位であり、聯想集団(レノボ)が発明特許付与件数697件で8位である。
製品から見ると、華為社とOPPO社等のスマホメーカーが出願した特許は、最終的に製品の生産に応用されたものが多い。例えば、以前の記事で触れたOPPO社の「ノッチ付き全画面」の設計の発明特許及びその後のオートリフト式構造の発明特許であり、これらの構想はいずれも最終的に具体的な製品になった。
また、膨大な保有特許はこれらのスマホメーカーの未来の「出航」計画のためにほとんどの障害を取り除き、華為社、OPPO社等のメーカーの海外市場への進出に可能性をもたらした。しかし、重要な知的財産権、例えばチップ技術、アンドロイドシステム等は依然として海外の企業に独占されていることも忘れてはならず、中国企業はイノベーションと独自の研究開発の道では、些かの気の弛みも許されない。(謝 飛)

2018-07-30

上半年我国专利申请量公布:手机厂商占半壁江山

摘要:在知识产权得到日益重视的今天,一家企业的综合实力实际上就是看他有多少创新能力,有多少专利储备。过去,中国企业的产品无法在海外市场再进一步,主要由于缺乏自有知识产权,因此,多申请专利、多搞自主研发已经成为当下国内企业的共识之一。
在知识产权得到日益重视的今天,一家企业的综合实力实际上就是看他有多少创新能力,有多少专利储备。过去,中国企业的产品无法在海外市场再进一步,主要由于缺乏自有知识产权,因此,多申请专利、多搞自主研发已经成为当下国内企业的共识之一。
近日,国家知识产权局公布了2018年上半年发明专利授权量的排行榜(不含港澳台企业),排名前十的厂商中基本是我们熟知的国产智能手机厂商。
其中,华为排名第一,共获得1775件发明专利授权;OPPO排名第三,共获得1520件发明专利授权;中兴通讯排名第五,专利授权量为1028件;联想集团排名第八,发明专利授权量为697件。
从产品上来看,华为和OPPO等手机企业申请的专利,最后有不少是落地到产品生产中去的。比如此前提及的OPPO“异形全面屏”设计发明专利,到后来的升降式结构发明专利,这些想法最终都转化成了具体的产品。
庞大的专利储备也为这些手机厂商未来的“出海”计划扫清了大部分障碍,为华为、OPPO等厂商进军海外市场提供了可能性。但不能忘记的是,例如芯片技术、Android系统等关键知识产权依然由国外公司把持着,我国企业在创新和自主研发的路上不能有丝毫的松懈。(作者:谢飞)

2018-07-30

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。