中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

最高人民法院によるインターネットに関わる第1回目の典型的事例の発表

2018年8月18日は杭州互聯網法院(互聯網=インターネット、法院=裁判所)が設立1周年を迎えた日である。このため、最高人民法院は8月16日にインターネットに関わる第1回目の典型的事例を発表した。第1回目の事例は合計10件であり、知的財産権の紛争事件が3件含まれている。
最高人民法院の担当者によると、この10件の典型的事例には、立法の意義に従って法律を正確に理解し適用した上で、インターネット分野自体の特徴を尊重するという理念が十分に反映されており、インターネットに関わる新しいタイプの事件の裁判基準統一に対して指導的役割を果たしているという。このうち、謝某が深圳市懶人在線科技有限公司(懶人=怠け者、在線=オンライン、科技=科学技術)等を訴えた著作物の情報ネットワーク伝達権の侵害紛争事件において、法院は、オーディオブックの制作及びオンライン提供を中国の著作権法においてどのように位置づけるか、経営者はどのように著作権者から権利を得るべきか、オーディオブックの無断制作が侵害するのは著作者の複製権なのか、それとも翻案権なのか等の問題を明確にした。南京尚居装飾工程有限公司(装飾工程=インテリアデザイン)が南京飛日強装飾工程有限公司を訴えた著作権侵害及び虚偽広告の紛争事件において、法院は次のように認定した。Webサイトの剽窃行為は、Webサイト運営会社の経済的利益を損なうものである。Webサイトはソースコードによって文字、画像、音声等でマルチメディアを構成し、コンピューターの出力装置を通じて表示するものであり、Webページの素材選択、表現形式及びコンテンツ配置等が或る程度の独創性要件に達した場合には、Webサイト全体を編集著作物として保護することができる。
「上述の典型的事例は、近年中国のインターネットに関わる事件の裁判経験をよくまとめたものである。これらの典型的事例の発表によって、インターネットに関わる事件を審理する際の参考として、普及可能な裁判経験が各級の人民法院に提供され、インターネットに関わる事件の裁判実務のために探求が進められるようになり、知恵と力に寄与することが期待され、また、一般公衆自身の適法な権益の法による保護とインターネット業者の経営行為の規範化が促され、インターネット経済の健全な発展が保障されることが期待される。」と最高人民法院の担当者が述べた。(馮 飛)

2018-08-22

最高法发布首批涉互联网典型案例

本报讯 (记者冯 飞北京报道)2018年8月18日是杭州互联网法院挂牌成立一周年,为此,最高人民法院于8月16日发布了第一批涉互联网典型案例。首批案件共有10件,其中包括3件知识产权纠纷。
最高人民法院相关负责人表示,这10件典型案例在遵循立法本意、正确理解适用法律法规的前提下,充分体现了尊重互联网领域自身特点这一理念,对于统一涉互联网新类型案件的裁判标准,起到了良好的指导作用。其中,在谢某诉深圳市懒人在线科技有限公司等侵犯作品信息网络传播权纠纷案中,法院明确了制作、在线提供有声读物在我国著作权法上如何定性,经营者应当如何取得著作权人授权,未经许可制作有声读物所侵犯的是作者的复制权还是改编权等问题。在南京尚居装饰工程有限公司诉南京飞日强装饰工程有限公司著作权侵权、虚假宣传纠纷案中,法院认定了网站抄袭行为会损害网站运营企业的经济利益,网站通过源代码的撰写将文字、图片、声音等组合成多媒体并通过计算机输出设备进行展示,当网站版面的素材选取、表现形式及内容编排等达到一定独创性要求,网站整体可作为汇编作品进行保护。
“上述典型案例深入总结了近些年来我国涉互联网案件的审判经验,我们希望通过这些典型案例的发布,对各级人民法院审理涉互联网案件提供参考,为各级人民法院提供可推广的审判经验,对涉互联网案件审判实践进行有益探索,贡献智慧与力量;同时,也为社会公众依法维护自身合法权益,规范互联网从业者经营行为提供指引,保障互联网经济的健康发展。”最高人民法院相关负责人表示。

2018-08-22

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権報のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。