中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国の農業科学技術進歩寄与度が57.5%に 農業の発明特許の出願件数は世界一

中国農業農村科学技術発展サミットフォーラム2018で得た情報によると、中国の農業科学技術進歩寄与度(農業総産出額の増加率に対する農業科学技術進歩の寄与度)が2012年の53.5%から2017年には57.5%に上昇し、スーパーライス、遺伝子組換えの耐虫性綿花、鳥インフルエンザワクチン等の画期的な成果を挙げたという。また、主要農作物の優良品種がほぼ全面的に普及し、自主選択育成品種の面積が全体の95%に達しており、畜産物と水産物の品種提供力が向上しつつある。
今回のフォーラムは、農業農村部科学技術教育部門、中国農業科学院、農業農村部科学技術発展センター及び中国農学会等により開催されたものである。「中国農業農村科学技術発展報告(2012~2017)」、「世界の農業研究最前線の分析2017」等、5つの特定項目の研究報告及びシンクタンクレポートがフォーラムで発表された。
「中国農業農村科学技術発展報告(2012~2017)」によると、2017年の農作物栽培及び収穫の機械化総合レベルが67%に達したという。農業のハイテク産業の拡大により、農村の新たな産業及び業態の成長が著しくなっている。これは、国の食糧及び食品の安全に対する保障、並びに農家の増収及び農業の持続的発展に対する促進にとって、重要な役割を果たしている。報告では次の点が強調された。中国の農業農村の科学技術事業は、世界の農業科学技術最前線に向け、国の求めに応じ、近代農業構築の主戦場に向けて、農業農村のイノベーション力、及び科学技術成果の産業化レベルを向上させていくべきである。これによって、2035年までに、農業農村の技術革新の総合力が世界のトップに入り、一部の基幹分野で世界のトップレベルになり、幾つかの分野で全世界の農業科学技術の発展をリードし、中国の農村振興戦略及び農業農村科学技術の近代化を支えるようになることが期待されている。
「中国農業科学技術論文及び特許の国際競争力分析2017」によると、2014~2016年の中国の農業の発明特許の出願件数は世界一であり、しかもこの5年間の技術発展の成長率は1位を維持している。また、園芸、栽培及び播種の技術、飼料及び肥料等、複数の分野において技術の相対的優位性で1位を占めている。分析結果は、次の通りである。2014~2016年は、中国の農業分野における基礎研究が重視されて、論文数が増えており、発表論文数が世界ランキング2位である。中国の農業科学技術論文の国際影響力が大きく、論文の被引用回数が世界ランキング2位であり、分野調整被引用インパクト(CNCI)という指標で世界平均レベルを上回っている。中国の農業科学技術論文の質は、研究機関及びハイレベルな学術誌に認められており、被引用回数の多い論文数及びQ1(=インパクトファクターの順位の上位25%)区分の学術誌における発表論文数がいずれも世界2位である。分析化学及び応用化学、農業工学、並びに、食品科学及び技術等の学術分野においても成績が良い。特許の国際競争力の分析結果によると、重要特許権者世界ランキングトップ50に中国は16の機関が入っており、このうち、中国科学院は2位であり、中国農業科学院は4位であった。

2018-09-26

我国农业科技进步贡献率达57.5% 农业发明专利申请量全球第一

记者日前从2018中国农业农村科技发展高峰论坛上获悉:我国农业科技进步贡献率由2012年的53.5%提高到2017年的57.5%,取得了超级稻、转基因抗虫棉、禽流感疫苗等一批突破性成果。主要农作物良种基本实现全覆盖,自主选育品种面积占比达95%,畜禽水产供种能力不断提升。
据人民日报9月26日消息,此次论坛由农业农村部科技教育司、中国农业科学院、农业农村部科技发展中心、中国农学会等举办,论坛发布了《中国农业农村科技发展报告(2012—2017)》《2017全球农业研究前沿分析解读》等5个专项研究报告和智库报告。
《中国农业农村科技发展报告(2012—2017)》显示:2017年农作物耕种收综合机械化水平达到67%。农业高新技术产业不断壮大,带动农村新产业新业态蓬勃发展,为保障国家粮食与食品安全、促进农民增收和农业绿色发展发挥了重要作用。报告强调,我国农业农村科技工作要面向世界农业科技前沿、面向国家重大需求、面向现代农业建设主战场,不断提升农业农村自主创新能力和科技成果转化应用水平,力争到2035年,农业农村科技创新整体实力进入世界前列,部分关键领域居世界领先水平,若干领域引领全球农业科技发展,全面支撑我国乡村振兴战略和农业农村科技现代化发展。
《2017中国农业科技论文与专利全球竞争力分析》显示:2014—2016年间,我国农业发明专利申请量全球第一,且近5年技术发展增速保持第一;同时在园艺、种植和播种技术、饲料和肥料几个领域相对技术优势排名第一。分析结果显示:2014—2016年间,我国农业领域基础研究受到重视,论文产量不断提高,总发文量全球排名第二;我国农业科技论文的国际影响力较高,论文总被引频次排名全球第二,学科规范化引文影响力指标高于全球平均水平;我国农业科技论文产出质量受到研究同行和高级别期刊的高度认可,高被引论文发表量和Q1期刊论文发表量均在全球排名第二;在分析化学与应用化学、农业工程以及食品科学与技术等学科领域表现突出。专利全球竞争力分析结果显示:中国有16家机构进入全球前五十重要专利权人排名,其中中国科学院排名第二;中国农业科学院排名第四。

2018-09-26

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。