中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

北京知識産権法院が受理した事件は5万件を超える

北京知識産権法院(知識産権=知的財産、法院=裁判所)が2014年11月6日に開設されてから今年の10月末までに受理した各種知財事件は合計50739件であり、受理件数の年間平均成長率は30%を超えている。
北京知識産権法院の王金山院長の説明によると、法院が受理した各種知財事件は、第一審の事件の多さ、技術系の事件の難しさ、海外及び香港、マカオ、台湾に係る事件の多さ等の特徴があるという。同じ時期に北京知識産権法院が結審した各種知財事件は合計37999件であり、結審件数の年間平均成長率は50%を超えている。
各種知財事件のうち、特許(発明特許、実用新案及び意匠を含む)事件は専門技術性がより高く、技術革新との関係がより密接であり、イノベーション型国家の構築にとってもより重大な意義を持つと王金山院長は述べた。北京知識産権法院が全国の特許の権利付与、権利確定紛争の司法事件を第一審で集中的に受理することは、裁判尺度の不統一等の問題を司法保護制度上で解決し、知的財産裁判の質・効率を向上させ、知的財産の司法ルートによる保護力を強化し、司法の信頼性を引き上げるのに有益である。
詳細には、この4年間で北京知識産権法院が受理した各種特許事件は合計7078件である。このうち、特許民事事件が3割近くを占め、特許行政事件が7割近くを占めており、合計で受理件数全体の13.9%を占めている。同じ時期に結審した特許事件は合計3939件である。このうち、特許民事事件が4割近くを占め、特許行政事件が6割近くを占めており、合計で結審件数全体の10.4%を占めているという。

2018-11-12

北京知识产权法院受理案件超5万

摘要:北京知识产权法院从2014年11月6日挂牌成立至今年10月底,共受理各类知识产权案件50739件,收案数年均增长超过30%。
记者从北京知识产权法院获悉,从2014年11月6日挂牌成立至今年10月底,这家法院共受理各类知识产权案件50739件,收案数年均增长超过30%。
北京知识产权法院院长王金山介绍,法院受理各类知识产权案件呈现一审案件多、技术类案件难、涉外及涉港澳台地区案件多等特点。同期,北京知识产权法院共审结各类知识产权案件37999件,结案数年均增速超50%。
王金山表示,在各类知识产权案件中,以专利案件的专业技术性更强,与科技创新的关系更为紧密,对于创新型国家建设的意义也更为重要。北京知识产权法院一审集中受理全国专利授权确权纠纷司法案件,有利于从司法保护机制上解决裁判尺度不统一等问题,提高知识产权审判质量和效率,加大知识产权司法保护力度,提升司法公信力。
据介绍,四年来,北京知识产权法院共受理各类专利案件7078件,其中专利民事案件占比近三成,专利行政案件占比近七成,共占收案总数的13.9%。同期共审结专利案件3939件,专利民事案件占比近四成,专利行政案件占比近六成,共占结案总数的10.4%。

2018-11-12

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。