中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

世界知的所有権機関の「世界知的財産権指標」年次報告の発表

世界知的所有権機関が12月3日に「世界知的財産権指標(WIPI)」年次報告を発表した。報告によると、2017年に世界全体で317万件の特許出願があり、8年連続で増加しており、増加幅が5.8%であるという。
データによると、2017年の世界の商標出願件数は全体で1239万件であり、意匠出願件数は全体で124万件である。上述した各種知的財産権の中国の出願件数はいずれも世界一である。
「知的財産保護に対するニーズの高まりは世界経済の伸びを上回っており、これは知的財産権で支持されるイノベーションが競争とビジネス活動においてますます重要な構成部分になっていることを示している。」と世界知的所有権機関のフランシス・ガリ事務局長が述べた。「わずか数十年の間に中国ではゼロから知的財産制度が作り上げられ、自国のイノベーションが奨励され、世界の知的財産のリーダーの一員に加わり、今では世界の知的財産出願の増加を促進している。」
なお、世界の植物新品種の出願件数は2017年に11.7%増加して、18490件となっており、82の国及び地域の主務機関のデータによると、2017年、保護されている地理的表示(GI)が合計で約59500件あるという。
また、アジアは特許出願の最も活発な地域としての地位が固められた。2017年、アジアの各主務官庁で受理された特許出願は世界の出願件数全体の65.1%を占めており、2007年の49.7%に比べると著しく増加している。この変化は主に中国の経済成長の促進に利益を受けたものである。(操秀英)

2018-12-04

世界知识产权组织发布《世界知识产权指标》年度报告

世界知识产权组织3日发布了《世界知识产权指标》年度报告。报告显示,2017年全球共提交了317万件专利申请,连续第八年实现增长,涨幅为5.8%。
数据显示,2017年,全球商标申请总量为1239万件,而工业品外观设计的申请总量为124万件。中国以上各类知识产权的申请量都位列世界第一。
“对知识产权保护的需求增速超过了全球经济增速,这表明由知识产权所支持的创新成为竞争和商业活动中愈发重要的组成部分,”世界知识产权组织总干事弗朗西斯·高锐说,“在短短几十年中,中国从无到有建立了知识产权制度,鼓励本土创新,并加入了全球知识产权引领者的行列——如今正在推动全球知识产权申请的增长。”
此外,全球植物品种申请量在2017年增长了11.7%,达到18490件,而来自82个国家和地区主管机构的数据显示,2017年共有约59500个受保护的地理标志(GI)。
同时,亚洲作为专利申请最活跃地区的地位得到了巩固。2017年,亚洲各主管局受理的专利申请占全球申请总量的65.1%——相比2007年的49.7%增幅显著。这一变化主要受益于中国经济增长的推动。(记者 操秀英)

2018-12-04

上記ニュースの中国語(原文)は、科技日報のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。