中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

「知的財産権紛争の行為保全事件の審査における法律適用に係る若干の問題に関する最高人民法院の規定」記者会見(抄訳)

(省略)
2018年11月26日の最高人民法院(裁判所)の裁判委員会第1755回全体会議において「知的財産権紛争の行為保全事件の審査における法律適用に係る若干の問題に関する最高人民法院の規定」(以下、「行為保全規定」という)が検討され、採択された。この規定は2019年1月1日に施行される。以下、「行為保全規定」の制定の背景及び主な内容について簡潔に説明する。

一、「行為保全規定」の制定の背景及び過程
中国では1980年代に民事訴訟分野で財産保全制度と証拠保全制度が確立されていたが、行為保全の関連規定は2012年に改正された民事訴訟法で新設された内容である。
2001年に中国がWTOに加盟した後、「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定」(以下、「TRIPS協定」という)の関係規定に基づいて、特許法、商標法及び著作権法等の知的財産権の法律を改正した際に、行為保全の規定(すなわち、権利者及び利害関係者は、他人が侵害行為を実施しているか、又はまもなく実施することを証明する証拠があり、遅滞なく阻止しなければその適法な権益が償うことが困難な損害を受ける場合には、訴えを提起する前に、関係行為を差し止める措置を講ずるように法院に申し立てることができる)を追加して、申立条件及び審査基準、解除条件等を規定した。最高人民法院は、2001年6月と2002年1月に立て続けに「訴訟前の特許権侵害行為差止めの法律適用問題に関する最高人民法院の若干規定」と「訴訟前の登録商標専用権侵害行為の差止め及び証拠保全に対する法律適用問題に関する最高人民法院の解釈」(以下、「訴訟前侵害差止めの2つの司法解釈」と総称する)を発表した。したがって、2012年改正の民事訴訟法の施行前に、行為保全は「海事訴訟特別手続法」に規定された海事強制令のほかに、主に知的財産分野で適用されていたと言うことができる。つまり、知的財産権を侵害する関係行為を訴訟前に差し止める措施である。おおまかな統計によると、過去5年間に全国の法院でそれぞれ受理された知的財産権に係る訴訟前の侵害差止め事件は157件であり、裁定支持率が98.5%であり、訴訟中の侵害差止め事件は75件であり、裁定支持率が64.8%である。知的財産権の行為保全事件の件数は少ないが、行為保全措置により、知的財産権が侵害を受けた際にこれを遅滞なく救済することができるようになるので、この制度は知的財産権の権利者とその他経営者からますます重視されるようになってきており、多くの事件が社会的関心を集めている。
知的財産侵害行為の訴訟前差止め事件の人民法院による正確な審査にとって、訴訟前侵害差止めの2つの司法解釈は重要な役割を担っている。改正民事訴訟法の行為保全に関する規定により、行為保全の法律適用のためにより強力な法的根拠が与えられた。裁判の経験をまとめ、裁判実務における新しい状況と新しい問題を解決し、知的財産権及び競争に係る紛争の分野における行為保全制度の実施を更に整備するために、改正民事訴訟法の行為保全に関する規定に基づき、最高人民法院は2013年の年初にプロジェクトを立ち上げてこの司法解釈を制定することを決定した。
(省略)
二、「行為保全規定」の起草の原則
調査研究と起草の過程では、次の3つの原則を堅持した。
第一に、遅滞のない保護と確実で妥当な保護とを考慮するという原則の堅持である。物権の客体に対して知的財産権の客体には独占性がなく、侵害を受けると原状を回復するのが難しく、知的財産権の権利者が訴訟に勝ったとしても、市場競争の強みを既に失っているか、又は営業秘密の情報が既に漏洩しているおそれがある。「行為保全規定」は、一方では、知的財産権等の適法な権益を遅滞なく十分かつ効果的に保護するために、行為保全申立ての審査手続の迅速性、即応性の解決に注目しており、例えば第6条では「緊急な状況」の認定を明確化している。他方では、申立人が訴権を濫用して行為保全を申し立て、不正競争を行うか、又は公共の利益を損なうのを防止するために、行為保全の申立を審査する考慮要素、申立てに誤りがある場合の認定に対する客観的帰責の採用等の内容も明確化している。
第二に、種別毎の施策の原則の堅持である。すなわち、知的財産権のそれぞれの種類を区別して、適切に行為保全措置を講じる。著作権、特許権、商標権等のそれぞれの権利発生の基礎及び条件が異なるので、保全措置を講ずるか否かを判断する場合にはそれぞれの要件を有すべきである。例えば、著作権、商標権に係る行為保全事件については、事実が明確であり、証拠が十分である場合には、遅滞なく効果的な措置を講じて侵害を阻止し、権利者の権利保護コストを低減させるべきである。特許権侵害等の事件について比較的複雑な技術の比較をしてから判定を下すことができるようにする必要がある場合には、企業の正常な経営を維持するように、行為保全措置を慎重に講ずるべきである。「行為保全規定」の第6条の「緊急な状況」に関する認定、第8条の「知的財産権の効力の確実性」に関する審査判断、第10条の「償うことが困難な損害」に関する認定ではいずれも知的財産権の種類又は属性が考慮されており、さらに、第9条では実体審査を受けない実用新案、意匠を根拠として申し立てる行為保全についてより厳格な要件が提示されている。
第三に、予測性と実現可能性とを考え合わせる原則の堅持である。「行為保全規定」は、中国の知的財産権に係る行為保全の実務経験をまとめ、TRIPS協定を遵守し、海外の関連制度を参考とした上で、訴訟前侵害差止めの2つの司法解釈と民事訴訟法の行為保全の関係規定とを発展させて整備したものであり、より確実に実行可能な基準を与えている。起草の過程において、多数の事例を収集し、広く意見を聴取し、終始、司法解釈の予測性と実現可能性に注意してきた。司法実務で早急に解決すべき問題については、十分に論証した上で明確にしており、例えば、「行為保全規定」第5条の規定によると、行為保全措置を講ずるには審尋を原則としなければならず、審尋しないのは例外とされている。また、「行為保全規定」第16条では、申立てに誤りがある場合の認定に対する客観的帰責の原則の採用が明確にされている。司法実務で事例が少ないか、又は論争が大きくなるかもしれない問題については、例えば、独占禁止に係る紛争による行為保全事件における「償うことが困難な損害」の認定、及び独占禁止に係る紛争における行為保全申立てに誤りがある場合の認定に対する原告の敗訴の影響等の問題については、「行為保全規定」では具体的に規定されておらず、人民法院が「行為保全規定」の全体的な趣旨に基づいて今後の具体的な事件から引き続き模索することができる。
三、「行為保全規定」の主な内容
「行為保全規定」は全21条であり、主に4つの方面の内容を含んでいる。
第一に、手続的規則に関するものであり、これには、申立ての主体、管轄法院、申立書及び記載事項、審査の手順、再議等が含まれている。民事訴訟法第100条及び第101条の規定によると、緊急な状況で申し立てた行為保全について、人民法院は申立受理後48時間内に裁定しなければならない。「行為保全規定」第6条には、「緊急な状況」に該当するいくつかの場合が列挙されており、また、緊急な状況とは「保全措置を直ちに講じなければ申立人の利益が十分に損なわれる」場合でなければならないと明確化されている。緊急でない状況の訴訟中の行為保全申立てについて、民事訴訟法では審査期間が明確に規定されていないが、人民法院は遅滞なく審査し、裁定しなければならず、さもなければ、行為保全が手続的救済として本来有すべき適時性に影響し得る。
第二に、実体的規則に関するものであり、これには、行為保全の必要性の考慮要素、行為保全措置の効力期間等が含まれている。「行為保全規定」第7条には、行為保全の申立ての審査で考慮すべき5つの要素が規定されている。第8条~第10条では、第7条の適用のために、更に運用性のある判断方法又は認定基準を与えている。第9条は実用新案権及び意匠権に基づく行為保全の申立てについてより厳格な要件を提示しており、第10条は行為保全の申立てを審査する際の中心的な考慮要素である「償うことが困難な損害」の具体的な場合を規定している。
第三に、行為保全の申立てに誤りがある場合の認定、及び誤りのある申立てにより誘発される賠償訴訟の管轄、行為保全措置の解除等に関するものである。「行為保全規定」第16条は、行為保全の申立てに誤りがある具体的な場合を規定しており、申立てに誤りがある場合の認定には客観的帰責の原則が採用され、一般の民事の侵害で適用される過失の帰責とは異なっている。「行為保全規定」第17条は行為保全措置の解除に関する規定である。この規定によると、法院は、審査の結果、民事訴訟法司法解釈第166条に規定される事由に適合しさえすれば、5日内に解除を裁定しなければならない。これは保全(財産保全及び行為保全を含む)を解除する具体的な事由に関する民事訴訟法司法解釈の規定とよく整合が取れている。民事訴訟法司法解釈では保全を解除すべき事由の1つが「保全の誤りの場合」であると規定されており、申立てに誤りがある場合が保全の誤りの1つに該当している。したがって、申立てに誤りがある場合には、保全措置を遅滞なく解除しなければならない。
第四に、種類の異なる保全を同時に申し立てた場合の取扱い、申立手数料等の他の問題である。司法実務では行為保全、財産保全又は証拠保全を同時に申し立てる場合があり、「行為保全規定」第19条では、人民法院は、それぞれの種類の保全が民事訴訟法及び関連する司法解釈に規定された条件に適合するか否かをそれぞれ審査しなければならないと明確に要求されている。申立手続料については、「申立人による行為保全の申立ては、行為保全措置の申立てに関する「訴訟費用納付弁法」(弁法=規則)の規定に従って申立手数料を納付しなければならない。」と「行為保全規定」第20条で規定されている。
つまり、「行為保全規定」は、真剣に裁判の実務経験をまとめ、行為保全制度を整備し、知的財産権の保護力を強化するという点で最高人民法院が採用した重要な施策である。この司法解釈の発表と実施は、技術革新の促進、文化の繁栄、誠実な経営及び公正な競争にとって重要なプラスの役割を果たすであろう。
(省略)

2018-12-13

《最高人民法院关于审查知识产权纠纷行为保全案件适用法律若干问题的规定》新闻发布会

各位记者:
大家上午好!今天新闻发布会的主题是向大家通报《最高人民法院关于审查知识产权纠纷行为保全案件适用法律若干问题的规定》(以下简称《行为保全规定》)的有关情况。
2018年11月26日,最高人民法院审判委员会第1755次全体会议讨论通过了《行为保全规定》,本规定将于2019年1月1日施行。下面,我对《行为保全规定》的制定背景以及主要内容作一简要介绍。
一、《行为保全规定》的制定背景和过程
早在上世纪八十年代我国民事诉讼领域就确立了财产保全和证据保全制度,但行为保全的相关规定则是2012年修订后的民事诉讼法新增加的内容。
2001年我国加入世界贸易组织后,根据《与贸易有关的知识产权协议》(以下简称TRIPS协议)的相关规定,在后来修订专利法、商标法和著作权法等知识产权法律时,增加了行为保全的规定,即权利人和利害关系人有证据证明他人正在实施或者即将实施侵权行为,如不及时制止将使其合法权益受到难以弥补的损害的,可以在起诉前向法院申请采取责令停止有关行为的措施,并规定了申请条件和审查标准、解除条件等。最高人民法院亦于2001年6月、2002年1月先后颁布了《最高人民法院关于对诉前停止侵犯专利权行为适用法律问题的若干规定》和《最高人民法院关于诉前停止侵犯注册商标专用权行为和保全证据适用法律问题的解释》(以下统称为两个诉前停止侵权司法解释)。因此,可以说在2012年修订的民事诉讼法施行之前,行为保全除了《中华人民共和国海事诉讼特别程序法》规定的海事强制令外,主要在知识产权领域适用,即诉前责令停止有关侵犯知识产权行为的措施。据不完全统计,过去五年间,全国法院分别受理知识产权诉前停止侵权和诉中停止侵权案件157件和75件,裁定支持率分别为98.5%和64.8%。知识产权行为保全案件虽然数量较少,但行为保全措施能够使知识产权受到侵害时获得及时救济,该项制度越来越受到知识产权权利人以及其他经营者的重视,许多案件也倍受社会关注。
对于人民法院正确审查诉前责令停止侵害知识产权行为案件,两个诉前停止侵权司法解释发挥了重要作用。修订后的民事诉讼法关于行为保全的规定,为行为保全的法律适用提供了更加有力的法律依据。为总结审判经验,解决审判实践中出现的新情况和新问题,进一步完善行为保全制度在知识产权与竞争纠纷领域的实施,根据修订后的民事诉讼法关于行为保全的规定,最高人民法院在2013年初决定立项,制定本司法解释。
在起草《行为保全规定》过程中,我们分别征求了全国人大法工委、原国务院法制办、国家发展改革委员会、原国家工商行政管理总局、国家知识产权局、海关总署、新闻出版广电总局等有关国家机关、本院相关庭室和地方人民法院的意见,充分听取了专家学者、律师、中外企业以及行业协会或相关机构的意见,并通过中国法院网向社会公开征求意见,取得了广泛共识。
二、《行为保全规定》的起草原则
在调研和起草的过程中,我们坚持以下三个原则:
一是坚持及时保护与稳妥保护兼顾原则。相对于物权客体而言,知识产权客体不具有独占性,受到侵害后难以恢复原状,即便知识产权权利人经过诉讼赢得官司,却可能早已丧失市场竞争优势,或者商业秘密信息已经泄露。为充分及时有效保护知识产权等合法权益,《行为保全规定》一方面关注解决行为保全申请审查程序的便捷、快速,如第六条明确了“情况紧急”的认定。另一方面,为防止申请人滥用诉权申请行为保全进行不正当竞争或者损害公共利益,也明确了审查行为保全申请的考量因素、申请有错误的认定采用客观归责等内容。
二是坚持分类施策原则。即区分知识产权的不同类型,妥善采取行为保全措施。由于著作权、专利权、商标权等不同权利产生的基础和条件不同,在判断是否采取保全措施时应当有不同的要求。例如,对于涉及著作权、商标权的行为保全案件,事实清楚、证据充分的,应及时采取有效措施制止侵权,降低权利人的维权成本;对于侵害专利权等案件需要进行较为复杂的技术比对才能作出判定的,应慎重采取行为保全措施,以维护企业的正常经营。《行为保全规定》第六条关于“情况紧急”的认定、第八条关于“知识产权效力稳定”的审查判断、第十条关于“难以弥补的损害”的认定,均考虑了知识产权的类型或者属性,第九条更是对依据不经过实质审查的实用新型专利、外观设计专利申请行为保全提出了更为严格的要求。
三是坚持前瞻性与现实可行性相结合原则。《行为保全规定》在总结我国知识产权行为保全实践经验以及遵守TRIPS协议、借鉴域外相关制度的基础上,对两个诉前停止侵权司法解释以及民事诉讼法有关行为保全的规定予以发展完善,提供了更加切实可行的标准。在起草过程中,我们搜集了大量案例,广泛听取意见,始终注意司法解释的前瞻性和现实可行性。对于司法实践中急需解决的问题,在充分论证的基础上予以明确,如根据《行为保全规定》第五条规定,采取行为保全措施应当以询问为原则,以不询问为例外,《行为保全规定》第十六条则明确了申请有错误的认定采用客观归责原则;对于司法实践中欠缺案例支撑或者可能有较大争议的问题,如反垄断纠纷引发的行为保全案件中“难以弥补的损害”的认定以及反垄断纠纷中原告败诉对于申请行为保全有错误的认定的影响等问题,《行为保全规定》未作具体规定,人民法院可以根据《行为保全规定》的总体精神在将来的具体案件中继续进行探索。
三、《行为保全规定》的主要内容
《行为保全规定》共21条,主要包括四个方面内容:
一是程序性规则,包括申请主体、管辖法院、申请书及载明事项、审查程序、复议等。根据民事诉讼法第一百条和第一百零一条规定,情况紧急下申请的行为保全,人民法院必须在接受申请后四十八小时内作出裁定。《行为保全规定》第六条列举了属于“情况紧急”的几种情况,同时明确了情况紧急应当是“不立即采取保全措施即足以损害申请人利益”的情况。对于非紧急情况的诉中行为保全申请,民事诉讼法未明确规定审查期限,但是,人民法院也应当及时进行审查并作出裁定,否则将会影响行为保全作为一项程序性救济所本应具备的及时性。
二是实体性规则,包括行为保全必要性的考量因素、行为保全措施的效力期限等。《行为保全规定》第七条规定了审查行为保全申请应当考量的五项因素。第八条至第十条为第七条的适用提供了更具操作性的判断方法或者认定标准。第九条对依据实用新型和外观设计专利权申请行为保全提出更为严格的要求,第十条规定了在审查行为保全申请时的关键考量因素即“难以弥补的损害”的具体情形。
三是行为保全申请有错误的认定及因申请有错误引发的赔偿诉讼的管辖、行为保全措施的解除等。《行为保全规定》第十六条规定了属于申请行为保全有错误的具体情形,对申请有错误的认定采取了客观归责原则,与普通民事侵权中适用的过错归责不同。《行为保全规定》第十七条是关于行为保全措施的解除的规定,根据该条规定,法院经审查,只要符合民事诉讼法司法解释第一百六十六条规定的情形,就应当在五日内裁定解除。这就与民事诉讼法司法解释关于解除保全(包括财产保全和行为保全)的具体情形的规定很好地衔接起来。民事诉讼法司法解释规定应当解除保全的情形之一为“保全错误的”,申请有错误属于保全错误的一种。因此在申请有错误的情况下,应当及时解除保全措施。
四是同时申请不同类型保全的处理、申请费等其他问题。在司法实践中,有同时申请行为保全、财产保全或者证据保全的情况,《行为保全规定》第十九条明确要求人民法院应当分别审查不同类型的保全是否符合民事诉讼法及相关司法解释规定的条件。在申请费方面,《行为保全规定》第二十条规定,“申请人申请行为保全,应当依照《诉讼费用交纳办法》关于申请采取行为保全措施的规定交纳申请费。”
总之,《行为保全规定》是最高人民法院在认真总结审判实践经验、完善行为保全制度、加大知识产权保护力度方面采取的重要举措。该司法解释的发布和实施,对于促进科技创新、文化繁荣、诚信经营以及正当竞争将发挥重要的积极作用。
谢谢大家!

2018-12-13

上記ニュースの中国語(原文)は、中国最高人民法院網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。