中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

最高人民法院による司法解釈の発表:営業秘密等の知的財産に対する緊急の行為保全の申立てが可能

知的財産分野において行為保全制度は珍しいものではない。つまり、知的財産権を侵害する関係行為を訴訟前に差し止める措施である。先日、福建省福州市中級人民法院(裁判所)が、アップルの中国子会社4社に対して2つの仮差止命令を出してクアルコムの特許2件を侵害しているアップルのスマホの中国国内における輸入及び販売行為を直ちに差し止めるように求めるクアルコムの請求を承認した。この決定は社会的関心を集めている。
実務において、知的財産権が侵害を受けると、知的財産権の権利者が訴訟に勝ったとしても、市場競争の強みを既に失っているか、又は営業秘密の情報が既に漏洩しているおそれがある。おおまかな統計によると、過去5年間に全国の法院でそれぞれ受理された知的財産権に係る訴訟前の侵害差止め事件は157件であり、裁定支持率が98.5%であり、訴訟中の侵害差止め事件は75件であり、裁定支持率が64.8%である。
先日、最高人民法院により「知的財産権紛争の行為保全事件の審査における法律適用に係る若干の問題に関する規定」が発表されて、知的財産権及び競争に係る紛争の分野における行為保全制度が更に整備された。この司法解釈は2019年1月1日から施行された。
「知的財産権の行為保全事件の件数は少ないが、行為保全措置により、知的財産権が侵害を受けた際にこれを遅滞なく救済することができるようになるので、この制度は知的財産権の権利者とその他経営者からますます重視されるようになってきている。」と最高人民法院民事裁判第3法廷の裁判長である宋暁明氏が述べた。
「王老吉が加多宝に名称変更した」(訳注:王老吉、加多宝は涼茶という漢方飲料のブランド)及びこれに類似した他のキャッチコピーの使用の広東加多宝飲料食品有限公司(公司=会社)に対する差止めを求める広州医薬集団有限公司の申立て(2012年)、自社の著名な役務の固有の名称である「中国好声音」(好声音=素敵な歌声)等の番組名としての上海燦星文化伝播有限公司等による使用の差止めを求める浙江唐徳影視股份有限公司(股份=株式)の申立て(2016年)等、これらの事件は全て人民法院の支持を得た。
説明によると、この司法解釈は、一方では、行為保全申立ての審査手続の迅速性、即応性の解決に注目しており、例えば「緊急な状況」の認定を明確化している。他方では、申立人が訴権を濫用して行為保全を申し立て、不正競争を行うか、又は公共の利益を損なうのを防止するために、行為保全の申立てを審査する考慮要素、申立てに誤りがある場合の認定に対する客観的帰責の採用等の内容も明確化している。また、知的財産権のそれぞれの種類を区別して、適切に行為保全措置を講じるように規定されている。
司法解釈において、民事訴訟法の規定によると、緊急な状況で申し立てた行為保全について、人民法院は申立受理後48時間内に裁定しなければならないことが明確化されている。「緊急な状況」には次の場合が含まれる。申立人の営業秘密が不正に開示されるであろう場合;公表権、プライバシー権等の申立人の人格権が侵害を受けるであろう場合;係争の知的財産権が不正に処分されるであろう場合;展示即売会等の適時性の高い場所で申立人の知的財産権が侵害されているか、又は侵害を受けるであろう場合;適時性の高い人気番組で侵害されているか、又は侵害を受けるであろう場合;その他の行為保全措置を直ちに講じる必要がある場合。
「営業秘密については、2012年の改正民事訴訟法が実施されるまで、営業秘密の侵害差止めを申し立てる権利が法的には権利者に与えられていなかった。しかしながら、営業秘密の紛争は知的財産権及び不正競争に係る分野に属しているので、訴訟前の行為保全を適用するか否かが注目されてきた。」営業秘密の侵害紛争における行為保全措置は、侵害行為を遅滞なく阻止して権利者が受ける損害を防止する重要性がより高いと、最高人民法院民事裁判第3法廷の副裁判長である王闖氏が述べた。2012年の民事訴訟法が施行されてから、権利者は行為保全措置によって遅滞なくかつ効果的に営業秘密を保護することができるようになった。
司法解釈の規定によると、人民法院が行為保全の申立の審査で考慮する要素には次の点が含まれる。保護を求める知的財産権の效力が安定しているか否かを含む、申立人の請求に事実の基礎及び法的根拠があるか否か;行為保全措置を講じなければ、申立人の適法な権益が償うことが困難な損害を受けるか否か、又は事件の裁決の執行が困難になる等の損害をもたらすか否か;行為保全措置を講じないことで申立人にもたらされる損害が、行為保全措置を講じることで被申立人にもたらされる損害を上回るか否か;行為保全措置を講じることで社会公共の利益が損なわれるか否か;考慮すべきその他の要素。
また、最高人民法院は同時に、中国サッカースーパーリーグで撮影した写真を公衆に提供することを差し止める事件、銭鍾書氏直筆の手紙及び原稿の競売差止めを求める楊季康が申し立てた事件、米国イーライリリーアンドカンパニー等と黄某某との営業秘密の侵害紛争における訴訟中の行為保全事件、「網易雲音楽」(NetEase Cloud Music)の情報ネットワーク伝達権の侵害紛争における訴訟前の行為保全事件、許賛有の特許権侵害差止めの申立てによる損害責任紛争事件の5件の知的財産権に係る紛争の行為保全の典型的な事例を発表した。(李万祥)

2019-01-04

最高法发布司法解释:商业秘密等知识产权可申请紧急保全

摘要:最高人民法院近日对外发布《关于审查知识产权纠纷行为保全案件适用法律若干问题的规定》,进一步完善了行为保全制度在知识产权与竞争纠纷领域的实施。该司法解释于2019年1月1日起施行。
最高法发布司法解释
商业秘密等知识产权可申请紧急保全
行为保全制度在知识产权领域较为常见,即诉前责令停止有关侵犯知识产权行为的措施。日前,福建福州中级人民法院批准高通要求对苹果的4家中国子公司提出两项初步禁令,立即停止侵犯两项高通专利的苹果手机在中国境内进口及销售行为。这一决定引起社会关注。
实践中,知识产权一旦被侵犯,即便知识产权权利人经过诉讼赢得官司,却可能早已丧失市场竞争优势,或者商业秘密信息已经泄露。据不完全统计,过去5年间,全国法院分别受理知识产权诉前停止侵权和诉中停止侵权案件157件和75件,裁定支持率分别为98.5%和64.8%。
最高人民法院近日对外发布《关于审查知识产权纠纷行为保全案件适用法律若干问题的规定》,进一步完善了行为保全制度在知识产权与竞争纠纷领域的实施。该司法解释于2019年1月1日起施行。
“知识产权行为保全案件虽然数量较少,但行为保全措施能够使知识产权受到侵害时获得及时救济,该项制度越来越受到知识产权权利人以及其他经营者的重视。”最高法民三庭庭长宋晓明说。
2012年,广州医药集团有限公司申请责令广东加多宝饮料食品有限公司不得使用“王老吉改名为加多宝”及其他类似广告语;2016年,浙江唐德影视股份有限公司申请责令上海灿星文化传播有限公司等停止将其知名服务的特有名称“中国好声音”等作为节目名称使用等,这些案件都得到了人民法院的支持。
据介绍,即将施行的司法解释一方面关注解决行为保全申请审查程序的便捷、快速,如明确了“情况紧急”的认定;另一方面,为防止申请人滥用诉权申请行为保全实施不正当竞争或者损害公共利益,也明确了审查行为保全申请的考量因素、申请有错误的认定采用客观归责等内容。同时,该规定区分知识产权的不同类型,妥善采取行为保全措施。
司法解释明确,根据民事诉讼法规定,情况紧急下申请的行为保全,人民法院必须在接受申请后48小时内作出裁定。“情况紧急”包括:申请人的商业秘密即将被非法披露;申请人的发表权、隐私权等人身权利即将受到侵害;诉争的知识产权即将被非法处分;申请人的知识产权在展销会等时效性较强的场合正在或者即将受到侵害;时效性较强的热播节目正在或者即将受到侵害;其他需要立即采取行为保全措施的情况。
“对于商业秘密来说,在2012年修订的民事诉讼法实施之前,法律没有赋予权利人申请责令停止侵害商业秘密的权力。但因为商业秘密的纠纷属于知识产权和不正当竞争领域,因而是否适用诉前行为保全一直广受关注。”最高法民三庭副庭长王闯说,对于商业秘密侵权纠纷中的行为保全措施,更具有及时制止侵权行为、防止权利人受损害的重要性。2012年民事诉讼法施行以后,权利人可以借助行为保全措施有效及时保护其商业秘密。
按照司法解释规定,人民法院审查行为保全申请将考量的因素包括:申请人的请求是否具有事实基础和法律依据,包括请求保护的知识产权效力是否稳定;不采取行为保全措施是否会使申请人合法权益受到难以弥补的损害或者造成案件裁决难以执行等损害;不采取行为保全措施对申请人造成的损害是否超过采取行为保全措施对被申请人造成的损害;采取行为保全措施是否损害社会公共利益;其他应当考量的因素。
最高法同时发布了5个知识产权纠纷行为保全典型案例,包括禁止向公众提供中超联赛摄影作品案、杨季康申请责令停止拍卖钱钟书书信手稿案、美国礼来公司等与黄某某侵害商业秘密纠纷诉中行为保全案、“网易云音乐”侵害信息网络传播权诉前行为保全案、许赞有因申请停止侵害专利权损害责任纠纷案。(记者:李万祥)

2019-01-04

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。