中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

国家知識産権局による2018年主要業務の統計データ及び関連状況の発表

1月10日、国家知識産権局(知識産権=知的財産)により2019年第1四半期の定例記者会見が北京で行われた。詳細には、これは国家知識産権局今年初の記者会見であり、特許(訳注:発明特許、実用新案、意匠を含む)、商標、地理的表示及び集積回路レイアウトデザインの年次統計データがまとめて発表されたという。
データによると、2018年は中国知的財産の主な指標が着実に伸び、知的財産の総合的な実力が更にステップアップしたことが示されている。

主要統計データ
特許について
2018年、中国の発明特許の出願件数は154.2万件である。発明特許の権利付与件数は合計43.2万件であり、このうち、国内の発明特許の権利付与件数は34.6万件である。権利が付与された国内発明特許のうち、職務発明は32.3万件で93.3%を占めており、非職務発明は2.3万件で6.7%を占めている。
2018年、中国発明特許権利付与件数ランキングの上位3位の中国(香港、マカオ及び台湾を含まない)企業は、華為技術有限公司(ファーウェイ)(3369件)、中国石油化工股份有限公司(シノペック)(2849件)、広東欧珀移動通信有限公司(OPPO)(2345件)の順である。
2018年末現在、中国国内(香港、マカオ及び台湾を含まない)の発明特許保有件数は合計160.2万件であり、人口1万人当たりの発明特許保有件数は11.5件に達している。中国人口1万人当たりの発明特許保有件数ランキングの上位3位の省(区、市)は、北京市(111.2件)、上海市(47.5件)、江蘇省(26.5件)の順である。
2018年、PCT国際出願の受理件数は合計5.5万件(同期比9.0%増)である。このうち、国内からの出願は5.2万件(同期比9.3%増)である。PCT国際出願が1000件を超えた上位3位の省(市、区)は、広東省(2.53万件)、北京市(0.65万件)、江蘇省(0.55万件)の順である。
2018年の1年間に審査が終了した件数は、発明特許出願が80.8万件であり、実用新案出願が187.4万件であり、意匠出願が66.7万件であり、価値の高い発明特許の審査期間は10%短縮され、審査の責任を問われた苦情申立ては同期比で52%低下した。特許拒絶査定不服審判請求の件数は3.8万件であり、審判終結件数は2.8万件である。無効審判請求の件数は0.5万件であり、審判終結件数は0.4万件である。
商標について
2018年、中国の商標登録出願件数は737.1万件である。商標登録件数は500.7万件であり、このうち、国内の商標登録件数は479.7万件である。2018年末現在、中国国内の有効登録商標件数(中国における外国からの登録及びマドリッド制度による登録を含まない)は1804.9万件に達しており、市場主体(market entity)1万社当たりの商標保有件数は1724件に達している。
2018年、マドリッド制度による国際商標登録出願件数は6594件である。2018年末現在、マドリッド制度による中国出願人の有効な国際商標登録件数は3.1万件(同期比23.5%増)である。
2018年、商標登録出願の審査終了件数は804.3万件であり、商標登録の平均審査期間は6か月以内に短縮され、国務院の「放管服」改革(訳注:放管服は「行政簡素化」、「監督管理の強化」及び「サービスの合理化」の略称)の年次目標が52日前倒しで達成された。受理された各種の商標審判事件は合計32.2万件であり、審判終結件数は26.5万件である。商標拒絶査定不服審判事件の審理期間は7か月以内に短縮された。
地理的表示(GI)について
2018年、認可されて保護されている地理的表示産品は67種類であり、地理的表示商標の登録件数は961件であり、地理的表示産品の専用マークの使用が許可された企業は223社である。2018年末現在、認可されている地理的表示産品は累計2380種類であり、地理的表示商標の登録件数は累計4867件であり、専用マークの使用が許可されている企業は8179社である。
集積回路レイアウトデザインについて
2018年、中国知識産権局が受理した集積回路レイアウトデザインの登録出願は合計4431件(同期比37.3%増)であり、集積回路レイアウトデザインの証書発行数は3815件(同期比42.9%増)である。
知的財産の保護及び運用について
2018年、全国の特許行政機関による取扱い事件は全体で77276万件(同期比15.9%増)である。このうち、特許紛争取扱い事件は34597万件(同期比22.8%増、特許侵害紛争取扱い事件33976万件を含む)であり、特許冒用取締事件は42679万件(同期比10.9%増)である。商標違法取締事件は3.1万件であり、事件の被害額は5.5億元(約88.28億円)である。集積回路レイアウトデザインの侵害紛争事件が初めて取り扱われた。
2018年、知的財産権等使用料の輸出入総額は350億ドル(約3兆7985億円)を上回っている。特許及び商標の担保融資金額は1224億元(約1兆9647億円、同期比12.3%増)に達している。このうち、特許の担保融資金額は885億元(約1兆4206億円、同期比23%増)に達しており、質権設定案件は5408件(同期比29%増)である。

2018年の統計データに主に示された5つの特徴
第一に、中国知的財産の創造レベルが着実に伸びている。
2018年、中国国内発明特許の付与件数及び保有件数は、それぞれ前年同期比5.8%増及び前年同期比17.6%増で着実に伸びている。人口1万人当たりの発明特許保有件数は2017年末よりも1.7件引き上げられた。発明特許の付与件数及び保有件数のうち、国内の占める割合は着実に伸びており、それぞれ80.1%及び70.2%に達している。国内の有効登録商標件数は同期比で32.8%引き上げられた。
第二に、中国の知的財産保護に対する国際社会の信頼が引き続き強化されている。
2018年、中国における外国からの発明特許出願件数は14.8万件(前年比9.1%増)に達しており、「第13次5カ年計画」が実施されて以来最も速い成長である。中国における外国からの商標出願件数は24.4万件(前年比16.5%増)であり、成長が速い。中国における外国からの知的財産権関連の出願件数の持続的増加には、中国の知的財産の保護環境に対する外国企業の肯定及び信頼が示されている。
第三に、イノベーションの主体としての中国企業の地位が更に向上した。
2018年、特許出願を行ったことのある中国企業は前年よりも6.0万社増加し、国内発明特許出願の増加分に対する貢献率は73.2%に達している。国内発明特許出願のうち、企業の占める割合は64.3%(前年比1.1ポイント増)である。中国企業の発明特許が5年以上存続した比率は74.0%(前年比3.1ポイント増)に達している。
第四に、中国企業の知的財産のグローバルポートフォリオの意識が強化されつつある。
2018年、PCT国際出願を100件以上行った中国企業は58社に達しており、2017年よりも14社増加した。マドリッド制度による中国出願人の有効な国際商標登録件数は同期比で23.5%引き上げられ、マドリッド制度による中国出願人の商標出願件数はマドリッド同盟で3位を占めている。
第五に、中国発明特許の質が着実に改善されている傾向にある。
権利を付与された発明特許の請求項数及び存続期間は特許の質を評価する重要な指標である。2018年、権利を付与された中国国内の発明特許の平均請求項数は8.3項であり、2017年よりも0.3項引き上げられた。2018年末現在、中国国内の有効発明特許の平均存続期間は6.4年であり、2017年よりも0.2年引き上げられており、国内発明特許の質が着実に伸びていることが示されている。

2019-1-11

国家知识产权局2018年主要工作统计数据及有关情况发布

摘要:1月10日,国家知识产权局在京举办2019年第一季度例行新闻发布会。据了解,这是国家知识产权局今年首场新闻发布会,集中发布专利、商标、地理标志、集成电路布图设计的年度统计数据。数据显示,2018年,我国主要知识产权指标稳中有进,知识产权综合实力再上新台阶。
1月10日,国家知识产权局在京举办2019年第一季度例行新闻发布会。据了解,这是国家知识产权局今年首场新闻发布会,集中发布专利、商标、地理标志、集成电路布图设计的年度统计数据。
数据显示,2018年,我国主要知识产权指标稳中有进,知识产权综合实力再上新台阶。

主要统计数据
在专利方面:
2018年,我国发明专利申请量为154.2万件。共授权发明专利43.2万件,其中,国内发明专利授权34.6万件。在国内发明专利授权中,职务发明为32.3万件,占93.3%;非职务发明2.3万件,占6.7%。
2018年,我国发明专利授权量排名前3位的国内(不含港澳台)企业依次为:华为技术有限公司(3369件)、中国石油化工股份有限公司(2849件)、广东欧珀移动通信有限公司(2345件)。
截至2018年底,我国国内(不含港澳台)发明专利拥有量共计160.2万件,每万人口发明专利拥有量达到11.5件。我国每万人口发明专利拥有量排名前3位的省(区、市)依次为:北京(111.2件)、上海(47.5件)、江苏(26.5件)。
2018年,共受理PCT国际专利申请5.5万件,同比增长9.0%。其中,5.2万件来自国内,同比增长9.3%。PCT国际专利申请超过1000件的排名前3位的省(区、市)依次为:广东(2.53万件)、北京(0.65万件)、江苏(0.55万件)。
2018年,全年共审结发明专利申请80.8万件,实用新型专利申请187.4万件,外观设计专利申请66.7万件,高价值发明专利审查周期压减10%,专利审查有责投诉同期下降52%。专利复审请求量为3.8万件,结案量为2.8万件。无效宣告请求量为0.5万件,结案量为0.4万件。
在商标方面:
2018年,我国商标注册申请量为737.1万件。商标注册量为500.7万件,其中,国内商标注册479.7万件。截至2018年底,我国国内有效商标注册量(不含国外在华注册和马德里注册)达到1804.9万件,每万户市场主体商标拥有量达到1724件。
2018年,马德里商标国际注册申请量为6594件。截至2018年底,我国申请人马德里商标国际注册有效量为3.1万件,同比增长23.5%。
2018年,共审结商标注册申请804.3万件,商标注册平均审查周期缩短至6个月以内,提前52天完成国务院“放管服”改革年度目标任务。共收到各类商标评审案件申请32.2万件,结案26.5万件。商标驳回复审案件审理时间压缩到7个月以内。
在地理标志方面:
2018年,批准保护地理标志产品67个,注册地理标志商标961件,核准使用地理标志产品专用标志企业223家。截至2018年底,累计批准地理标志产品2380个,累计注册地理标志商标4867件,核准专用标志使用企业8179家。
在集成电路布图设计方面:
2018年,我局共收到集成电路布图设计登记申请4431件,同比增长37.3%,集成电路布图设计发证3815件,同比增长42.9%。
在知识产权保护和运用方面:
2018年,全国专利行政执法办案总量77276万件,同比增长15.9%。其中,专利纠纷办案34597万件(包括专利侵权纠纷办案33976万件),同比增长22.8%;查处假冒专利案件42679万件,同比增长10.9%。查处商标违法案件3.1万件,案值5.5亿元。查办首起集成电路布图设计侵权纠纷案件。
2018年,知识产权使用费进出口总额超过350亿美元。专利、商标质押融资总额达到1224亿元,同比增长12.3%。其中,专利质押融资金额达885亿元,同比增长23%,质押项目5,408项,同比增长29%。

2018年统计数据主要呈现出5个特点:
一是我国知识产权创造水平稳中有进。
2018年,我国国内发明专利授权量和拥有量稳步提升,分别较上年同期增长5.8%和17.6%;每万人口发明专利拥有量较2017年底提高1.7件。发明专利授权和拥有量中,国内所占比重稳步提高,分别达到80.1%和70.2%。国内有效商标注册量同比增长32.8%。
二是国际社会对中国知识产权保护的信心持续增强。
2018年,国外在华发明专利申请量达到14.8万件,较上年增长9.1%,实现“十三五”以来最快增速;国外在华商标申请量为24.4万件,较上年增长16.5%,呈现较快增长。国外在华知识产权申请量的持续增长,显示了外国企业对我国知识产权保护环境的认可和信心。
三是国内企业创新主体地位进一步提升。
2018年,我国有专利申请企业较上年新增6.0万家,对国内发明专利申请增长的贡献率达到73.2%。企业在国内发明专利申请中所占比重为64.3%,较上年提高1.1个百分点。国内企业有效发明专利5年以上维持率达74.0%,较2017年提升3.1个百分点。
四是我国企业海外知识产权布局意识不断加强。
2018年,提交PCT国际专利申请100件以上的国内企业达到58家,较2017年增加14家。我国申请人马德里商标国际注册有效量同比增长23.5%,我国申请人提交的马德里商标申请数量在马德里联盟中排名第三。
五是我国发明专利质量呈现稳中向好态势。
授权发明专利的权利要求数量和维持年限是衡量专利质量的重要指标。2018年,我国国内发明专利授权平均权利要求项数为8.3项,较2017年提高0.3项;截至2018年底,我国国内有效发明专利平均维持年限为6.4年,较2017年增长0.2年,表明国内发明专利质量稳中有进。

2019-1-11

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。