中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国が人工知能の研究分野で世界トップになることがデータで示される

【未来に向かって】
先日、科学技術及び医学情報分析の世界的な企業であるエルゼビアが発表した研究レポート「人工知能:知識の創造、移転及び用途」によると、中国が人工知能(AI)の研究分野で世界トップになり、その重要性が顕著になってきているという。また、ますます多くの研究者が学術界から産業界に流動しつつあるという。
詳細には、レポート中のデータは、エルゼビア傘下のデータベースScopus等の科学技術データベースとプラットフォームからだけでなく、スタンフォード大学の人工知能指数レポート、中国科学院自動化研究所(Institute of Automation,Chinese Academy of Sciences)のデータセット等の一部のデータ情報も参考にしている。
レポートによると、世界的に人工知能研究は、過去5年間(2013~2017)は毎年13%近くの伸びで急増しているが、2008年~2012年の5年間は伸びが5%未満にすぎなかったという。それに比べて、世界的に、過去5年間(2013~2017)の全ての学問分野の科学研究アウトプットは毎年の増加がわずか0.8%にすぎない。
研究、教育、技術及びメディアの4分野の合計60万部の文書と、その分野指定の700以上のキーワードを検索、分析すると、人工知能の注目の研究分野7つ、すなわち、検索及び最適化、ファジィシステム、自然言語処理及び知識表現、コンピュータビジョン、機械学習及び確率推論、プランニング及び意思決定、並びにニューラルネットワークがレポートで示された。以上の研究分野のうち、機械学習及び確率推論、ニューラルネットワーク、並びにコンピュータビジョンの科学研究アウトプットが最も多く、伸び率も最も高い。
研究データによると、過去3年間において中国の学術界に人工知能の人材が引きつけられる数は流失する数よりもはるかに多く、これは、中国が人工知能研究の先駆者を目指して大きく邁進していることを示している。人工知能分野における中国の研究成果の数は2004年に米国を超えたが、当時の勢いがそのままであれば、中国には、4年内に欧州を追い越し、人工知能の研究成果が世界で最も多い地域になる見込みがある。
さらに、それぞれの地域に関する重要な発見として、国際的な流動及び協力のモデルからわかったことがレポートには含まれており、人工知能分野における中国の研究業務は相対的に孤立している。また、欧州は人工知能の科学研究アウトプットの規模が最も大きく、最も多様化した(人工知能関連の研究分野の豊富さ)地域であり、欧州以外との国際協力の割合及び伸び率も高い。
社会の発展に対する人工知能の影響がますます大きくなり、モラルの側面に及ぼし得る人工知能の影響についてもメディアは関心があるにもかかわらず、人工知能のモラルの側面に関する学術研究にはやはり限りがあることも研究からわかった。エルゼビアの分析サービス部門シニアバイスプレジデントであるMaria de Kleijn氏は、「次世代技術(一般に人工知能と総称する)は確実に非常に重要であるが、その適切な定義について人々には共通認識がないかのようである。人工知能の科学研究を表す全面的な研究を通じて、この分野の動向、形勢及びその要因を明確にし、そのためにいくつかの研究の構想と見解を提供したい。このレポートは、より良く人工知能時代に移行するのをサポートするとともに日々発展する共生技術を検討する発端であって、人工知能についてのまとめではない。」と述べた。(斉芳)

2019-1-28

数据显示中国将在人工智能研究领域成为全球领导者

摘要:日前,国际科技和医学信息分析公司爱思唯尔最近发布的一项研究报告《人工智能:知识的创造、转移与应用》。报告称,中国将在人工智能(AI)研究领域成为全球领导者,重要性日益凸显。
【科学向未来】
日前,国际科技和医学信息分析公司爱思唯尔最近发布的一项研究报告《人工智能:知识的创造、转移与应用》。报告称,中国将在人工智能(AI)研究领域成为全球领导者,重要性日益凸显。同时,越来越多的研究人员正逐渐从学术界向产业界流动。
据介绍,报告中的数据不仅来自爱思唯尔旗下的Scopus数据库等科技数据库及平台,还参考了斯坦福大学人工智能指数报告、中国科学院自动化研究所数据集等一些数据信息。
报告显示在全球范围内,人工智能研究在过去五年(2013—2017)以每年接近13%的速度快速增长,而在2008年至2012年的五年间增速仅有不到5%。相比之下,过去五年(2013—2017)全球范围内所有学科领域的科研产出每年的增长仅为0.8%。
在检索分析了研究、教育、技术与媒体四大领域的共计60万份文档和700多个领域特定的关键词后,报告揭示出了人工智能关注的七个不同研究领域:搜索与优化,模糊系统,自然语言处理与知识表示,计算机视觉,机器学习与概率推理,规划与决策和神经网络。在以上研究领域,机器学习与概率推理、神经网络和计算机视觉的科研产出最高,增长速度也最快。
研究数据显示,在过去三年,中国学术界吸引人工智能人才的数量远远多于流失的数量,表明中国正在朝着人工智能研究领跑者的目标大步迈进。2004年,中国在人工智能领域的研究成果数量就已超过美国,如果保持当前的势头,中国有望在四年内赶超欧洲,成为全球人工智能研究成果最多的地区。
报告中有关不同区域的重要发现还包括:国际性流动与合作的模式表明,中国在人工智能领域的研究工作相对孤立。欧洲是人工智能科研产出规模最大、最多样化(人工智能相关研究领域的丰富性)的地区,与欧洲以外的国际合作比例及增长速度也很高。
研究还发现,尽管人工智能对社会发展的影响越来越深,媒体对人工智能在道德层面可能产生的影响也有关注,但是关于人工智能道德层面的学术研究还很有限。爱思唯尔分析服务高级副总裁玛丽亚·德·克莱恩认为:“新一代的技术(通常被统称为人工智能)的确非常重要,但人们似乎没有对其确切的定义达成共识。通过对人工智能科研表现的全面研究,我们希望明确该领域的动态、趋势和相关因素,并为其提供一些研究思路和见解。这份报告并不是对人工智能的总结陈词,而是帮助我们更好地进入人工智能时代并讨论日益发展的共生技术的开端。”(作者:齐芳)

2019-1-28

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。