中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

5Gの国際規格関連の中国企業特許が2400件超

ファーウェイ、ZTEの第5世代移動通信システム(5G)の国際規格における特許件数が2400件を超えており、その割合は30%を超えている。先日、工業情報化部が明らかにしたところによると、現在、中国が中心となって完了した国際電気通信連合の標準化が49件あり、新たに73件のプロジェクトを率先的に立案しており、中国の規格が国際規格になるように強力に押し進めている。
同日、工業情報化部により、通信、ロボット、環境対応型生産等の重点分野を含む「団体規格実用化実証プロジェクト100」のリストが発表された。工業情報化部科学技術司の範書建副司長の説明によると、2018年、中国の産業用通信業は国際化及び海外進出の事業構想に焦点を当てており、合計1800件余りの業界規格が認可され、知的生産、IoV(Internet of Vehicles)産業等の重点分野の規格体系構築指針が配布された。
現時点では、工業情報化部により合計200件余りの団体規格実用化実証プロジェクトが発表されており、これらの実証プロジェクトの発表は、産業用通信業の団体規格の市場影響力の拡大、団体規格の高品質イメージの確立、関連産業の質の高い発展の促進にとって重要な意味がある。
「自動運転車の路上テスト・能力評価の内容及び方法」も今回の「団体規格実用化実証プロジェクト100」の1つになっているという。説明によると、現在この規格に従って8社の企業が北京市での自動運転車の路上テスト資格を得ており、3社が深セン、無錫及び天津で路上テストを行う資格を得ているという。なお、自動運転の路上テストは北京市だけで既に約13万キロメートルの走行距離に達しており、産業の発展のために実用化の環境が整えられている。(李凌)

2019-1-29

中企5G国际专利已超2400项

华为、中兴在5G国际标准中的专利数已超过2400项,占比超过了30%。近日,工信部透露,目前我国已经主导完成49项国际电信联盟的标准,牵头新立项目73项,有力推动了我国标准成为国际标准。
同日,工信部发布“百项团体标准应用示范项目”名单,涵盖了通信、机器人、绿色制造等重点领域。据工信部科技司副司长范书建介绍,2018年我国工业通信业瞄准国际化和走出去的工作思路,共批准发布了1800余项行业标准,印发了智能制造、车联网产业等重点领域标准体系建设指南。
截至目前,工信部共发布了200余项团体标准应用示范项目,这些示范项目的发布,对扩大工业通信业团体标准的市场影响力、打造团体标准高品质形象、引领相关产业高质量发展具有重要意义。
记者获悉,《自动驾驶车辆道路测试能力评估内容与方法》,也成为了这次“百项团体标准应用示范项目”之一。据介绍,目前遵循该标准,已有8家企业获得在北京市自动驾驶车辆的道路测试资格,3家获得在深圳、无锡和天津进行道路测试的资格。其中,仅在北京市的自动驾驶道路测试里程已达到约13万公里,为产业发展创造了良好的实践环境。(李凌)

2019-1-29

上記ニュースの中国語(原文)は、中国保護知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。