中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

人工知能の支援によるスマート審査のスタート――インテリジェントな商標図形検索機能の本格的な運用

1月25日、インテリジェントな商標図形検索機能が本格的に運用開始された。これは、商標オンラインサービスシステムの全面的なスタート、社会に向けた商標データベースの無料公開に続く商標情報化構築の画期的な出来事であり、自動化からインテリジェント化へ転換する中国商標審査の新たな起点を意味している。
中国の図形商標審査のインテリジェント化のレベルが低く、審査官の作業量が多いという難題を克服し、審査の効率と質の両方を向上させるという改革の目標を成し遂げるために、商標局は、商標審査における人工知能技術の活用を積極的に探索していた。2016年4月に図形検索作業チームが発足して以来、特定テーマの調査及び研究が何度も行われた。2018年7月、北京華知経緯公司(公司=会社)、上海依図公司、騰訊公司(テンセント)の協力の下で、インテリジェントな商標検索機能が6社の商標審査協力センターにおいて試行されたが、パイロットスケールにより、所期の効果が得られた。
インテリジェントな検索技術の活用により、商標審査業務が完全に人為的な検索から「画像による画像検索」というインテリジェントな検索へ転換され、人為的な判断で起こり得る基準の不統一という問題がなくなった。商標類否の比較件数が大幅に減ることによって、審査の生産性が向上し、商標の図面の確認件数が元の数万件から約5000件に引き下げられた。
詳細には、現時点で、商標の主要五カ国(中国、アメリカ、EU、日本、韓国)のうち、中国はデータの強みを活かし、積極的に模索して、後から追い越した。率先してインテリジェントな図形検索機能を審査実務に適用するとともに、中国の3500万件近くの商標データに適したインテリジェントな審査手段を見出した。また、商標保有件数のトップからインテリジェントな審査の基準制定者への役割転換により、国際連携における発言権が強くなる。
次のステップとして、商標局は、商標分野における人工知能等の新しい技術の活用範囲を拡大するように、引き続き人工知能技術と商標審査との融合を推進するとともに、商標審査の質及び効率を更に向上し、商標の公衆サービスレベルを引き上げるように、情報化構築を強化していく。

2019-1-31

借力人工智能 开启智慧审查——商标图形智能检索功能正式上线

1月25日,商标图形智能检索功能正式上线,这是商标信息化建设继商标网上服务系统全面上线、商标数据库免费向社会开放后新的里程碑,标志着我国商标审查从自动化向智能化转变的新起点。
为破解我国图形商标审查智能化程度低、审查员工作强度大的难题,实现审查效率与审查质量双提升的改革目标,商标局积极探索人工智能技术在商标审查中的应用。自2016年4月成立图形检索工作小组以来,多次组织专题调研。2018年7月,在北京华智经纬公司、上海依图公司、腾讯公司的大力支持下,商标智能检索功能在6家商标审查协作中心推广试用,经规模化测试,达到预期效果。
智能检索技术的应用,实现了商标审查工作由纯人工检索向“以图搜图”智能检索的转变,有效避免了人工判断可能存在的标准不一的问题。通过大幅压缩商标近似比对数量,解放了审查生产力,查看数量从原来的数万件商标图样减少到约五千件。
据了解,截至目前,在商标五方成员国(中国、美国、欧盟、日本、韩国)中,我国发挥数据优势,积极探索,后来居上,率先实现将图形智能检索功能应用到审查实践,摸索出一条适合我国近3500万存量商标数据的智能审查道路,从商标拥有量上的领先者向智能审查标准制定者的角色转变,将在国际合作中显著增强话语权。
下一步,商标局将继续推动人工智能技术与商标审查深度融合,扩大人工智能等新技术在商标领域的应用范围,加强信息化建设,进一步提升商标审查质量和效率,不断提升商标公众服务水平。

2019-1-31

上記ニュースの中国語(原文)は、中国商標網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。