中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

OLED特許件数で中国が韓国を抜く

韓国特許庁の朴原住(パクウォンジュ)長官が先日、「世界の技術・特許のビッグデータ分析により、中国のOLED(有機発光ダイオード)関連の特許件数が既に韓国を上回っており、中国のOLEDパネルの市場占有率も5~10年後に韓国を追い越す可能性があることが示された」と述べた。
現在、韓国のOLED企業は、世界で96.5%のシェアを占めている。
韓国特許庁の分析によると、5~10年後、韓国企業は現在の市場占有率を維持することができなくなり、経営危機に陥る恐れがあるという。現在、中国はOLED特許件数の増加により韓国を大幅に超えている。次世代のディスプレイ技術になると見られているミニLED技術でも、韓国の特許件数は米国と中国に後れをとっている。
液晶ディスプレイ(LCD)パネル分野でも似たような状況になったことがあった。韓国のLCD特許件数が中国と逆転した7年後に、LCD市場における韓国企業の占有率トップの座も中国企業に奪われた。
また、韓国特許庁は、特許のビッグデータは国家産業戦略立案に有益であると指摘した。データ分析を通じて今後の産業の動向を前もって把握することができ、特許の未開拓の分野を見つけて開発投資によって参入することができ、特許の過密な分野は国際連携などの知的財産戦略を取ることができる。
韓国特許庁の統計によると、韓国の特許出願件数は世界的に高いレベルにあるが、技術の産業化率は米国の約3分の1である。(邰挙)

2019-04-03

中国OLED专利数量超越韩国

韩国专利厅厅长朴原住日前对媒体表示,全球技术专利大数据分析显示,中国OLED(有机发光二极管)相关专利数量已经领先韩国,中国OLED面板的市场占有率也有可能在5—10年后超越韩国。
目前韩国OLED企业在全球范围内占据96.5%的市场份额。
韩国专利厅分析认为,5—10年后,韩国企业将无法维持现有的市场占有率,经营恐将面临危机。现在中国已经在OLED新增专利数量方面大幅超过韩国。在有望成为新一代显示技术的mini LED技术上;韩国的专利数量也落后于美国和中国。
类似情形在液晶显示器(LCD)面板领域曾经发生过。韩国LCD专利数量被中国反超7年后,韩国企业在LCD市场的占有率领先位置也被中国企业夺走。
韩国专利厅同时还表示,专利大数据有助于国家产业战略的确立。通过数据分析能够提前掌握产业未来趋势,发现专利空白领域可以通过研发投资进入,专利拥挤领域则可以采取国际合作等知识产权策略。
据韩国专利厅统计,韩国专利申请数量处于全球较高水平,不过技术转化效率约为美国的三分之一。(作者:邰举)

2019-04-03

上記ニュースの中国語(原文)は、中国知識産権網のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。