中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

「中国製造2025」に係る主な技術分野の 世界全体のパテントポートフォリオにおける米国の強みが顕著である

最新のデータによると、2016年の世界全体の発明特許権利付与において、「中国製造2025」(Made in China 2025)に係る技術分野10項目における日米中等の主な経済機構の発明特許権利付与件数が183214件となっており、世界全体の総件数の87.5%を占めている。このうち、米国が88086件で1位であり、中国が54508件で2位であり、日本が40620件で3位である。
米国は、航空宇宙機器、次世代情報技術、電力設備、バイオ医薬品及び高性能医療機器、ハイエンドCNC工作機械及びロボット、省エネ及び新エネルギー車の6分野で世界的に強みを持っており、発明特許権利付与件数はこの順に10585件(3カ国の総件数に占める割合61.5%)、32830件(同57.7%)、10941件(同53.9%)、9577件(同48.4%)、4114(同43.1%)件及び12514件(同39.4%)である。
中国は、農業機械設備、新素材、海洋工学機器及びハイテク船舶、先端軌道系交通設備の4分野で或る程度強みを持っており、発明特許権利付与件数はこの順に529件(3カ国の総件数に占める割合55.9%)、7636件(同46.3%)、360件(同45.4%)及び3286件(同34.9%)である。
日本は、先端軌道系交通設備、新素材、省エネ及び新エネルギー車の3分野で実力が高く、発明特許権利付与件数はこの順に2959件(3カ国の総件数に占める割合31.4%)、5077件(同30.8%)及び8084件(同25.5%)である。(劉磊)

特許統計ダイジェスト 2018年第10号(通算第230号)2018年5月16日

上記ニュースの中国語(原文)は、中国国家知的財産権局のWEBサイトに掲載されているものです。情報はできる限り正確であるように努力しておりますが、本サイトは、本ニュースにより提供されるすべての情報についての真実性、正確性、完全性、有用性、又は当該情報を利用することによって生じる損害等に対して、一切の責任を負いません。