中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

北京インターネット法院で初の電子送達による裁判文書

2018年12月4日 9:39 AM カテゴリー: 法令及び制度, 著作権, 訴訟

9月27日午後、受信した和解調書を当事者が開いたことにより、北京インターネット法院(法院=裁判所)により初めて電子送達で交付された裁判文書が正式に効力を生じた。これは、9月7日に「インターネット法院による事件審理に係る若干の問題に関する最高人民法院の規定」が施行されて以来、北京インターネット法院が「ネット紛争はネット審理で」という基本原則でオンライン送達した初めての裁判文書である。また、北京インターネット法院の事件審理においてインテリジェントな文書作成技術を初めて利用したものでもある。

タイヤメーカーは特許においても空回りしない

2016年12月26日 3:26 PM カテゴリー: 著作権, 訴訟

2700万元(約4億1070万円)の賠償請求という或る意匠紛争により、国内外で知られたタイヤメーカー2社が話題の最先端になった。
株式会社ブリヂストン(以下、「ブリヂストン」という)が、盛泰集団有限公司(以下、「盛泰集団」という)が製造及び販売し、北京永興基業輪胎有限公司(輪胎=タイヤ)(以下、「永興基業」という)が許諾され販売するA399タイヤ製品が意匠権を侵害しているとして、この2社を法院(裁判所)に訴えて、侵害の差止め、係争物品の廃棄、経済的損失2691万元(約4億927万円)及び10万元(約152万円)等の賠償を両被告に命ずるよう法院に求めた。

著作権法改正草案第2稿発表

2012年8月20日 12:55 PM カテゴリー: 法令及び制度, 著作権

7月6日、国家版権局が著作権法(改正草案第2稿)を発表し、7月6日から7月31日まで意見を公募している。3月31日発表の著作権法(改正草案)と比べて、第2稿は、以前大きな論争を引き起こした録音製作の法定許諾、集団管理組織の拡張管理等の問題について積極的に答えると共に、「視聴覚的実演に関する北京条約」を参考にして実演家の権利に関連する規定を更に明確化した。

版権局の関係者が著作権法改正草案の論争条項を解説する

2012年6月8日 11:07 AM カテゴリー: データ資料, 法令及び制度, 特許, 著作権

国家版権局が4月25日に北京で著作権法第3回改正メディアセミナーを行った。国家版権局法規司(司=局)司長の王自強氏が著作権法改正草案中の争点となるいくつかの条項について詳細に解説した。

Page 1 of 41234