中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

4回目の特許法改正 年内完了見込み

2019年5月13日 1:43 PM カテゴリー: 実用新案, 意匠, 法令及び制度, 特許

3月11日、第13期全国人民代表大会第2回会議の記者会見で国家知識産権局(知識産権=知的財産)の申長雨局長が、中国の特許法(特許:発明特許、実用新案及び意匠を含む)の4回目の改正を行っているところだと述べた。2018年12月に国務院常務会議で特許法改正案(草案)が審議され、採択されたが、現在、全国人民代表大会で第1回目の審議が行われた。特許法改正は年内に完了する見込みである。

中国で自動車部品の意匠侵害 ボルボ社が78万元の損害賠償を獲得

2018年12月20日 9:55 AM カテゴリー: 意匠, 訴訟

11月30日に上海知識産権法院(知識産権=知的財産権、法院=裁判所)により、原告のVolvo Lastvagnar Aktiebolag(以下、「ボルボ社」という)が訴えた2件の意匠権侵害紛争事件について一審判決が下されて、原告のボルボ社の保有する意匠権の侵害の即時差止と、2つの事件の経済的損失及び合理的支出として合計78万元(約1288万円)を原告へ共同して賠償することが両被告に命じられた。

調味料入れの意匠による10万元の賠償請求の誘発

2018年7月5日 3:54 PM カテゴリー: 意匠, 法令及び制度, 訴訟

調味料入れは、それ自体は小さいが、作用は大きい。しかしながら、正にこのような目立たない商品が10万元(約166万円)にもなる意匠侵害の賠償請求訴訟を引き起こした。

「特許優先審査管理弁法」を読み解く

2017年10月16日 2:02 PM カテゴリー: 実用新案, 意匠, 法令及び制度, 特許

国家知識産権局「特許優先審査管理弁法」8月1日施行

改正の背景
「発明特許出願優先審査管理弁法」(局令第65号、以下、旧「弁法」という)が2012年8月1日に施行されてから、国の経済、社会の発展及び産業の構造転換のニーズに比較的よく応えてきた。近年、国務院の各官庁では「放管服」(政府機構を簡素化し、権限を淘汰し、サービスを合理化する)改革が進められ、当事者の負担を軽減する措置が次々に取られている。「フローの簡素化、効率の向上、事業環境の合理化の業務プランに関する国務院弁公庁の通知」でも、更なる事業環境の合理化、審査認可期間の短縮、市場活力の喚起が求められている。このような背景の中で、旧「弁法」と、党中央の国務院の最新の政策決定・配置及び業務上の要件とには依然として差があり、早急に調整及び改善すべきであった。

Page 1 of 161234510...Last »