中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

北京知識産権法院が受理した事件は5万件を超える

2018年12月7日 10:18 AM カテゴリー: データ資料, 法令及び制度, 訴訟

北京知識産権法院(知識産権=知的財産、法院=裁判所)が2014年11月6日に開設されてから今年の10月末までに受理した各種知財事件は合計50739件であり、受理件数の年間平均成長率は30%を超えている。

中国における国レベルの知的財産事件の上訴審理の仕組み構築立案

2018年12月4日 9:54 AM カテゴリー: 法令及び制度

10月22日に「特許等の事件の訴訟手続に係る若干の問題に関する決定(草案)」が全国人民代表大会常務委員会で審議入りした。草案には、当事者は、専門技術性の比較的高い民事事件、行政事件の第一審の判決又は裁定に対して不服がある場合には、最高人民法院(裁判所)に上訴しなければならないことが規定されている。

勧善懲悪がイノベーションの助力となる

9:49 AM カテゴリー: 商標, 法令及び制度, 訴訟

--悪意ある商標買占め行為に対する中国の商標主務官庁及び各レベルの人民法院による取締り

近年、商標ブランド戦略の更なる実施と商標登録円滑化改革の推進に伴って中国の商標登録出願件数が増加し続けており、数年間連続で世界トップである。しかしながら、一部の出願人の商標登録行為は、正当な営業上の必要性を明らかに超えており、使用を目的とせずに商標を多数買い占めて、正当な営業上の必要性がある市場主体(market entity)の商標登録出願を阻害するとともに、買い占めた商標を使用者に高額で譲渡して不当に利益を得ている。

北京インターネット法院で初の電子送達による裁判文書

9:39 AM カテゴリー: 法令及び制度, 著作権, 訴訟

9月27日午後、受信した和解調書を当事者が開いたことにより、北京インターネット法院(法院=裁判所)により初めて電子送達で交付された裁判文書が正式に効力を生じた。これは、9月7日に「インターネット法院による事件審理に係る若干の問題に関する最高人民法院の規定」が施行されて以来、北京インターネット法院が「ネット紛争はネット審理で」という基本原則でオンライン送達した初めての裁判文書である。また、北京インターネット法院の事件審理においてインテリジェントな文書作成技術を初めて利用したものでもある。

Page 2 of 5012345102030...Last »