中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

最高人民法院(裁判所)が司法解釈を発表し、著名商標(原文「馳名商標」)の司法保護が強化・整備される

2010年4月15日 5:24 PM カテゴリー: 商標, 法令及び制度

最高人民法院が本日(4月26日)の公告で「著名商標の保護にかかわる民事紛争事件の審理の法律適用に係る若干の問題に関する最高人民法院の解釈」(以下、「著名商標司法解釈」という)を発表し、2009年5月1日に施行される。

中国各地の法院(裁判所)は効力を生じた裁判文書6万件近くをネット上で公表している

4:50 PM カテゴリー: 法令及び制度, 訴訟

今では北京市、河南省等の法院ウェブサイトを開きさえすれば、その地域の法院の効力を生じたすべての裁判文書を簡単に閲覧することができる。現在、北京市、河南省等の法院は、機能を備え全面的に公表された裁判文書データベースを確立して、社会に向けて検索及びダウンロードの提供をしており、各方面から監督を受けている。現時点で、全国各地の法院が、効力を生じた裁判文書59,744件、合計1億6千万字以上をネット上で公表している。これは各地の法院が大局のための奉仕・人民のための司法を堅持し、裁判公開と司法の透明性を全力で進め加速化させる重要な措置である。

中国の特許無効審判事件の平均審理期間は6ヶ月内に抑えられる見込みである

4:14 PM カテゴリー: 法令及び制度, 特許

先日、国家知的財産権局特許復審委員会(審判部)(以下、「復審委員会」という。)から得たところによると、復審委員会は、試行してすでに半年以上になる「特許復審委員会無効審判事件審理期間抑制弁法(試行)」(弁法=規則)を修正したという。推計すると、無効審判事件の平均審理期間が6ヶ月内に抑えられる見込みである。世界中で、無効審判事件の平均審理期間が6ヶ月に到達している国はわずかである。

特許法実施条例改正草案(審議稿)意見公募

3:50 PM カテゴリー: 法令及び制度, 特許

(国知網電) 立法の公開性及び透明性をより一層強化し、且つ、立法の質を高めるために、国務院法制弁公室(弁公室=事務局)は、先日「特許法実施条例改正草案(審議稿)」及びその説明の全文を発表し、社会の各方面から広く意見を募集する。意見公募の締切りは2009年3月31日である。