中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

勧善懲悪がイノベーションの助力となる

2018年12月4日 9:49 AM カテゴリー: 商標, 法令及び制度, 訴訟

--悪意ある商標買占め行為に対する中国の商標主務官庁及び各レベルの人民法院による取締り

近年、商標ブランド戦略の更なる実施と商標登録円滑化改革の推進に伴って中国の商標登録出願件数が増加し続けており、数年間連続で世界トップである。しかしながら、一部の出願人の商標登録行為は、正当な営業上の必要性を明らかに超えており、使用を目的とせずに商標を多数買い占めて、正当な営業上の必要性がある市場主体(market entity)の商標登録出願を阻害するとともに、買い占めた商標を使用者に高額で譲渡して不当に利益を得ている。

北京インターネット法院で初の電子送達による裁判文書

9:39 AM カテゴリー: 法令及び制度, 著作権, 訴訟

9月27日午後、受信した和解調書を当事者が開いたことにより、北京インターネット法院(法院=裁判所)により初めて電子送達で交付された裁判文書が正式に効力を生じた。これは、9月7日に「インターネット法院による事件審理に係る若干の問題に関する最高人民法院の規定」が施行されて以来、北京インターネット法院が「ネット紛争はネット審理で」という基本原則でオンライン送達した初めての裁判文書である。また、北京インターネット法院の事件審理においてインテリジェントな文書作成技術を初めて利用したものでもある。

拒絶査定不服審判事件において係争商標の知名度を考慮すべきか?

2018年11月19日 10:43 AM カテゴリー: 商標, 法令及び制度, 訴訟

商標出願の拒絶査定不服審判事件において、商標の類否判断の際に係争商標の知名度を考慮すべきか?第17165442号商標「ESI及び図」(以下、「係争商標」という。)をめぐる拒絶査定不服審判の紛争事件において、北京市高級人民法院(裁判所)が先日、最終審判決でこの問題に答えを出した。

最高人民法院によるインターネットに関わる第1回目の典型的事例の発表

2018年10月9日 12:52 PM カテゴリー: その他, 法令及び制度, 訴訟

2018年8月18日は杭州互聯網法院(互聯網=インターネット、法院=裁判所)が設立1周年を迎えた日である。このため、最高人民法院は8月16日にインターネットに関わる第1回目の典型的事例を発表した。第1回目の事例は合計10件であり、知的財産権の紛争事件が3件含まれている。

Page 4 of 52« First...23456102030...Last »