中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

賠償判決金額が最高の知的財産権事件の「執行難」

2010年10月22日 5:26 PM カテゴリー: 特許, 訴訟

昨年末、8年を費やした難しい訴訟であり、中国の環境保護分野の重大な渉外知的財産権事件である武漢晶源環境工程有限公司(China Environmental Project Tech Inc.)(以下、「武漢晶源」という)が日本の富士化水工業株式会社(以下、「富士化水」という)及び米国出資の華陽電業有限公司(公司=会社)(以下、「華陽公司」という)を訴えた特許権侵害事件が、勝訴に終わった。しかし、9か月以上過ぎてから、武漢晶源は執行猶予通知書を次々に受け取った。最高人民法院(裁判所)が初めて5人の大合議廷を採用して公開審理した、最も高い賠償判決金額のこの重大な知的財産権事件が「空虚な判決」となって、外国側の侵害が続き、企業の損害が激しくなることを武漢晶源の責任者は憂慮している。

中国企業が米国の訴訟に勝つ 米国関税法337条調査の誤判断を覆す

2010年9月24日 3:08 PM カテゴリー: 特許, 訴訟

法制網電(記者 邢暉) 3年以上の絶えざる努力の末に、中国通領科技集団(GENERAL PROTECHT GROUP INC.,)(以下、「通領集団」という。)は、米国連邦国際貿易委員会(ITC)に不利な判決を下された中、米国の弁護士を雇い、訴訟によって大逆転を果たし、中国企業がITCを訴え勝訴した歴史的な事例を作った。中国企業が初めて米国政府機関を訴えて完勝したのだ!
米国連邦巡回控訴裁判所は先日、ITCの米国関税法337条調査により通領集団を侵害で訴えた後の誤判断を棄却し、被疑製品が特許を侵害していないと判定して、通領製品に対する税関の限定的排除命令を改め解除するようITCに要請したという。

中国企業の知的財産権の保護意識が大幅に高められる

2010年9月10日 11:27 AM カテゴリー: 特許, 訴訟

2010年8月19日、方大集団(China Fangda Group Co., Ltd.)が深圳で記者会見を開き、パナソニック電工(中国)有限公司を訴え、1000万元(約1億2332万円)の賠償を求めたと発表した。そのわずか4日後、トヨタのG-Book「スマートアシスト」が特許権を侵害するとして深圳賽格導航(CHINAGPS CO., LTD.)が広汽トヨタ自動車有限会社を法廷に訴えた。

2010年上半期の知的財産権渉外民事第一審事件は同期比で45.02%増加する

2010年8月20日 5:35 PM カテゴリー: 訴訟

2010年上半期、知的財産権渉外民事第一審事件は著しく増加し、新たに受理した事件が583件であり、同期比で45.02%増加した。これは本日最高人民法院(裁判所)から知り得たものである。

Page 20 of 46« First...1018192021223040...Last »