中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

4G分野のファーウェイ特許のシェアが25%になる

2015年6月19日 10:20 AM カテゴリー: その他, 特許

先日、IFIクレームズ・パテント・サービシズが発表したデータによると、2014年に米国特許商標庁で登録された特許数は計300678件であり、このうち約92%が特許であり、IBMが22年連続首位であるという。中国のファーウェイが755件の特許で2014年の米国特許取得数ランキングトップ50の48位になったことは注目に値する。

紡績業 チャレンジで特許の収穫を得る

2012年5月14日 1:29 PM カテゴリー: その他

中国がかつて誇りとしていた伝統産業の一つ、中国の紡績産業がここ10年チャンスとチャレンジの中で前進した。近年、イノベーション型繊維企業が奮起し、「中国製造」から「中国創造」への転換に美しい注を付したことは取り上げる価値がある。関連統計データによると、2002年、中国紡績産業の国内外の特許出願はわずか8,053件であったが、過ぎ去ったばかりの2011年には、国家知的財産権局が受理しかつ公開した紡績産業の国内外の特許出願は49,814件に達したという。

田力普局長が韓国で第11回日中韓三庁政策対話会合に出席する

2012年1月27日 7:00 PM カテゴリー: その他, 特許

 国知網電 12月16日、一団を率いる中国国家知的財産権局の田力普局長が韓国慶州において第11回日中韓三庁政策対話会合に出席した。会合では、日中韓三庁の長官が三国協力の1年間の進展状況を振り返り、また、今後の協力につきいくつかの共通認識に達した。

南方日報 知的財産権の保護は広東の将来にかかわる

2012年1月25日 4:20 PM カテゴリー: その他, 技術関連


 改革開放の初期、1980年代に彼は香港で働き、学び、中国経済、特に華南経済圏の研究に専念し始めた。彼は中国経済、特に華南に詳しい。初めて華南経済を日本に紹介したのが彼であり、初めて日本の経済貿易視察団を広東につれてきた人であり、時の広東省の省長であった葉選平氏はかつて彼と会見したことがある。2009年11月、中国共産党中央委員会政治局委員、広東省党委員会書記の汪洋氏が訪日した際にも、彼が日本トップクラスの経済学者をつれて東京で汪洋書記と直接に広東南部の「構造転換」の道を討議した。

Page 1 of 24123451020...Last »