中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

OLED特許件数で中国が韓国を抜く

2019年5月17日 4:12 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

韓国特許庁の朴原住(パクウォンジュ)長官が先日、「世界の技術・特許のビッグデータ分析により、中国のOLED(有機発光ダイオード)関連の特許件数が既に韓国を上回っており、中国のOLEDパネルの市場占有率も5~10年後に韓国を追い越す可能性があることが示された」と述べた。

最高人民法院知的財産法廷における初の判決

4:08 PM カテゴリー: 特許, 訴訟

3月27日午前、最高人民法院(法院=裁判所)が、上訴人である厦門盧卡斯汽車配件有限公司(Xiamen Lukasi Car Accessories Co., Ltd、盧卡斯=Lukasi(ルカス)の当て字、汽車配件=自動車部品、公司=会社)、厦門富可汽車配件有限公司と、被上訴人であるフランスのVALEO SYSTEMES D’ESSUYAGEと、原審の被告である陳少強氏との特許侵害紛争事件を公開審理した。最高人民法院の副院長であり、知的財産法廷の法廷長かつ2級裁判官である羅東川氏が裁判長を務め、最高人民法院知的財産法廷の最初の判決を下した。

4回目の特許法改正 年内完了見込み

2019年5月13日 1:43 PM カテゴリー: 実用新案, 意匠, 法令及び制度, 特許

3月11日、第13期全国人民代表大会第2回会議の記者会見で国家知識産権局(知識産権=知的財産)の申長雨局長が、中国の特許法(特許:発明特許、実用新案及び意匠を含む)の4回目の改正を行っているところだと述べた。2018年12月に国務院常務会議で特許法改正案(草案)が審議され、採択されたが、現在、全国人民代表大会で第1回目の審議が行われた。特許法改正は年内に完了する見込みである。

2次元コード:「特許の壁」を乗り越え、発言権を拡大

2019年5月8日 11:27 AM カテゴリー: 技術関連, 特許

「日本に起こり、中国に興る」という句は2次元コードのストレートな描写である。今日では毎日のように2次元コードを使っており、WeChatPay、アリペイ、「掃一掃加好友」(スキャンで友達追加)等は全て2次元コードに基づくものである。これらのアプリにサポートされて、中国は2次元コード利用大国となっている。しかし、2次元コード利用大国の地位に匹敵しないことに、中国は長らく2次元コード分野において、コア特許が制限され、発言権が弱く、安全性に問題がある等の課題があった。

Page 1 of 9412345102030...Last »