中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

中国の標準規格必須特許の訴訟ルールは整備が必要

2016年12月26日 3:20 PM カテゴリー: 法令及び制度, 特許

ここ数年、標準規格必須特許の訴訟が頻繁に起きており、中国もこの分野の訴訟ルールを模索している。2016年3月に発表された「特許権侵害紛争事件の審理における法律適用の若干の問題に関する最高人民法院の解釈(2)」第24条では、被告の抗弁、特許権者の差止めによる救済の請求、標準規格必須特許の許諾条件の3点から標準規格必須特許の訴訟ルールが提示されている。

複審委が職権により技術常識を援用した際の挙証責任

2016年12月1日 9:59 AM カテゴリー: 特許, 訴訟

先日、北京知識産権法院(知的財産裁判所)が華為技術有限公司(以下、「ファーウェイ」という)と国家知識産権局専利複審委員会(審判部)(以下、「複審委」という)との特許拒絶査定不服審判事件((2015)京知行初字第3495号行政判決書参照)について結審を下した。
本件は出願番号が第200810132469号であり、名称を「CRBT選択方法、システム及び関連装置」とする発明特許出願(以下、「本願」という)に関する。出願人はファーウェイであり、出願日は2008年7月11日であり、公開日は2010年1月13日である。

最高法院(裁判所):販売業者は製造業者の先使用権を主張することができる(抄訳)

2016年10月14日 1:54 PM カテゴリー: 特許, 訴訟

再審:(2015)民申字第1255号
二審:(2014)高民(知)終字3487号
一審:(2013)二中民初字第14638号
(省略)

再審の裁定書:
(省略)
再審申立人である北京英特莱技術公司(以下、「英特莱公司」という)が、被申立人である深圳市藍盾実業有限公司北京支社(以下、「藍盾北京支社」という)、北京藍盾創展門業有限公司(以下「藍盾創展公司」という)との特許権侵害紛争において北京市高級人民法院の(2014)高民(知)終字3487号民事判决を不服として、当裁判所に再審を申し立てた。当裁判所は法に従って合議廷を成立させ、本件を審理し、既に審理を終結した。

製品の部品供給者が特許権侵害幇助に該当するという判定

2016年8月15日 9:49 AM カテゴリー: 特許, 訴訟

--王某と、徐州聖龍機電製造公司及び溥龍ポンプ公司との発明特許権侵害紛争

【事件番号】
(2015)徐知民初字第26号
(2016)蘇民終字133号

【裁判要旨】
訴えられた部品の供給者が侵害被疑物品の製造者に供給した部品が、特許侵害行為の実施に専ら用いられるものではなく、すなわち、同時に非侵害用途も有するものである場合には、侵害幇助行為に該当しない。

Page 10 of 94« First...89101112203040...Last »