中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

5Gの国際規格関連の中国企業特許が2400件超

2019年2月20日 12:46 PM カテゴリー: 技術関連, 特許

ファーウェイ、ZTEの第5世代移動通信システム(5G)の国際規格における特許件数が2400件を超えており、その割合は30%を超えている。先日、工業情報化部が明らかにしたところによると、現在、中国が中心となって完了した国際電気通信連合の標準化が49件あり、新たに73件のプロジェクトを率先的に立案しており、中国の規格が国際規格になるように強力に押し進めている。

中国が人工知能の研究分野で世界トップになることがデータで示される

11:43 AM カテゴリー: データ資料, 技術関連

【未来に向かって】
先日、科学技術及び医学情報分析の世界的な企業であるエルゼビアが発表した研究レポート「人工知能:知識の創造、移転及び用途」によると、中国が人工知能(AI)の研究分野で世界トップになり、その重要性が顕著になってきているという。また、ますます多くの研究者が学術界から産業界に流動しつつあるという。

中国独自の3D視覚技術が大きく進展する

2019年2月5日 12:53 PM カテゴリー: 技術関連

「顔認証によるロック解除」、「顔パス決済」等の新しい業態が広まるにつれて、「3D+コンシューマー向けインテリジェント端末」の組合せで大きな市場が開拓されるようになる。しかし、3D認識を行う構造化光の技術は長い間、外国に独占されており、特に、コアデバイスであるVCSEL(垂直共振器型面発光レーザー)のコストが高額なことから、この3Dの手法を製品に採用しているアンドロイド端末メーカーはほとんどない。

超高純度の希土類改質酸化アルミニウムの中国で初の製造

2018年12月12日 9:42 AM カテゴリー: 技術関連

11月25日に上海交通大学包頭材料研究院賽福爾新材料有限公司から得た情報によると、上海交通大学材料科学及び工学学院の研究開発チームが独自に研究開発した希土類改質高純度サファイア原料のパイロット実験プロジェクトが本格的に生産開始となり、5N(純度99.999%超)クラスの高純度酸化アルミニウム製品が生産ラインで初めて作り出されたという。高純度酸化アルミニウムはアルミニウム産業のハイエンド製品であり、人工サファイアの主要原材料でもあり、この新プロジェクトにより世界的に希土類高純度アルミニウムの製造技術の空白が埋められたことになり、高純度アルミニウムの産業連鎖と、人工サファイアの産業連鎖が全線でつながるようにもなる。

Page 2 of 27123451020...Last »