中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

中国の農業科学技術進歩寄与度が57.5%に 農業の発明特許の出願件数は世界一

2018年11月20日 9:34 AM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

中国農業農村科学技術発展サミットフォーラム2018で得た情報によると、中国の農業科学技術進歩寄与度(農業総産出額の増加率に対する農業科学技術進歩の寄与度)が2012年の53.5%から2017年には57.5%に上昇し、スーパーライス、遺伝子組換えの耐虫性綿花、鳥インフルエンザワクチン等の画期的な成果を挙げたという。また、主要農作物の優良品種がほぼ全面的に普及し、自主選択育成品種の面積が全体の95%に達しており、畜産物と水産物の品種提供力が向上しつつある。

水素燃料車がまもなく一般家庭にやってくる

2018年10月5日 1:32 PM カテゴリー: その他, 技術関連

--中国は既に車両用水素燃料電池のコア技術に精通しており、独自の知的財産権を有する燃料電池動力システムのプラットフォームを基本的に確立している

先日、2018年第1回目の科学技術成果転換契約締結会・中国地質大学(武漢)部会において、武漢地質資源環境工業技術研究院(研究所)がこの研究院の水素燃料車の成果転換及び産業化プロジェクトについて武漢九興金融控股集団有限公司(控股集団=ホールディンググループ)と20億元(約325億円)で合意、提携することになった。

中国の非接触型モバイル決済分野は技術開発の強化が必要

2017年5月16日 1:26 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

非接触型モバイル決済とは、近距離無線通信技術を備えた移動端末によりローカル通信を行うことで資金を移動する決済方式であり、主にNFC(Near Field Communication)、RFID(Radio Frequency Identification)、FeliCa、赤外線、ブルートゥース等の近距離通信技術が含まれる。2016年にApple Payが中国市場に参入して、NFCを主流とした非接触型モバイル決済方式を再検討することになり、サムスン、ファーウェイ、小米(シャオミ)、ZTE等の企業が続々とこれに焦点を当てるようになったので、現在、この分野の市場競争が激化している。

二次元炭素:特許でグラフェン応用市場を開拓

2017年4月26日 3:53 PM カテゴリー: 技術関連

2012年に携帯電話用のグラフェンの静電容量式タッチパネルが発表され、2013年に年産3万平方メートルのグラフェン薄膜の生産ラインが完成し、2014年にグラフェン薄膜の生産力が20万平方メートルになり、2015年にグラフェン感圧タッチセンサーが発表された。2011年末の設立以来、常州二維炭素科技股份有限公司(二維炭素=二次元炭素)(以下、「二維炭素」という)はグラフェンの応用分野で一連の成果を上げており、業界で注目されている。

Page 3 of 27123451020...Last »