中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

訴訟に係る司法動向の把握 法律の適用基準の明確化--2017年商標審判事件行政訴訟の全体的状況の分析

2018年7月31日 4:11 PM カテゴリー: 商標, 法令及び制度, 訴訟

序論
商標の行政不服審判は商標登録の手続上の紛争を解決する主なルートとして当事者に信頼され、認められてきた。2017年、商標評審委員会(審判部)(以下、「商評委」という。)は商標の行政不服審判の監督と救済の機能を十分に果たし、商標の不服審査業務制度メカニズムを積極的に整備して、商標の保護及びサービスのレベルが効果的に向上した。商標の行政訴訟に係る司法動向を更に把握し、法律の適用基準を更に明確化するために、2017年行政訴訟敗訴事件の統計情報をベースとして実際の業務と照らし合わせ、2017年度の訴訟全体の状況及び敗訴の主な原因について商評委がまとめた。

商標法制度の整備及び知的財産権の保護強化

2018年7月26日 4:30 PM カテゴリー: その他, 商標, 法令及び制度

6月28日に中国商標50人フォーラムの第2回会議が北京で行われた。国家市場監督管理総局の党組メンバー(党組=機関、団体、組織等に設けられた中国共産党の機構)であり、国家知識産権局の党組書記(知識産権=知的財産権、書記=幹部)兼副局長である劉俊臣氏が出席し、基調演説を行った。フォーラムでは、商標行政主管部門、人民法院(法院=裁判所)、高等教育機関及び科学研究機関、知的財産権サービス機構の多数の専門家が「商標法」の改正を巡って議論を深めた。

2017商標侵害の典型的事例10(抄訳)

2018年6月15日 11:03 AM カテゴリー: 商標, 法令及び制度, 訴訟

【編者の言葉】 (省略)
1 江蘇省淮安市清江浦区市場監督管理局による登録商標「五粮液」等の商標権侵害取締事件
【概要】
2017年3月、江蘇省淮安市清江浦区市場監督管理局が淮安市公安局淮陰支局から事件移送通知書を受け取った。この通知書には、商標「今世縁」、「海之藍」、「五粮液」等が用いられ、当事者である周某が販売した白酒(蒸留酒)678瓶を押収したこと、商標侵害物品であることがメーカーにより確認されたこと、違法な営業収入の合計額違法営業額が8.79万元(約152万円)であることが報告されていた。

商品の小分け包装が商標侵害に該当するかをどのように判定するか

2017年1月23日 9:42 AM カテゴリー: 商標, 訴訟

商品はメーカーが製造を終えてから消費者が購入して使用するまでの間に、複雑で変化に富んだ流通経路を経てくる。より便利に小売又は転売するために、おそらく販売業者は規格の大きい製品やバルク製品を様々な形態で小分け包装する。しかし、再包装すると、必然的に商品の元の包装又は形態が変わり、商品に付された商標の再使用にも関わるので、商標侵害紛争を誘発するおそれがある。目下、国内外の司法実務におけるこのような紛争に対する認定は様々である。したがって、それぞれの商品の小分け包装行為により起こり得る法的結果とそれに伴う理論的根拠を理解して、商品の小分け包装行為の限度を明確に規範化する必要がある。

Page 1 of 3312345102030...Last »