中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

2017商標侵害の典型的事例10(抄訳)

2018年6月15日 11:03 AM カテゴリー: 商標, 法令及び制度, 訴訟

【編者の言葉】 (省略)
1 江蘇省淮安市清江浦区市場監督管理局による登録商標「五粮液」等の商標権侵害取締事件
【概要】
2017年3月、江蘇省淮安市清江浦区市場監督管理局が淮安市公安局淮陰支局から事件移送通知書を受け取った。この通知書には、商標「今世縁」、「海之藍」、「五粮液」等が用いられ、当事者である周某が販売した白酒(蒸留酒)678瓶を押収したこと、商標侵害物品であることがメーカーにより確認されたこと、違法な営業収入の合計額違法営業額が8.79万元(約152万円)であることが報告されていた。

商品の小分け包装が商標侵害に該当するかをどのように判定するか

2017年1月23日 9:42 AM カテゴリー: 商標, 訴訟

商品はメーカーが製造を終えてから消費者が購入して使用するまでの間に、複雑で変化に富んだ流通経路を経てくる。より便利に小売又は転売するために、おそらく販売業者は規格の大きい製品やバルク製品を様々な形態で小分け包装する。しかし、再包装すると、必然的に商品の元の包装又は形態が変わり、商品に付された商標の再使用にも関わるので、商標侵害紛争を誘発するおそれがある。目下、国内外の司法実務におけるこのような紛争に対する認定は様々である。したがって、それぞれの商品の小分け包装行為により起こり得る法的結果とそれに伴う理論的根拠を理解して、商品の小分け包装行為の限度を明確に規範化する必要がある。

知的財産権分野では便乗を拒否

9:36 AM カテゴリー: 商標, 訴訟

米国の有名なバスケットボールのスター選手であったマイケル・ジョーダンが中国喬丹体育股份有限公司(喬丹=ジョーダン)を訴えた事件について、2016年12月8日、最高人民法院(裁判所)が最終判決を出した。最高人民法院は、中国喬丹体育股份有限公司の商標3件が「商標法」に違反しているとして、国家工商行政管理総局商標評審委員会(審判部)に審判のやり直しを求める判決を下した。これは中国の商標法改正後に最高人民法院により出された重大な判決である。

アドビ社が口紅「photoshop」を拭い去る

2016年10月17日 9:39 AM カテゴリー: 商標, 訴訟

自社の著名商標の普通名称化に不満、4年にわたる争いが最終審で勝利を告げる--

米国アドビ社が開発し発売するデジタル画像処理ソフトとして、「Adobe Photoshop software」は画像処理能力の高さによりグラフィックデザイン、撮影等の多くの分野に広く利用されている。そして、他人が口紅等の商品において「photoshop」を商標として登録出願したことに対する不満から、アドビ社は中国で商標権帰属争いを起こしていた。
先日、アドビ社の4年にわたる商標「防衛戦」がついにはっきりした。8月29日、北京市高級人民法院(人民法院=裁判所)(以下、「北京高院」という)が本件について二審判決を下して、係争商標について登録を認可する国家工商行政管理総局商標評審委員会(審判部)(以下、「商評委」という)の裁定を最終審で取り消すとともに、商評委に改めて裁定をするよう命じた。

Page 1 of 3212345102030...Last »