中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

上半期地方法院(裁判所)は500件の知的財産権事件に判決を下す

2010年11月12日 1:43 PM カテゴリー: 商標, 訴訟

2010年上半期に、全国の地方法院は合わせて500件の知的財産権侵害にかかる事件に判決を下し、効力を生じた判決の人数は809人であった。これは11月2日に最高人民法院より得たものである。

「ポップキャンディ」が商標専用権紛争を誘発

2010年10月22日 5:33 PM カテゴリー: 商標, 訴訟

自社の商標専用権が侵害されたとして、株式会社GFが潮安県汕泰食品有限公司及び北京市朝陽区大洋路農産物副産物卸売市場を共に法廷へ訴えた。北京市第2中級人民法院がこの事件を受理したことが本日分かった。

北京市が外商投資企業の発展に努める新たな政策を発表

2010年9月28日 11:30 AM カテゴリー: 商標, 法令及び制度

北京市工商行政管理局が9月20日に「外商投資企業の発展にさらに努めることに関する若干の意見」を示達して、市場参入許可、年度検査、監督管理等の17の方面から、外商投資企業(外商=外国投資家)の発展を支持し、及び奨励する適切な措置が示された。
市場参入許可:外商投資企業の投資家が当該企業に対するその者の債権を登録資本に転ずるよう支援する。名称登記条件を緩和して、外国(地域)の出資企業の屋号を用いる外商独資企業、外国側が株式保有する外商投資企業について、登録資本が人民幣3000万元(約3億8266万円)に達し、且つ、近代サービス業及び高度先端技術産業に従事する場合には、名称の間に「中国」の文字を用いることを認める。多国籍企業が北京においてエリア本部、研究開発センター、調達センター、財務管理センター、決算センター及び利益原価計算センター等の機能的機構並びに外商投資サービスアウトソーシング産業を設立する場合には、企業名称及び経営範囲においてその機能的特徴を体現することができる文字表現を用いるのを認める。

第3次商標法改正 難題に対処し着実に進められる

2010年9月16日 2:23 PM カテゴリー: 商標, 法令及び制度

著名商標(原文「馳名商標」)は「名声」を備える必要があるか否か?商標代理組織及び代理人の資格審査を復活すべきか否か?商標と商号との抵触は商標法と不正競争防止法といずれの枠組みに入れるべきか?9月1日に青海省西寧市で開催された2010中国商標年次総会の国際商標法律実務フォーラムによると、今の商標権確定手続が複雑であること等の課題に対応するため、各方面の意見を広く求めた上で、第3次商標法改正の作業が着実に進められているという。

Page 10 of 35« First...891011122030...Last »