中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

可視光決済技術:パテントポートフォリオの強化

2016年1月12日 1:21 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

電子商取引の急速な発展に伴って、電子決済がますます広く利用されるようになっている。目下、一般的な電子決済方式にはカード式決済と、電子財布式決済と、非接触式モバイル決済とがある。これらの決済方式はユーザーが銀行カードを身につけるか、又は銀行カードで電子財布をチャージしておく必要がある。モバイル通信技術の発展に伴って、新しい電子決済方式が出現しつつあり、それが可視光決済方式である。

2015年第1~第3四半期の中国の発明特許出願受理件数は同期比で21.7%増

1:17 PM カテゴリー: データ資料, 実用新案, 意匠, 特許

先日、国家知識産権局が2015年第1~第3四半期の特許出願件数を発表した。今年第1~第3四半期に国家知識産権局で受理された3種類の特許(発明、実用新案、意匠)出願は合計187万6千件であり、同期比で22.0%増加した。なお、発明特許出願が70万9千件(同期比で21.7%増、全体の37.8%)、実用新案特許出願が77万9千件(同期比で33.6%増、全体の41.5%)、意匠特許出願が38万8千件(同期比で4.4%増、全体の20.7%)である。

高速光変調器の特許出願に関する動向分析

12:56 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

高速通信システムでは十分な変調帯域、低駆動電圧及び高飽和出力が光変調器に求められるほか、高消光比、低チャーピング、低挿入損失及び低偏光依存性も重要な要素となっている。信頼性のある外部変調器として、LiNbO3-MZ変調器は高速、低チャーピングの伝送信号を生成することができ、その上、特性と波長とは関係がなく、LiNbO3-MZ変調器は現在広く利用されている信頼性の高い外部変調器であり、伝送速度40G/100Gの波長分割多重通信(WDM)伝送システムに利用されている。

リニアフレネル型太陽熱発電技術の特許分析

12:49 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

太陽発電は光起発電と光熱発電との2つに分かれ、光熱発電は更にタワー式、トラフ式、デッシュ式、リニアフレネル式の4つに分かれる。リニアフレネル型太陽熱発電技術は低コストであり、通常火力発電と組み合せやすいという利点から、国内外の企業がパテントポートフォリオの形成を争う注目分野となっている。この技術は目下商業化のモデル段階にあるが、特許出願データ上は活気がある。