中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

低電圧ライドスルー分野--研究開発の方向を広げることが急務

2016年1月12日 1:28 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

世界の風力発電市場の急速な発展と風力発電所の設備容量の増加に伴って、大規模な風力発電所の集中型グリッドが次第に多くなってきている。低電圧ライドスルーとは、風車のグリッド給電点の電圧降下時に、風車が一定時間連続的な運転を維持すると共に、電力網の降下幅に応じて電力網に対して電力網が正常に回復するまで一定の無効電力を供給可能なことをいう。

静電チャック産業--特許の質の向上が必要

1:25 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

二酸化炭素と大気汚染物質の排出が多くなるにつれて、「省エネ照明」の理念が生まれた。中でもLED照明は低消費電力、高いエネルギー変換効率、長寿命、小体積、耐振動、メンテナンス容易性等の多くの利点があり、照明の歴史上、白熱電灯、蛍光灯、HIDランプに続く画期的技術となっている。

可視光決済技術:パテントポートフォリオの強化

1:21 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

電子商取引の急速な発展に伴って、電子決済がますます広く利用されるようになっている。目下、一般的な電子決済方式にはカード式決済と、電子財布式決済と、非接触式モバイル決済とがある。これらの決済方式はユーザーが銀行カードを身につけるか、又は銀行カードで電子財布をチャージしておく必要がある。モバイル通信技術の発展に伴って、新しい電子決済方式が出現しつつあり、それが可視光決済方式である。

2015年第1~第3四半期の中国の発明特許出願受理件数は同期比で21.7%増

1:17 PM カテゴリー: データ資料, 実用新案, 意匠, 特許

先日、国家知識産権局が2015年第1~第3四半期の特許出願件数を発表した。今年第1~第3四半期に国家知識産権局で受理された3種類の特許(発明、実用新案、意匠)出願は合計187万6千件であり、同期比で22.0%増加した。なお、発明特許出願が70万9千件(同期比で21.7%増、全体の37.8%)、実用新案特許出願が77万9千件(同期比で33.6%増、全体の41.5%)、意匠特許出願が38万8千件(同期比で4.4%増、全体の20.7%)である。