中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

2016年度の特許拒絶査定不服審判・無効審判10選の発表(抄訳)

2017年10月16日 1:51 PM カテゴリー: 実用新案, 特許, 訴訟

編者の言葉
4月26日に国家知識権局の開放日イベントで国家知識産権局専利復審委員会(審判部)が、細心の注意を払い真剣に選んだ2016年度の特許拒絶査定不服審判・無効審判10選を発表した。これには、特許権、実用新案権及び意匠権の無効審判請求、並びに特許の拒絶査定不服審判が含まれている。これらは機械、電気、通信、医薬、化学、光エレクトロニクス等の技術分野を網羅し、複数の方面、角度から審判における特許法令の内在的な意味や執行基準を説明しており、審査の基準を統一させるのに役立ち、イノベーションに対して保護及び奨励を行うものである。本誌は特集として2016年度の特許拒絶査定不服審判・無効審判10選を掲載する。

2016年中国法院知的財産権事件10選の紹介(抄訳)

1:41 PM カテゴリー: 意匠, 特許, 訴訟

1.「喬丹」(ジョーダン)の一連の商標行政事件

マイケル・ジョーダンと、国家工商行政管理総局商標評審委員会(審判部)及び喬丹体育股份有限公司(公司=会社)との商標を争う行政紛争の再審に係る一連の事件[最高人民法院(2016)最高法行再15、20、25、26、27、28、29、30、31、32号行政判決書]

中国の非接触型モバイル決済分野は技術開発の強化が必要

2017年5月16日 1:26 PM カテゴリー: データ資料, 技術関連, 特許

非接触型モバイル決済とは、近距離無線通信技術を備えた移動端末によりローカル通信を行うことで資金を移動する決済方式であり、主にNFC(Near Field Communication)、RFID(Radio Frequency Identification)、FeliCa、赤外線、ブルートゥース等の近距離通信技術が含まれる。2016年にApple Payが中国市場に参入して、NFCを主流とした非接触型モバイル決済方式を再検討することになり、サムスン、ファーウェイ、小米(シャオミ)、ZTE等の企業が続々とこれに焦点を当てるようになったので、現在、この分野の市場競争が激化している。

二次元炭素:特許でグラフェン応用市場を開拓

2017年4月26日 3:53 PM カテゴリー: 技術関連

2012年に携帯電話用のグラフェンの静電容量式タッチパネルが発表され、2013年に年産3万平方メートルのグラフェン薄膜の生産ラインが完成し、2014年にグラフェン薄膜の生産力が20万平方メートルになり、2015年にグラフェン感圧タッチセンサーが発表された。2011年末の設立以来、常州二維炭素科技股份有限公司(二維炭素=二次元炭素)(以下、「二維炭素」という)はグラフェンの応用分野で一連の成果を上げており、業界で注目されている。

Page 3 of 19112345102030...Last »