中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

改正「特許審査基準」4月1日施行(抄訳)

2017年4月26日 3:49 PM カテゴリー: 法令及び制度, 特許

改正の背景
(省略)

改正の経過
(省略)

改正の内容
(1)第2部分第1章の改正(特許権を付与しない出願)
改正点:改正「審査基準」により、「ビジネスモデルに関する請求項は、ビジネスのルール及び方法の内容を含み、技術的特徴も含む場合には、特許法第25条に基づいて特許権の取得の可能性を排除すべきでない」ことが明確に定められた(第4.2節)。

「特許審査基準」の改正に関する決定(2017)(第74号)  国家知識産権局令第74号

3:47 PM カテゴリー: 法令及び制度, 特許

「『特許審査基準』の改正に関する国家知識産権局の決定」が局務会の審議により採択され、ここに公布し、2017年4月1日から施行する。

2016年国家知識産権局の主な業務の統計データ及び関係状況の記者会見(抄訳)

3:40 PM カテゴリー: データ資料, 特許

1、主な業務の統計データ及びその他の関係状況
2016年、当局で受理された発明特許出願は合計133万9千件であり(前年比21.5%増)、6年連続して世界トップである。権利付与された発明特許は合計40万4千件であり、このうち、中国国内の発明特許権利付与が30万2千件であり、2015年よりも3万9千件増加した(前年比14.5%増)。中国国内の発明特許権利付与のうち、職務発明が27万6千件であり、91.4%を占め、非職務発明が2万6千件であり、8.6%を占めている。

優先権の判断の一般原則及び方法

2017年2月10日 10:08 AM カテゴリー: 法令及び制度, 特許

「投影光学系、露光装置、および露光方法」発明特許無効審判事件の評価分析
優先権の原則は、各国の特許制度において重要な地位を占めており、各国の特許制度が互いに独立している場合には、出願人が世界各国でその発明について特許による保護を受けることができるように保障する重要なものである。したがって、優先権の確認及び判断は慎重、客観的でなければならず、その原則は発明創造の奨励と技術革新の促進のために機能させなければならない。

Page 4 of 191« First...23456102030...Last »