中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

超高純度の希土類改質酸化アルミニウムの中国で初の製造

2018年12月12日 9:42 AM カテゴリー: 技術関連

11月25日に上海交通大学包頭材料研究院賽福爾新材料有限公司から得た情報によると、上海交通大学材料科学及び工学学院の研究開発チームが独自に研究開発した希土類改質高純度サファイア原料のパイロット実験プロジェクトが本格的に生産開始となり、5N(純度99.999%超)クラスの高純度酸化アルミニウム製品が生産ラインで初めて作り出されたという。高純度酸化アルミニウムはアルミニウム産業のハイエンド製品であり、人工サファイアの主要原材料でもあり、この新プロジェクトにより世界的に希土類高純度アルミニウムの製造技術の空白が埋められたことになり、高純度アルミニウムの産業連鎖と、人工サファイアの産業連鎖が全線でつながるようにもなる。

知的財産が中国自動車メーカーの海外進出を護衛する

9:36 AM カテゴリー: その他, 特許

現在、中国の自動車市場は微増の状態に移行している。中国汽車工業協会(CAAM)(汽車=自動車)の統計データによると、2017年の中国の自動車の生産販売量は小幅の増加であり、成長率は前年同期比で或る程度下落が見られる。しかし、2017年の中国の自動車の完成車の輸出実績は前年よりも明らかに好調であり、同期比で31.37%増加している。今年1月~8月の中国の自動車輸出は引き続き増加傾向にあり、昨年同期比で2割超の増加である。

最高人民法院:知的財産権に係る訴訟前の行為保全の効力期間を明確にする規定が公布予定

2018年12月11日 10:33 AM カテゴリー: 法令及び制度

先日、最高人民法院(法院=裁判所)により裁判委員会の全体会議が行われ、「知的財産権及び競争に係る紛争の行為保全事件の審査における法律適用の若干の問題に関する最高人民法院の規定」(行為保全=日本法の民事保全に相当する)が審議され、原則的に採択された。この「規定」は会議で検討した意見に基づいて修正され、手続き通りに承認されてから適時に公布される。

北京知識産権法院が受理した事件は5万件を超える

2018年12月7日 10:18 AM カテゴリー: データ資料, 法令及び制度, 訴訟

北京知識産権法院(知識産権=知的財産、法院=裁判所)が2014年11月6日に開設されてから今年の10月末までに受理した各種知財事件は合計50739件であり、受理件数の年間平均成長率は30%を超えている。

Page 6 of 203« First...45678102030...Last »