中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

2011年上半期中国特許発展状況は良好

2011年7月29日 9:00 PM カテゴリー: その他, 特許

 ○ 同期比で特許の出願件数が44.8%増、権利付与件数が24%増
 ○ 企業が出願件数増加の強力な推進力となる
 7月13日、国家知的財産権局から得た情報によると、2011年上半期に国家知的財産権局が受理した特許出願は合計67万6千件であり、同期比で44.8%増加した。このうち、発明特許出願が21万8千件であり、実用新案特許出願が24万5千件であり、意匠特許出願が21万3千件である。3種類の特許の権利付与件数は総計で44万5千件であり、同期比で24%増加した。上半期、中国の特許出願の受理件数と権利付与件数は急成長となった。

「著作権法」第3次改正作業が本格的に始まる

7:00 PM カテゴリー: 法令及び制度, 著作権

 12日に中国版権保護センターから得た情報によると、2011年上半期中国のソフトウェア著作権登記件数が歴史的記録を 本日(13日)報道出版総署(国家版権局)から得た情報によると、「著作権法」の第3次改正作業が本格的に始まったという。「著作権法」改正作業の指導班は、報道出版総署の署長であり国家版権局の局長である柳彬傑氏が班長を務め、立法、司法及び行政の関連部門並びに作家及び教育科学研究等の組織の代表者をメンバーとする。

2011年上半期中国のソフトウェア著作権登記件数が4万件を超える

3:00 PM カテゴリー: 法令及び制度, 著作権

 12日に中国版権保護センターから得た情報によると、2011年上半期中国のソフトウェア著作権登記件数が歴史的記録を更新し、同じ時期の統計では初めて4万件を超え、44,678件に達し、昨年同期比で9,776件増加し、同期比で28.01%増加したという。
 説明によると、2011年上半期のソフトウェア著作権登記において、著作権の登記人の所在地域でランキングすると、北京市、広東省、上海市、浙江省、江蘇省が全国のソフトウェア登記件数の上位5位である。昨年同期比で、登記件数の増加が比較的早いのは湖北省、陝西省、広東省、浙江省、山東省等の5つ地域であり、伸び率はいずれも30%以上である。なお、広東省の登記件数の増加が最も多く、2,339件増加し、湖北省の伸び率が最も速く、47.32%増加した。北京、広東、上海、浙江、江蘇等の5つの省・市のソフトウェア登記件数の合計が31,413件であり、登記件数全体の約70.31%を占めている。

鉄道部が京滬高速鉄道の疑問に回答する

12:00 PM カテゴリー: その他, 技術関連

 鉄道部の王勇平報道官が7日、日本のあるメディアが中国高速鉄道は「新幹線のコピー」であると言ったことについて、正式に回答したと述べた。新幹線と京滬高速鉄道(北京―上海高速鉄道)とは全く同列に論ずるレベルにない。中国高速鉄道の多くの技術指標は日本の新幹線よりはるかに優れていると王勇平報道官は言う。また、「言い争いには全く意味がなく、すべて事実に基づいて議論し、データに基づいて議論することだ。」と述べた。