中国特許翻訳、翻訳チェックのプロフェッショナルチームが発信する中国知的財産権情報です。

中国 知財・特許関連情報

最高法院(裁判所)が10大事件及び典型的事例50を発表し、新しいタイプの知的財産権事件の裁判規則を明確化する

2011年5月27日 9:00 AM カテゴリー: 知財クリップ

最高人民法院の孫軍工報道官兼弁公室副主任が、本日(4月24日)の記者会見で次のように明らかにした。最高法院が今回発表した10大事件は、人民法院が法に則して当事者の権益を平等に保護する司法原則を十分具体的に示し、かつ新しいタイプの複雑で難しい事件の一連の裁判規則を明確化するという2つの特徴を備えている。

最高法院(裁判所)が2010年知的財産権司法保護の10大事件を発表する

2011年5月26日 5:00 PM カテゴリー: 知財クリップ

最高人民法院が本日(4月24日)江蘇省蘇州市で記者会見を行い、2010年中国法院知的財産権司法保護10大事件及び典型的事例50を発表した。これらの事件及び典型的事例は、各高級人民法院から報告された事例140余りと最高人民法院知的財産権法廷で2010年に結審された事件300余りから選ばれたものであり、民事事例を主として刑事事例及び行政事例も加えており、いずれも典型として意味が大きく、社会的影響が大きい。典型的事例の選定と普及も、司法行為を規範化し、司法レベルを引きあげる重要な策である。

2010年中国有効特許年次報告(抜粋)

11:26 AM カテゴリー: 知財クリップ

2010年末現在、中国の有効特許は合計2,216,082件である。このうち、中国国内の有効特許が1,825,403件であり、件数全体の82.4%を占めており、外国の有効特許が390,679件であり、17.6%を占めている。特許の種類から見ると、有効な発明特許が564,760件であり、25.5%を占め、有効な実用新案特許が857,968件であり、38.7%を占め、有効な意匠特許が793,354件であり、35.8%を占めている(図1参照)。

田力普局長 中国各知財事業の進展が著しい

11:22 AM カテゴリー: 知財クリップ

4月21日、2010年中国知的財産権発展状況の記者会見が国務院報道弁公室で行われた。国家知的財産権局の田力普局長が次のように明らかにした。昨年中国の各政府及び関係部門は知的財産権戦略実施の推進に力を入れ、各種知的財産権事業は著しい進展を得た。国の経済、文化、社会の発展に対する知的財産権の役割がよりいっそう浮かび上がった。
田力普局長は次のように述べた。